goo

コレラは、4月27日以来、イエメンで115人が死亡しました:ICRC

日2017年5月14日2:午後6時
  •  
  •  

赤十字国際委員会(ICRC)はコレラがイエメンで少なくとも115人の命を奪ったと病院は紛争に悩まさ貧しいアラブの国における患者の流入に対処するために苦労して病気に他人の何千ものを残していると言います。

ドミニクStillhart、業務のICRCのディレクターは、死亡は4月27日と5月13日の間に発生したことを日曜日にイエメンの首都サヌアでの記者会見で語りました。

「我々は今、コレラの深刻な流行に直面している、」Stillhartは、イエメン保健省がまとめた数字を引用し、言いました。

水系感染症の8,500以上の疑いがある場合は、イエメン全体で14件の行政区域内の同じ期間に報告された、Stillhartが追加されました。

最新の数字は、最大10件の行政区域の最後の週の2300例からです。

他の場所で彼の発言で、Stillhartは病院がコレラの症状を示す患者で容量を超えて充填したと述べました。

「1件のベッドの4人のコレラ患者までがあり、」Stillhartは、付け加えた「窓からぶら下がっIV点滴を持つ人々は庭にあり、そしていくつかさえも自分の車で。」

シェリン・バーキー、UNICEF副代表は、患者が土曜日にサナアでSabeen病院の廊下に病室の外にこぼれました。

コレラに感染した少女がHudaydah、イエメン、5月14日の紅海の港市の病院の部屋の地面に位置し、2017年(ロイターによる写真)

「だ から、現在進行中のコレラ流行の状況は、私は国全体での母子ケアのための頂点病院ですアルSabeen病院の廊下でここに立っています。非常に深刻であ り、多くのを見て衝撃的です廊下に部屋全体にこぼれた患者。病院の容量は実際に病院に来た患者の多くの危険にさらされている。これらは、それらの多くは急 性水様性下痢に苦しんでいる患者コレラを有し、このことができています緊急の問題であり、すべてのパートナーは本当に手を差し伸べると、これらの子供たち に応えるために、これらの病院を支援するために最善をしようとしています。」

「ここアルSabeenの病院で、下痢の治療病棟では、状況は本当に圧倒的である。これは、Al Miswaryファミリーである。このファミリーの4人の子供は、すべての下痢に苦しんでいる、そのうちの一つが重病である、」Varkeyは言いました。

フセインエル・ハダッド、Sabeen病院のディレクターは、状況は非常に悪い」と述べた。コレラに苦しんでいる子供たちが無数であり、十分なベッドがない、[病院で]技術的なノウハウもに不十分です私たちが直面している状況に対処。」

国連はごく少数の医療施設がまだ機能していると、人口の3分の2は安全な飲料水へのアクセスなしであることを述べています。

世界保健機関(WHO)は現在、世界で最悪の人道緊急事態の一つとしてイエメンを分類します。

最後の10月、国連の保健機関は、イエメンでのコレラ流行の厳しいニュースを発表し、3週間後に全国のコレラ症例数は数百人に急増しました。

昨年、ほぼ130人が原因イエメンにおけるコレラや急性水様性下痢の流行に命を失いました。

激しい下痢や脱水症状を起こしコレラは、汚染された飲料水を介して送信され、未処理の例を最大15%に致命的な証明できます。

コレラに感染している疑いのあるイエメンの子供が5月6日にサナアの病院で治療を受け、2017年(AFPによる写真)

貧しい国のサウジアラビアの戦争の2年間でより完全または部分的にシャットダウンの状態にあるイエメンのすべての医療施設の半分以上を入れています。

210万人の子供を含め、ほぼ330万イエメン人は、現在、飢餓に直面して700万人以上のイエメンで、急性栄養失調に苦しんでいます。UN 17万人がイエメンでの飢饉の差し迫ったリスクがあることを警告しています。

2015年3月以来、サウジ政権はアブド・ラッボ・マンスール・ハーディー、辞任し、リヤドの忠実な同盟国である社長を再インストールしようとする試みにはイエメンに対する残忍な運動に従事してきました。キャンペーンはまたHouthi Ansarullah運動を鎮圧することを目指しています。サウジ政権は、その目的を達成するために失敗しました。

最新の集計では、イエメンでのサウジアラビア戦は、これまでに12,000以上のイエメンが死亡し、数千人以上が負傷したことを示します。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 職業政権の撮... PMF司令官は、... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。