goo

ISILは、デイル・Ezzurでドゥラ・エウロポスサイトの考古学彫像、アーティファクトを破棄します

2017年5月15日11時36分

ISILは、デイル・Ezzurでドゥラ・エウロポスサイトで考古学彫像、アーティファクトを破棄します
テヘラン(FNA) - ISILのテロリストグループは、デイル・Ezzurの田舎の考古学の彫像や遺物の数を破壊することによってシリア文明と人間の文化遺産に対する新しい犯罪を犯しました。

Takfiriテロ組織は、デイル・Ezzur州の田舎にあるアブ・カマル市のドゥラ・エウロポスサイト西で見つかった考古学の彫像や遺物を破壊する大ハンマーを使用して、その部材を示すビデオを公開し、SANAが報じました。

また、アル・Salhiyeとして知られているドゥラ・エウロポスは、紀元前8世 紀に設立され、肥沃なメソポタミア土地を見下ろすにより、それに不可欠な経済の中心になったと、そのシルクロード上の位置、およびに存在する連続した古代 文明にされました150ヘクタールに広がる寺院、建物、そして家を含む重要な都市にそれを形。

ISILは、サイトの制御を押収したので、ドゥラ・エウロポスは、資金調達や、彼 らが販売したり密輸することはできませんものを破壊するISILおよびその他のTakfiriテロ組織のいずれかの考古学的遺物の貿易として、組織的窃盗 とそのランドマークを破壊略奪が施されていますシリアの外。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ISILの最後の... 北朝鮮は、原... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。