goo

からかう ドラゴン:なぜ北京はないでしょ曲げにトランプの制裁

からかう ドラゴン:なぜ北京はないでしょ曲げトランプの制裁

05.07.2017短いURLを取得する
21076131

北朝鮮に対する強硬な制裁措置を中国に強いる決意を表明しているにもかかわらず、それはうまくいかないだろう、とRIAノボスティ政治観察者イゴール・ガシコフは書いている。

トランプ政権は北朝鮮に対して、北朝鮮に対するより厳しい姿勢を強要するよう、北京にかなりの圧力をかけることに決めた。

ワシントンは、夏の初め以来、北朝鮮のミサイル計画を止めることができないかどうかを批判し、北京への攻撃を狙っていると指摘し、最近数週間で激化している。 Gashkov  RIA Novostiのために書いた

 

しかし、ガシコフによると、北京はワシントンに譲歩し、北朝鮮政権が崩壊することはないだろう。

 

ジャーナリストは、トランプ政権は、中国が米国に供給する安い鋼材に対する関税引き上げの可能性を検討していると指摘した。これに先立ち、米財務省は、中国を拠点とするダドン銀行に対し、北朝鮮を助けるためのマネー・ローンダリングを理由に制裁を課した。

言うまでもありませんが、最近の北朝鮮のミサイル発射実験は、火災に燃え上がりました

"北朝鮮はもう一つのミサイルを発射したばかりだが、この人は自分の人生でもっと良いことをしているのだろうか?韓国と...日本がこれ以上長く我慢するだろうと信じがたい。このナンセンスを一旦終わらせてください!」ドナルド・トランプ大統領は7月4日につぶやいた。

<iframe id="twitter-widget-1" class="twitter-tweet twitter-tweet-rendered" title="Twitter Tweet" frameborder="0" scrolling="no" data-tweet-id="882061157900718081"></iframe>

 

<iframe id="twitter-widget-2" class="twitter-tweet twitter-tweet-rendered" title="Twitter Tweet" frameborder="0" scrolling="no" data-tweet-id="882062572081512449"></iframe>

7月5日、米国大統領は北朝鮮との貿易関係を発展させるために北朝鮮を激怒させた。

<iframe id="twitter-widget-3" class="twitter-tweet twitter-tweet-rendered" title="Twitter Tweet" frameborder="0" scrolling="no" data-tweet-id="882560030884716544"></iframe>

「第1四半期には、中国と北朝鮮の貿易はほぼ40%増加しました。彼はつぶやいた。

 

Gashkovによると、ワシントンには、北京に圧力をかけるためのいくつかのツールがあります。その一つは、この地域における長年の対戦相手である台湾を支援することです。

 

したがって、6月下旬、ホワイトハウスは台北に10億ドル以上の武器を売却することを承認した。

さらに、7月2日、USS Stethemは南シナ海の北京からの海水に入り、中国が主張するParacel諸島列島の一部であるTriton Islandの近くを航海した。

予想通り、この動きは中国の指導者からの激しい批判を促している。

「中国企業に対する制裁、とりわけ台湾への武器売却は、双方の相互信頼を損なうものであり、4月のドルランド・トランプと西ジンピンの間のマラ・ラーゴサミットの精神に逆らっている2017]、 "米国のCui Tiankaiへの中国大使は、問題についてコメントした。

 

Gashkovは、多く議論されたMar-a-Lago会議が、シリアのアラブ軍のShayrat飛行場に対する米国のTomahawkの攻撃に影を落としたことを思い出した。彼は、一部の観察者は、Xiがトランプの突然の動きによって侮辱されたと感じる可能性があると仮定したと指摘した。

 

ハンブルクで開催されるG20首脳会談で、7月6日から7日にかけて、米国と中国の間の複雑な二国間関係の話は引き続き楽観的ではない。指導者会議に限定されている」と強調した。

ジャーナリストは、ナショナル・リサーチ・ユニバーシティのHigher School of EconomicsのエコノミストであるPetr Moziasは、トランプ政権が間違った道を選んだと指摘した。

トンプソン大統領は北朝鮮に対する非公式全面制裁を北京から要求していたと報道されたが、それが本当であるかどうかは分からないが、もしトランプが間違いを犯したとしたら、RIAノボスティに語った。

「中国人とは無礼に話すのは不適切だ。彼らは忘れることも許してもいないだろう、特に西洋諸国が課すならば、圧力をかけて何もしないだろう。これ以上悪いことではない」と強調した。

モジアスは、北京は朝鮮半島の危機に興味がないと強調した。

「北朝鮮に対する包括的制裁は、政権を不安定にして崩壊につながる可能性があるが、中国は朝鮮半島の不安定化には関心がない。歴史的に、中国と朝鮮人は並んで戦った。中世の日本人北朝鮮を倒壊させようとする中国の指導者は、自国で否定的な反応をみなければならないだろう」と述べた。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シリア軍、ISI... シリア軍、ヒ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。