goo

陸軍部隊は、シリア北部アル・Jarrah空軍基地の制御を取り戻します

土2017年5月13日16:49
この写真は5月13日に東部アレッポの田舎の小さなアル・Jarrah空軍基地でシリア軍の兵士を示し、2017年(Twitter経由写真)
この写真は5月13日に東部アレッポの田舎の小さなアル・Jarrah空軍基地でシリア軍の兵士を示し、2017年(Twitter経由写真)

シリア政府軍は、彼らが全国の過激派に対する領土利益を獲得し続けているDaesh Takfiriテロリストからアレッポの国の北部の州で軍空軍基地を奪還するために管理しています。

人権のためのいわゆるシリアの天文台のディレクター、ラミ・アブデル・ラーマン、シリアの騎兵はDaeshメンバーとの激しい戦闘の後の土曜日に小さなアルJarrah空港の制御を確立することができると言いました。

「過激派の大半は撤退しており、政府軍は、空港でのクリア操作を実行すると、残りのDaesh要素を持つ限られた衝突に従事している、」と彼は付け加えました。

軍のソースは、匿名を条件に話して、またベースの奪還を確認しました。

「シリア軍がJarrah空港と周辺の村の数のその取り込みを完了しました」と彼は言いました。

「それはテロ組織によって開催された領域にその進歩を続けると...それは東部アレッポ州で制御領域を拡大していき、」ソースは指摘しました。

政府軍はMaskanahの町に向けて進んでいるとして開発が来ました。

一方、シリア軍の兵士は、ダマスカスの東の端に大きな郊外の制御をバック押収しています。

この写真は5月13日に北東部の首都ダマスカスのQaboun周辺のシリア軍の兵士を示し、2017年(Twitter経由写真)

シリアの国営テレビは、軍は6キロ北東の首都の中心部に位置Qaboun周辺を奪還したと報告しました。

シリア政府軍は、外国主催のTakfiriの過激派がエリア内に弾薬、食糧、水、そして鎧を輸送するために使用されるトンネルとトレンチの戦略的に重要なチェーンを、明らかにしました。

シリアスタファン・デ・ミストゥーラのため、2011年3月、国連特使が40万人以上の人がそれまでの危機に殺されたことを最後に8月と推定以来、シリアは、外国担保闘争を闘ってきました。

 
コメント(5
 
 
<form class="hc__reply__uploadform" action="http://c1api.hypercomments.com/admapi/upload" method="POST" enctype="multipart/form-data"><input class="hc__reply__upload" type="file" name="file" value="UploadFile" size="80" accept="image/*" /></form>
 
<textarea class="hcc hc__reply__box__textarea"></textarea>
ヨシュア2時間前
うん、翌日Daeshは再びそれを取り戻すだろう。
時間3時間前
今日、シリア軍は翌日戻っDaesh、手に中にそれを取ります。
私は、....アラブ人はギャンブルでは優れていると言ってごめんなさいと
私はアフガニスタン人が彼らの主米国と西洋の横に、アフガニスタンからそれらを蹴って一日を願って
Jammie IBジャミー・ウィリアムズ4時間前
アッラーは、世界中の人々を愛するすべての平和を祝福し続けることができます。
JJ_Sezs_Boycott_Israel 4時間前
バイバイネタニヤフと彼の友人氏はリーバーマンが渡されるべきであると私は考えて
SANAにオーバー
 
 
アーネル・アルコメンドラス4時間前
素晴らしい仕事シリア軍!あなたは、ジオ・テロリストがより多くの地面を失うと、そのトラックに死ぬことを続けて前進し続けます。

神はシリア・アラブ軍とレジスタンス戦線を祝福し、あなたに増え続ける勝利をもたらします!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« デリゾール空... 「コービング... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。