goo

家に帰る方法を探してシリア難民

ザータリ難民キャンプ外でバスを待っているシリアの女性。写真:マニッシュチェンライ

家に帰る方法を探してシリア難民

シリアでの安定した環境がある場合に平和が戻ると、それらのほとんどが戻って喜んですることができ、自分たちの生活を再構築するために代理店からの助け

 アンマン、ヨルダン、2016年10月11日11時04 AM(UTC + 8)


5年間シリアの紛争は、第二次世界大戦後最大の人道危機を巻き起こしました。人口増加変位の中で、子どもたちのすべての世代は戦争と暴力にさらされている、および基本的なサービス、教育、保護を奪わ。

戦争の強度、外交や希少資源の故障は、難民に厳しいタスクを更生するためのミッションを行います。トルコ、イラク、レバノン、ヨルダンでの過密難民キャンプは、病気、紛争や貧困層の生活環境に起因する過激主義のための繁殖地になってきています。

私は最近、十代の男子生徒が2011年3月にアサド政権を打倒するために革命を巻き起こしDaara、シリアの南部国境県に乾燥農業の町から難民が殺到している北部ヨルダンザータリキャンプとAl-マフラクおよびAr-ラムサの都市を訪問しました。

ザータリ、10万人以上の難民を収容する最大のシリア難民キャンプの1は、徐々に定住になってきています。私が会ったキャンプの住民のほとんどは、彼らはシリアの紛争への即時の解決策が表示されていないと述べました。

シリア難民のほぼ80%は、Al-マフラクとAr-ラムサのヨルダンの北部国境都市に住んでいます。ザータリ、Marjeebアル・Fahood、サイバーシティーとAl-Azraqのキャンプに住んで残りの20%。ノーザン・ジョーダンは確かにシリアの町の感触に撮影しています。

現在進行中の紛争を通じて難民のかなりの数を受けながら、すべてのシリアの隣人のうち、ヨルダンはほとんど制御され、安定した国境政策を維持しています。それは今635000登録難民で、世界でシリア難民の第三位の人口を持っています。彼らは過去に耐え恐怖にもかかわらず、私が出会った難民は彼らの夢がシリアに戻ることであると述べました。

同じ宗教と文化を共有するなど、ヨルダン、レバノン、トルコなどのシリアの近隣諸国は、難民の数千人のために自宅を提供していますが、彼らがそれらを永久にそこに住むことを可能にするそうです。シリアの紛争が長引くようしかし、難民の大規模なリターンがいつでもすぐに起こるだろうされていません。

シリアの即時の必要性は、平和の国家を再建するために難民の帰還と共にリターンです。シリアの人口は非常に熟練労働者や起業家が国を出た国内避難、人口の50%と30%に20%縮小しました。

学校での子どもたちの就学率はマイナスに今後数年間のための国の潜在的な出力に影響を与えるであろう下落しています。子供が学校教育の年の損失は、教育投資のUS $ 50億人的資本の赤字を表していること。2015年に推定政策研究のためのシリアセンター

私は3人の子供を持っており、一つだけのジャラルは、他の2を登録する余裕がないよう、学校に行くのAr-ラムサにジャラルと会いました。

資本逃避も平和が回復し、国家の再構築が開始されるたびに商業と貿易を復活させるにはシリアの主要なハードルを提起します。Abzayid、地元ヨルダンとのパートナーシップにおけるAr-ラムサでショップを運営シリアでは、彼は彼の貯金でヨルダンに逃げる前にDaaraに帰って、すべてを販売言います。

平和がシリアに復元されている場合は、難民の自主的な帰国は現実的な選択肢となります。しかし、返すために難民を奨励するために、安全で健康的な環境が彼らのために作成する必要があります。国連とその機関は、ビジネスマンやトレーダーのための種子資本を提供するように自発的な本国送還のための特別な救済パッケージを提供することにより、子供のための無料の学校教育を支援する必要があり、再構築家庭や職人のための職業訓練の支援。

難民が戻ったとき、彼らの勇敢な決断は、彼らが彼らが自分たちの生活を再構築するのではなく、地方政府のなすがままに放置され助けるために国連機関によって受信されるで報われるべきです。彼らは、紛争後のフェーズ中に、国際社会からの継続的な支援を必要としています。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 国防省 - ロシ... シリア:Gov't... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。