goo

アメリカが単独で6カ国で60以上の空爆最後の週末を発売しました

イスラエルクレームダマスカスでの空爆

長い労働者の日の週末の間に、アメリカの爆弾が  ダウンして雨が降った 中東・北アフリカ全体でほぼ4000マイルに及ぶターゲットに。

(イエメン)アラビア半島のアルカーイダ、(アフガニスタン、イラク、リビア、シリアで)、イスラム国家などのテロ組織を標的に、 - アフガニスタン、イラク、リビア、ソマリア、シリア、イエメン - ストライキは6カ国を襲いましたアル・シャバブ(ソマリア)、および(また、アフガニスタンでの)タリバン。約45ストライキは単独でイラクとシリアで起こった、プラスリビア内の別の20かそこら、残りの3カ国で小さい合計。

これらのキャンペーンだけでなく、時折ドローンのストライキ  パキスタンでは、ほぼ確実オフィスでオバマ大統領の任期を超えて継続します。「この政権は本当にこれらの戦争を終了したかった」  と述べた  新アメリカ安全保障センターのポールScharreが。「今、私たちは複数の面で米国の戦闘活動を持っていると我々は6カ国に爆弾を落としています。それはテロの脅威今日のちょうど不幸な現実です。」

 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« イスラエルの... なぜクリント... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。