goo

米国主導の空爆は、シリアのデイル・アル・Zourで40人の民間人を殺します

米国主導の空爆は、シリアのデイル・アル・Zourで40人の民間人を殺します

ASIA PACIFIC DAILY | 火曜、2017年5月16日

1494905874599815.png

以上の40人の民間人が月曜日のデイル・アル・Zourの東部州の田舎でBukamalの都市に米国主導の反テロ連合のストライキによって殺された、親政府シャムFMラジオが報じました。

1494905902853062.png

報告書は、空爆は、デイル・アル・Zourのイスラム国家(IS)グループによって制御されるBukamal市の民間人の領域を、対象と語りました。

空爆は、ターゲットの過程で民間人の命を奪った同様のストライキの文字列で最新のものですpositonsです。

先週の木曜日は、少なくとも11人が死亡し、9人の他はRaqqaの北部の州で米国主導の空爆で負傷しました。

空爆はRaqqaの北部の田舎の村の一つ、ISのテログループの事実上の首都を目標と、報告書は述べています。

報告書は、殺されたすべてのものは民間人だったと述べました。

水曜日に、少なくとも10人の民間人がデイル・アル・Zourの田舎の酸味の町に対する米国主導の空爆で殺害されました。

米国主導の対テロ連合はまた、デイル・アル・ZourとRaqqa県のIS位置に対する彼らのプッシュでクルド主導シリア民主軍(自衛隊)がバックアップされています。

連合は以前にシリアのIS-開催された領域上の空爆で民間人犠牲者の落下を認めました。

 

(ASIA PACIFIC DAILY)

 

共有ボタン
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 副PM:北シリ... 「クルド戦闘... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。