goo

元大使はサウジアラビアが過激化を促進すると語った

 

元大使はサウジアラビアが過激化を促進すると語った

2006年から2010年までサウジアラビアの英国大使であるWilliam Patey卿は、リヤドは資金調達の結果を認識していない可能性があると述べた。 (写真bbcimg)
2006年から2010年までサウジアラビアの英国大使であるWilliam Patey卿は、リヤドは資金調達の結果を認識していない可能性があると述べた。(写真bbcimg)
サウジアラビアは、過激派の温床となっているヨーロッパ全土のモスクに資金を提供しており、元英国大使サウジアラビア大使であるウィリアム・パティー教授は、


(`・ω・´)ノ サウジアラビアに死をー

彼の発言は、政府が今週、英国の過激主義への資金提供に関する内務省委託報告の簡単な要約を発表したときに来た。セキュリティ上の理由から、完全なレポートは公開されていません。

パティ氏は、サウジアラビアがテロリスト団体に直接資金を提供しているとは信じていないが、過激主義につながるイデオロギーを指摘し、指導者たちはその結果を意識していないかもしれないと強調した。"それは不健全で、我々はそれについて何かをする必要がある"と彼は言った

「サウジアラビアは、イスラムのあるブランドの資金提供の影響が、英国とヨーロッパだけでなく、各国にあることを評価している」と述べた。

「それは私たちが持つべき対話です。彼らはテロ資金を調達していない。彼らは何かに資金を提供しており、それが道を踏み外して、個人が過激化し、テロリズムのための飼料になることにつながる」

パティ氏は、サウジアラビア人は、「彼らがそうではないため、テロ資金に資金を提供しているという考えを裏返すのは簡単なことだ」と述べた。

「世界イスラム教徒青年連盟とイスラム世界連盟が行っていることは、イスラム教徒のワハビ主義イデオロギーであるモスクとイデオロギーを促進することです。

彼は、テロ資金への資金供給の定義や「ペルシャ湾岸との我々の考え方についての大規模な対話」を明確にするよう求めた。また、ペルシャ湾岸の国民がテロ支援のために政府に反対したこともあると付け加えた。

2006年から2010年までサウジアラビア大使であったパテイ氏は、サウジアラビアとその同盟国がカタールとの激しい紛争の影響を取り除いたかどうかについて疑問を呈した。

湾岸諸国、サウジアラビア、バーレーン、アラブ首長国連邦、そしてエジプトの3つのペルシャ湾岸諸国は、カタールを外交的、経済的にテロ支援やムスリム同胞団のような団体の支援を挙げて孤立させようとしている。

"これは考えられていない政策のすべての特徴を持っています。パテイ氏は、保守的な中東評議会が主催するロンドンでの円卓会議で語った。

"あなたがビジョンに同情しているとしても、それは賢明な動きではありません。すぐに何かを達成するための短絡であり、彼らは誤算したと思うし、彼らの背後にあるトランプでカタールが後退すると思ったと思う。彼らはカタールが最終的に転落すると思っていたので、これらの利回りを引き上げたので、少し驚いた」

ボイコットが逆行したと、彼はカタールの中のクーデターに至るまでには至っていないと主張し、新しく人気のあるエミールの周りにカルトが発達した。「カタールはリーダーシップを結集している」と彼は語った。

彼は、紛争の真の動機は、カタールのテロ資金への資金調達ではなく、政治的ビジョンのより広い差であると彼は信じていると述べた。"これはムスリム同胞団のことです。中東の未来のための戦いだ」

パティ氏はまた、UAE内のエミレート全員がボイコットの裏に団結しているかどうかについても疑問を呈した。「これは、ドバイの関心事ではないため、外交政策の問題でアブダビが支配的であると主張している。

同じイベントでマイケル・スティーブンス(Royal United Services Institute)のカタール机の責任者は、ペルシャ湾岸諸国が湾岸諸国を通じた投資を真剣に考えるようになるとの難しい論争につながる可能性があると述べた。

大多数の人々がそれが72時間続くと思ったとき、我々は現在5週間の紛争に直面している」と彼は、過激主義と戦うための合意に至る一連の脱エスカレート措置を求めると述べた。

出典:theguardian

 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリア戦争報... 陸軍はTaizの... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。