goo

Zakharovaは、敵対的な動きとして、米国の決定を説明します

更新-Zakharovaは、敵対的な動きとして腕をシリアの武装集団を供給するために、米国の決定を説明します

関連記事

モスクワは、SANA-モスクワは敵対的な動きであることを武器とシリアの武装集団を供給するために、米国の決定を考慮し、ロシアの外務省報道官マリアZakharovaは、火曜日に語りました。

Zakharovaは、彼らが実際にあるJabhatアル・ヌスラを、後援するので、おそらく、彼らもこれが起こることを 期待...転送武器はすぐにjihadistsの手で終わるだろう、とワシントンはこれを実現しなければならない」と言うようTASSニュースエージェン シーによって引用されましたアルカイダの単位。これはほとんどそうでなければ、テロリストを支援し、教唆よりも呼び出されないことができます。」

「関連する決定はまた、他のロシアの軍事要員、および繰り返し砲撃されたシリアにおける当社の大使館ロシア宇宙軍の航空機への直接の脅威を与え、そして私たちは、これが敵対的な動きであると考える理由です、「Zakharovaは言いました。

「代わりに私たちは長い時間のために示唆されているように、すべてのストライプと色の暴れ過激派に対抗するための努力をプールするの、ワシントンは血の刺客から少し異なる反政府ユニット、への軍事援助の提供にかしめされ、「外交官は述べて。

12月23日、バラク・オバマ米大統領は、法律にシリアのいわゆる「中程度の野党」に武器を供給するためにペンタゴンの行動を承認する法案に署名しました。

Zakharova:遠い現実からアレッポ約英国の外務大臣ステートメント

Zakharovaシリア軍によってアレッポの街を復元することはシリアについての彼の政治的なスピーチを変更するには、英国の外務長官ボリス・ジョンソンを促し、シリアの状況を決済に向けた重要なステップであることを確認しました。

""我々は、過激派からアレッポの解放は、国の統一と領土保全を維持し、劣化からシリアの国家機関を防止しつつ、シリアの状況を決済することを目的とした重要なステップであると信じて、「Zakharovaは彼女の毎週の記者会見で語りました。

広報担当者は、過激派は、多くの建物が破壊されているが、多くのインフラ施設に地雷を植え、アレッポでの民間人が徐々に平和な生活に戻ってきた、弾薬を大量に残っていると述べました。

別のコンテキストでは、Zakharovaは、「遠い現実から」とアレッポの状況についてイギリスの外務長官ボリス・ジョ ンソンの最近の声明を記載まあ、ボリス・ジョンソンは、プロの外交官ではない」を追加することが、聞いて、私は彼があると思ったことはありませんその専門 外。」

彼女は「過去のもの」となっている大統領アサドの辞任についての彼の言葉にはコメントしないだろうと付け加えました。

「私は大統領のアル・アサドが行くことである彼の言葉についてコメントを控えたい」Zakharovaは言いました。「ジョンソン氏が知っていないような場合、これは彼の同僚はずっと前にそのトピックに自分の語彙を変更し、一方、唯一の最も熱狂的な野党との過激派によって言われていることです。」

「英国の同僚の発言から判断すると、彼はそこに何が起こっているかを少し考えを持っている、「ロシアの外交官は強調しました。「私はその問題に関する国連安全保障理事会の最近渡された決議2328の実施状況を含め、アレッポでの人道モニタリングの状況に関しては、物事の本当の状態を明確にしたいと思います。 "
"この解像度があった前にも渡され、赤十字国際委員会(ICRC)、シリア・アラブ赤新月社と世界保健機関(WHO)は、シリアの人口に人道支援を提供するための努力をした、「ロシアの外交官は指摘しました。

「注目すべきことに、我々は繰り返しこれらの努力の国連参加の賛成で話した、「彼女」は、対応する構造が、12月15日に戻って作業に参加した」と付け加えました

「今日の時点で、国連が市の東部に作用するそれらの30以上で、アレッポで100人以上を持って、「Zakharovaは言いました。

マナールアルFrieh / Manal / RJ /ハゼムSabbagh

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ラブロフは基... ナスララは、... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。