goo

イラン、ロシア、シリアモスクワ会議で政策を調整

イラン・ロシア・シリア座標-ポリシー・イン・モスクワ - ミーティング

イラン、ロシア、シリアモスクワ会議で政策を調整

<iframe id="aswift_2" name="aswift_2" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" width="728" height="90"></iframe>

テヘラン(Tasnim) - イラン、ロシア、シリアの外務大臣は、テロとの闘いとモスクワで三国間会議の後、シリアの危機を決済するためのアプローチに関する彼らの共通の見解を表明しました。

イラン外務大臣ムハンマド・ジャヴァドZarif、ロシアのセルゲイ・ラブロフとシリアのワリード・アル・Muallemはアラブ国の危機の平和的解決のための努力を調整する三国間会合のために金曜日にモスクワに集まりました。

テロがまだ不足している国際的な意志力を必要とし、対抗、トップイランの外交官は、三国間会談後の共同記者会見で語りました。

Zarifはテヘラン、モスクワとダマスカスのみシリアの人々が彼らの運命を決定する権利を有することになることに合意していると付け加え、シリア危機は政治的解決が必要であることを改めて表明しました。

個別のコメントの中で、ロシアのラブロフ外相は、努力はシリアのテログループのための財政支援を切断に集中していることを指摘しました。

彼はまた、そのテロリストグループを描写するのに失敗し、シリアの野党のために米国を批判しました。

 

ロシアの大臣はその後、三国間会議は、このようなDaesh(ISIL)とアル・ヌスラなどのテロ集団と戦っためにすぐに採用される共同の戦略を定義していることを追加して、シリアへのつかの間からモスルのイラク北部の都市での過激派を防止するための取り組みを強調しましたフロント。

Muallemは、彼の部分のために、直ちに和平交渉に入るとアレッポでの停戦を再開するシリア政府の準備は、一般市民が市から避難されることを提供表明しました。

シリアは現在、その一部を制御する、Daesh(ISIL)を含む様々なテロリスト集団、と2011年3月以来、内戦によって把持されています。

政策研究のためのシリアセンターの報告書によると、競合が、47万人を超える人々の命を奪った190万他人を負傷し、内またはその境界を越えて約23百万円の国の戦前の人口の半分近くを変位しています。

一方で、イランとロシアはシリアの密接な同盟国であり続けており、外資系好戦に直面して、その合法的な政府をサポートしています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« プーチンは、... アップデート... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。