goo

シリア陸軍、ダマスカスで東部Ghoutaと首都を分離する

Thu Jul 13、2017 4:36
 
シリア陸軍、ダマスカスで東部Ghoutaと首都を分離する
 
テヘラン(FNA) - シリア軍の兵士は、東部Ghoutaのテロリストに対する軍事作戦を続け、Ein Tarmaでさらに進んでいます。

軍隊は肉包装会社の近くのテロリストとアルカイカ市場との衝突を続け、いくつかの点のコントロールを取り戻した。

軍の筋によると、シリア軍は急速にこの地域で進軍しており、多数のテロリストが衝突で殺されたと付け加えた。

筋によると、東ダマスカスと東部Ghoutaの西部地域の間のal-Moltahlaq al-Janoubiに平行した地域で前進することによって、軍はJobar地区とGhouta東部を分離したいと強調した。

その間に、シリア軍は大理石工場の東部の家の管理を取り戻すことができた。

シリア軍ユニットはまた、ZmelkaとJobarの間を走る高速道路の南側バイパスに沿って前進し、攻撃の過程でいくつかの建物を捕獲した。

関連のある開発では、国の空軍に支持されたシリア軍は、引き続きFaylaq al-RahmanとAl-Nusra Front(Fatah al-Sham FrontまたはLevant Liberation Board )を統治し、別の重要な立場を支配した。

軍隊の男性は、Ein Terma-JobarとZmelkaの三角の肉梱包会社のFaylaq al-RahmanとAl-Nusra Frontと激しく衝突し、テロリストを元に戻した。

その間、陸軍航空機は三角形のテロリストの地位を何度も叩きつけた。

軍の筋によると、肉屋の軍隊で多数のテロリストが殺害された、あるいは負傷したとの報道があった。

 

 

 

Thu Jul 13、2017 2:17
 
米国、北部シリアの軍事基地を米軍として設立
 
テヘラン(FNA) - 最近発表された映像は、米国がRaqqaとの州境の近くにあるアレッポの東部で航空基地を運営していることを明らかにした。

AMNによると、この映像は大型の米国飛行機が離陸し、多くの武装勢力が現場を守っていることを示していた。

また、クルドが率いるシリア民主共和国(SDF)の支配下にある空域の上にアメリカの旗が掲揚され、

一方、米国連合連合スポークスマンのライアン・ディロン大佐は、Raqqa市に数十人の米軍アドバイザーが駐留していることを確認し、米国海兵隊は周辺地域からのISILに対する砲撃支援を行った。

彼は、多くの特別作戦部隊が、ISILとの戦闘でクルド人戦闘機を支援するための「助言、援助、同伴」の役割に取り組んでいると述べた。

「彼らはイラクの人々よりもはるかに敵の接触にさらされている」とディロン氏は付け加えた。

彼は、Raqqaの米軍の数は「数百ではない」とし、Raqqaを囲むための作戦が始まったので、自衛隊と戦ってきたと強調した。

そのペンタゴンはシリアにどれほどのフットプリントがあるのかを秘密にしているが、自衛隊の訓練と支援のために500人の米特殊部隊がそこにいると以前は宣言していた。

米国の兵士や爆撃機を大いに援助したクルド人は、ISIL武装勢力の激しい抵抗にもかかわらず、Raqqa市の約35%を占領している。

一方、他の報告によると、米国主導の軍隊は、イリノイとシリアからヘリボーン作戦によって他の地域に数倍のISIL指導者を移したと言われている。

地元の報道官によると、米軍連合軍の3隻のヘリコプターが、イースト・ホムスで別のヘリボーン作戦を実施し、多くのISILテロリストを搭乗させた。

アラブ言語のアル=ハダトのニュースによると、ISILのテロリストのグループは、エイザー東部のアヤシュの町からバンの東方にあるISILが保有する砂漠地帯に移動し、 SukhnahはEastern Homsにあり、そこでは米国主導の連立政権のヘリコプター3台がこの地域に乗っていた。

ヘリコプターの1つは着陸したが、他の2つは引き続きこの地域を飛行した。

この情報源は、3つのヘリコプターが北に向かって飛行し、Raqqa空域に入ったことをAl-Hadathに伝え、彼らの正確な目的地に関する情報はないと付け加えた。

情報筋によると、アメリカのチョッパーに奪われたISIL武装勢力は、イスラエルがジーイス・マカビル・アル・トウラの過激派組織を経てワシントンでこの地域の目標を具体化するために使ったスパイ団体の1人だった可能性がある。 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  ロシア、トル... シリア軍のエ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。