goo

レポート:アレッポ市のセーフゾーンに転送シリアの家族

2016年9月18日6時20分
 
レポート:アレッポ市のセーフゾーンに転送シリアの家族
 
テヘラン(FNA) - シリア政府軍がアレッポの街で安全な場所にシリアの家族の多数を転送し、メディアの報道は言いました。

家族の数十都市のサラディン地区内のすべての必要な宿泊施設と設備を完備し、より安全な住宅の場所にアレッポ市の東部地区から転送された、アラビア語メディアは、日曜日に報告しました。

尺度は、民間人にテロリストの使用やストライキを防ぐために、入札にシリア政府によって採用されています。

テロリストグループが民間人の家への損傷を引き起こし、人々の数を負傷、日曜日にロケットの火でアレッポのHamdaniaの地域をターゲットととして、安全な場所へのアレッポ市民の転送が来ました。

以前の日曜日に、国連人道グループは、援助コンボイが再び自由シリア軍の(FSA)によって障害のため、国境で立ち往生したとして、それは、アレッポの分割シリアの都市にひどく必要な援助を提供する能力がないことに不満を感じたと述べました北部アレッポでカスティーリョハイウェイを残します。

「地上の人道コミュニティのための非常にイライラさせない進歩は、ありませんでした、 "デビッド・スワンソン、シリア危機のための国連の地域人道事務所の関係者は述べています。

「国連は翌日、別の20トラックで、できるだけ早く我々はゴーサインを得るように食糧援助の20トラックで移動する用意がある」と彼は言いました。

国連の救援物資とトラックの数十も月曜日に開始休戦、としてトルコの国境に貼り付けたまま。

行の2番目の日のために、人道援助は東アレッポの包囲地域に配信されませんでした。

人道援助のコンボイが再び北部アレッポでカスティージョ高速道路のその部分を残して自由シリア軍の拒否の闘士以下、国境で立ち往生したとして文は来ました。

過激派グループの意地とその散発的な攻撃に、シリア軍の部隊は、火災の下で来ていたシリア赤新月社の労働者を保護するために、カスティージョ高速道路に戻ることを要求されました。

人道グループはさらに再び援助を提供しようとします、しかし、過激派は、高速道路を残すという保証はありません。

他の側では、シリア外務省は、政府当局がアレッポの反政府勢力-開催東への人道支援の通過を可能にする彼らの力のすべてを行っていると述べました。

「シリア政府は、それが東のアレッポへの人道船団へのアクセスを容易にするために全力を行っているされている。過激派が車列が取る必要がある道路を砲撃続けるよう一方、船団の安全性が保証されていない確認し、「同省は声明で述べています。

人道アクセスは、減少暴力の7日間に伴い、米国国務長官のジョン・ケリーとロシアの外務大臣セルゲイ・ラブロフ先週発表されたシリアの停戦合意の条件です。

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« アンバル州で... ナンガハール... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。