goo

ヒズボラは、将来の戦争はイスラエルの領土になりますと言います

 
エレン・フランシスライラ・バサム ベイルート

レバノンのヒズボラは緊張がアーチ敵の間で上昇するようシーア派グループとイスラエルの間の任意の将来の紛争は、イスラエルの領土内の場所を取ることができることを明らかにしました。

マウラヴィハッサン・ナスララ、ヒズボラの指導者は、また、グループはシリアとレバノン東部の国境に沿って、そのすべての軍事的ポジションを解体し、この領域は、今ちょうどレバノン軍によるパトロールするだろうと、ライブテレビ演説で語りました。

ヒズボラ、テヘランとダマスカスの同盟国は、反乱軍とスンニ派のイスラム戦士の配列に対するシリアの紛争における年間のために戦ってきました。

シリアの紛争はまた、イスラエルとヒズボラの間で緊張がランプアップしている競技場となっています。シリアのヒズボラ標的に対する最近のイスラエルの空爆は、グループに対してより断定的なスタンスをマークするように見えました。

双方は、最後の2006年に戦争を戦いました。

ナスララは別の差し迫った紛争の見通しを一蹴、それはヒズボラのロケットがどこかの国の内部目標を達成できることを今年初めに言った後、イスラエルの領土に場所を取ることができると警告しました。

イスラエルは「...怖がっおよび将来の対決の心配であり、それは占領パレスチナ内部のかもしれないことを知っている、」ナスララは語りました。「抵抗のロケットやレジスタンスのブーツの手の届かないない場所はありません。」

2006年の戦争以来、ナスララは、多くの場合、専門家は、抑止力の計算された政策として何を参照してくださいに、イスラエルとの任意の潜在的な将来の紛争でグループの軍事力を強調するために彼のスピーチを使用しています。

イスラエルはその間、それは最終的にイスラエルを危険にさらす可能性が武器や経験を得るためにシリアの戦争でその役割を使用してから、その境界上のトップ戦略的脅威として見ているヒズボラを停止すると判定されます。

シリアの内側にイスラエルで行わストライキは、イスラエルがヒズボラに宛てた、とヒズボラの指揮官を殺したと言う武器を破壊しました。

 

シリア「NEW」相

ナスララは、ヒズボラがグループ領域が確保させてくれたしていたことを示唆し、レバノン・シリア国境沿いの地域から撤退たと述べました。

「東のレバノン国境沿いの当社のプレゼンスの必要性は、もはや今、我々は解体していると(私たちの)残りの軍事的ポジションを解体します。ミッションは達成されてきた...今からの責任(この領域がある)ではありません状態、」と彼は言いました。

スンニ派のイスラム過激派は、定期的にレバノンの北東にある多孔質国境を越えて、追い出される前に、2014年にArsalのレバノン町の簡単な買収を上演してきました。過激派は、その地域の軍とヒズボラから火の下に来ています。

ナスララは、シリアの競合が激しく弱体化武装勢力との「新しい、重要な段階」に達し、ダマスカス、モスクワ、テヘランとヒズボラ「は、任意の時よりも政治的および軍事より調和して、」あったとしたと述べました。

戦闘を停止するために、任意のチャンスが陽性であったとシリアに「脱エスカレーションゾーン」を設定するために、ロシア主導の構想には明らかに参照して、彼は言った、サポートされる必要があります。

彼はまた、サウジアラビアでは、米国および湾岸アラブ諸国間の首脳会談に出席指導者たちは「数十億ドル、石油とガスが残っているかどうかを確認するために行きます」と言って、米大統領ドナルド・トランプを目指す取るように見えました。

ナスララは、イランのリーダーシップのシーア派宗教的信念に関する最近軽蔑的なコメントをサウジの副皇太子モハメッドビンサルマンを非難しました。

「マハディが来たら...何の抑圧的な王や暴君が残されません」と、彼は1000年前に消えた預言者モハメッドの子孫がグローバルイスラムのルールを確立するために再登場するシーア派の信念を参照して、言いました。

 

(;キャサリン・エヴァンスによって編集ジョン・デイヴィソンでの書き込み)

 
 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ロシアのシリ... ヒズボラは 解... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。