goo

疑いのある米国の無人偵察機はイエメンに攻撃を開始:レポート

疑いのある米国の無人偵察機はイエメンに攻撃を開始:レポート

書かれた  :発行シーア派のニュース  
掲載されました イエメン
 2017年3月6日(月曜日)


疑いのある米国の無人偵察機はイエメンに攻撃を開始:レポート
 

疑いのある米国の無人偵察機は、住民によると、イエメンのより多くの攻撃を行いました。

住民が疑われる米国の無人偵察機が月曜日に中央アルバイダ州のNoufan村の自称アルカイダの容疑者の家でミサイルを発射したと述べました。

彼らは南イエメンのShabwa省のアル・サイードでトレーニングキャンプを収容するために考えられて山岳地帯はまた、おそらく米国のドローンのストライキだったものの中で目標としたと付け加えました。

一方、イエメンソースが疑われる米国の空爆は夜明けにAbyanの南部の州でアルNASLの町を襲っていたことを言ったと月曜日にAFPによって引用されました。

攻撃のいずれかからの死傷者の即時の報告はなかったです。

米国はイエメンの軍事関与を強めています。

3月2日、ワシントンはイエメンの疑惑アルカイダの標的に対するストライキのシリーズを立ち上げました。軍事攻撃は遠く北に、バイダと同様Abyanとシャブワの南部に焦点を当てました。軍事作戦は、女性と子どもだけでなく、アメリカのコマンドーを殺し月にしくじっ襲撃以来初めてでした。

 
評価:5を読む63
 
 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« メッカ、ハシ... ISISのための... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。