goo

トルコの家族のメンバーは、Jarablusを北部のアレッポに戻し、ホムスの陸軍支配地域にひどい人生条件を訴えた

トルコの家族のメンバーは、Jarablusを北部のアレッポに戻し、ホムスの陸軍支配地域にひどい人生条件を訴えた

 
データは、2017年7月11日に追加され、13読み取られ ました。

13950804000635_PhotoI

 

シリア北部のトルコ人武装勢力の支配下にある地域に移住した約200人が、ホムス市の北西郊外の政府支配地域に戻って、武装勢力の領土で非常にひどい生活条件を訴えた。

シリア陸軍との平和協定を支持していなかった武装勢力の200人の家族は、北アレッポのJarabulusの国境町のホムス北西部のアルワア地区を離れて、アンカラの支配地域のひどい生活条件を容認することができなかった。ホムスに戻ってくるために申請した。

武装勢力の家族はジャラブルスからタディフの町に移され、政府軍が申請書を審査した後、アルワア地区に戻った。

その間に、タムル・バラツィ総督ホムス総督は、ジャワブルスに移転したアル・ワアール人の数百人がホムスに戻ってきて申請し、移転した武装勢力とその家族の新しいグループすぐにホムスに戻ります。

武装勢力の家族は、武装勢力の悲劇的な状況や非人道的な行動について、すべての保健サービスや公共施設がない中で最も低い生活水準でさえもいない収容所の市民と話した。

シリア北西部の有力な筋によると、イスリップの武装集団に移送された武装勢力の家族の一部は、地元の武装勢力によって激しく扱われた後、ダマスカス州に戻ったという。

関係筋によると、ダマスカス州のアル=タル市でシリア陸軍との平和を支持することを以前に拒否していた武装勢力の20人の家族が、彼らの家族と共にイドリブ州に移って再びアル=タールに戻ったという。

情報筋によると、地元の武装勢力が圧倒的かつ差別的な姿勢を示したことは、移転した武装勢力の家族がアルタールに戻った根本的な原因となっていたという。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Sayyed Safied... thier故意の政... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。