goo

Takfiriテロはイスラム教に属していません:ヒズボラのチーフ

2016年12月23日
Seyyedハッサン・ナスララ、レバノンのヒズボラの抵抗運動の事務局長は、12月23日にベイルートのレバノンの首都からビデオリンクを介して音声を提供し、2016年(AFPによる写真)
Seyyedハッサン・ナスララ、レバノンのヒズボラの抵抗運動の事務局長は、12月23日にベイルートのレバノンの首都からビデオリンクを介して音声を提供し、2016年(AFPによる写真)

レバノンのヒズボラの抵抗運動の事務局長は、中東・北アフリカ地域全体の凶悪犯罪を犯しTakfiriの過激派は、イスラムと宗教の最も尊敬図預言者Muhmamd(ムハンマド)に接続されていないと言います。

ベ イルートのレバノンの首都からのビデオリンクを介して彼の支持者への対処、Seyyedハッサン・ナスララは、イスラムのイメージを汚すための努力は、す べてのイスラム教徒が残虐行為を非難する責任を負い、それがに知らしめていることを強調し、新たな段階に入っていると述べました犯罪がイスラム教にリンク されていない国際社会。

彼は、過激主義の背後にある思想は、ワッハーブ派の教義から茎と述べ、及びWahhabisはイスラム教徒の重要な問題、特にパレスチナの原因に目をつぶっていること。

ナスララは、イスラム教徒が世界的にワッハーブ派の過激派の野蛮を非難し、いかなる宗教やイデオロギーがTakfiri Daeshのテロリストグループの残忍さに同意しないことをしなければならないことを言うようになりました。

ヒズボラのチーフは、さらに神の宗教に対するシナリオの一部として、このような入札をterming、イスラム教にDaeshまたはその他のテロリストグループをリンクする試みを非難しました。

「私たちの宗教と私たちの預言者Muhamamd(ムハンマド)が大幅に最後の年以内に虐待されています。Takfirisは、彼らがこの宗教と、この預言者の名の下に自分の罪を犯しているので、私たちの宗教と私たちの預言者を悪用されてきた人々です。Takfiris「残虐行為は人道、文化的レベルでの実大虐殺であり、「ナスララは言いました。

ナスララも強く、トルコはDaeshテロリストのサポートの料金を払っていることを示す、アレッポのシリアの北西部の都市に生きたまま焼かれている2つのキャプチャしトルコの兵士を表示するように装っ最近Daeshビデオを非難しました。

彼はDaeshに関する明確なスタンスを採用するトルコ当局に呼びかけ、向かい合ってテロとの闘い、その二重基準のためにトルコ政府を批判しました。

アレッポの解放と完全な政府の管理に戦略的シリア街の復帰に目を向けると、ナスララはTakfiriのテロリストとの戦いにおける最大の成果の一つとして開発を呼ばれます。

軍隊は、それが国の第二の都市の完全な制御を奪還したと述べた後、シリアは、アレッポの北部のシリアの都市で2016年12月22日に祝います。

「過去6年間でシリアの武装勢力にアラブ諸国が提供するサポートは、60年にパレスチナへの支援のレベルを超えて、「ヒズボラ秘書性病は述べています。

彼はシリアの武装勢力「敗北はシリアの国家、軍隊によって犠牲と同様に抵抗戦闘機の結果であると述べました。

ナスララはまた、西洋批判し、放送比べていくつかのアラブのメディアは、ネットワークが偽のイメージのアレッポでシリア軍操作の余波を示すことによって、世界の世論を誤解していると言って、アレッポでの継続的な開発の記事を作製しました。

「メディアアウトレットはイエメン人の子供の画像を表示し、その後、彼らはシリアの子供たちの写真であると主張している "と彼は言いました。

ナスララは、いわゆる「中程度」の反対の戦闘機はそれらの制御下の面積から民間人」の出口に同意しないながら、シリア政府軍がで東部アレッポから外資系Takfiriの過激派の避難を可能にしたと述べました。

「テロリストグループは援助がシリアの民間人に到達できるようにするには、単一の契約を承認していない、「ヒズボラのチーフは言いました。

彼は、米国がシリアの政治的解決をブロックしていることを言って、大きな勝利と政治的、軍事的なレベルでの主要な開発としてアレッポの解放を説明しました。

「シリアの将来はシリア自分で決定しなければならない、「ナスララは指摘しました。

ナスララはまた、新政権は、アラブの国ですべての問題に対処し、単に選挙法に記載されている職務に十分ではない必要があるという、レバノンの新政府の形成を歓迎しました。

彼は激しく抵抗運動が唯一の新しいレバノン政府は、すべての人生の歩みからの人々を表していることを確実にするために望んでいることを強調し、ヒズボラがレバノンのすべての機関の制御を取るしようとする申し立てを棄却しました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  ヒズボラ:ア... イギリスのホ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。