goo

プーチン大統領は「無計画訪問」にフランスへ行きます

プーチン大統領は「無計画訪問」にフランスへ行きます

アレックス・ゴルカ | 2017年5月24日| 世界

プーチン大統領は「無計画訪問」にフランスへ行きます

ロシアとフランスで5月22日に行われ、フランスへのプーチン大統領の訪問の発表はかなり驚きでした。日 - 5月29日は - 今度のイベントは青からボルトが正確ではないですが、知られていませんでした。訪問は、非常に長い時間のための作品になっています。

イベントは、米大統領トランプのヨーロッパの航海を背景に、特別な意味を持っています。イベントは、おおよその時間に一致します。ブリュッセル-米大統領が訪問する都市-パリは比較的近接しています。G20首脳会議の前にヨーロッパでプーチン・トランプの会議が  検討されている  可能性。社長トランプシチリア島G7サミットがワシントンへの彼の方法で、アイスランド、スロベニア、マルタ、フランスにオーバー落として月27彼に終わった後にホームストレート飛ばないかもしれません。

フランス、ロシア大統領の訪問はフランス大統領エマニュエル・マクロン選出されたわずか3週間後と元大統領のオランドは、彼が唯一のシリアに関する協議のためにロシアの大統領を参照してくださいと述べた後、パリでロシア、フランスの首脳会談が中断された7ヶ月後に来ます。一緒に、プーチンとマクロンはグレートロシア皇帝ピーターによるフランスへの訪問の300番目の記念日に捧げられベルサイユでのロシアのエルミタージュ美術館、主催の展示会を開きます。

両国はシリア情勢に関する異なる見解を持っています。フランスはまた、ウクライナの危機を介してロシアに制裁を推進するために、キーの欧州連合(EU)諸国の一つとなっています。彼は、モスクワとの対話を継続することが不可欠であったことを強調しているものの、選挙運動期間中、長音は、4個の上位入賞の他の3よりもロシアの厳しい行を呼びかけました。

大統領プーチンとマクロンは二国間関係、シリア、NATO、EU、ウクライナなどの重要な問題の配列について触れます。両首脳は、彼らの相反する見解にもかかわらず、ウクライナ、シリアに関する議論を継続するために5月18日に彼らの最初の電話で合意しました。

フランスへのロシア大使、アレクサンダー・オーラブ、  言った  非常に、インテリジェントな現実的かつ実用的« -モスクワは、国家の本当の頭»として«として彼を記述し、マクロンの«正知覚»を持っていました。私はオルロフたちは«以前よりも前方に移動するより多くのチャンスを持って、彼と一緒に月19»上のビジネスリーダーの会議を告げ、彼は彼の前任者は»と比較して非常にイデオロギー的ではないと思います。大使はまた  言った  «ロシアは近年の逆数不信を克服するために...新しいフランス大統領との最初の一歩を踏み出す準備ができている»を。

確かに、フランス大統領は確かにRussophobeではありません。フランスを代表する政治家のいずれもありません。マクロンはプロNATO、プロEU候補と議題のトップに二国間関係を入れていないライバルの中だけでした。フランス大統領は、他の優先順位を持っているかもしれないが、フランスの有権者の圧倒的多数は改善の関係を望んでいることを、彼は特にビューで、ロシアを無視することはできません。5月18日、2人の大統領が開催された  電話の会話を  テロとの闘いなど、現在の国際および地域問題、で一緒に動作するように自分の欲望を肯定します。彼らは今後の個人的な連絡先の可能性を議論したときです。

4つの有力候補はフランスの大統領選挙の最初のラウンドでのサポートの約20%ずつを得ました。モスクワとの関係改善を呼びかけ4のうち3。第三とヴァレリー・ジスカール・デスタンとシラク- -ニコラ・サルコジ-コミットされていないこのビューは、三元大統領のうち2を含め、政治エリートによってサポートされています。確かに、フランスが  獲得するためには何もありません  し、ロシアに対する西洋制裁を維持することによって失うことがたくさん。

議会の投票は6月です。長音記号が失われた場合、彼は彼の手が大統領として結ばれています。社長は彼のエンマルシェ場合は連立政権を形成するために他の当事者が必要になります!動きはよくありませんし、最高の状態で取得すると予測されている票の26%を取得します。ロシアとの関係改善はマクロンもっと大衆の支持をもたらすことができる- 彼はひどく必要なものを

ワシントンからの圧力ではない以前ほど強いと、次第に貿易戦争が離れて死なせする機会があります。歴史的に、フランスは、多くの場合、アングロサクソン諸国よりも少ない抗ロシア傾向にありました。冷戦時代、フランスはNATOの戦略的なコマンドから撤退し、多くの場合、米国とソ連の間で、第三の勢力として自分自身を語りました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ワシントン・... 2S19 MSTA-S自... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。