goo

西アレッポのAl-ヌスラ体位にシリア軍の行進

2017年2月21日5:37

西アレッポのAl-ヌスラ体位にシリア軍の行進
テヘラン(FNA)は - シリア軍部隊はテロリストの主要な損失を負わせた後、より多くの領土を取り戻す、アレッポ市の西部の田園地帯に(最近ファタハ・アル・シャムフロントに改名)アル=ヌスラ戦線に対する彼らの進歩を続けました。

軍 の男性は、バックDhahiyahアル・アサド周辺のベンジャミン(Menyan)地方西部の複数の位置からのアル・ヌスラのテロリストをプッシュして、 Mansharah 1、2およびアブオマル集落だけでなく、アル・Mantaj(リゾート)の領域を取り戻しました。

最初のレポートは、アル=ヌスラ戦線は攻撃で死傷者を受けたと述べました。

一方で、軍の砲兵ユニットはDhahiyaアル・アサドへQabahアル・アサドの近くにあるテロリストの位置や動きに重い火を上演しました。

レポートは、軍の部隊が供給の闘士 '線を切断、アレッポの西部の田園地帯にテロリストグループに対する新たな攻撃を開始し、キー橋を渡って制御を獲得するために管理していることを以前発表しました。

軍の兵士たちはアレッポの西部にJam'iyatアルザーラと新アレッポの地域で住宅地のテロリストグループのモルタル砲撃に反応してアルSowrah防衛局に向けてDhahiyahアル・アサド周辺から報復攻撃を行いましたシティ。

軍の男性はかなりテロリストに対して前進させ、衝突の時間後に戦略的なアル・ラッカブリッジの制御を押収した可能性があります。

軍事筋はアル・ラッカブリッジはアレッポ市の西部田舎で展開テロリストの主な供給ラインの一つであったと述べました。

ソースは、軍の兵士がテロリストとの激しい戦闘に従事されているとアル・ラッカブリッジに完全なセキュリティを確立した後テロリストの残りの部分を狩りに地域内の洗浄操作を行っていると付け加えました。  

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ロシア:シリ... シリア:Dara'... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。