goo

ほぼ50万変位シリア戻るホーム:UN

ほぼ50万変位シリア戻るホーム:UN

シリア難民
シリア難民(アーカイブ)
 

ほぼ半数万人のシリア人ずれが主に家族を見つけ、プロパティをチェックするために、今年の初めから自分の家に戻ってきた、国連難民機関は金曜日に言いました。

代理店は、それは「2017年にシリアへと内の自発的なリターンの顕著な傾向」を見たと言いました

1月以来、戦争で荒廃国内で変位されていた程度44万人々は主にアレッポ、ハマ、ホムスやダマスカスで、自分の家に戻っていた、アンドレイMahecic、UNHCRとして知られている機関のためのスポークスマンは、ジュネーブで記者団に語りました。

また、近隣諸国で約31,000人の難民がまた戻ってきた、彼は26万に2015年以来、国に戻ってきた難民の数をもたらす、と述べました。

しかしMahecicは、この地域でホストされている500万人のシリア難民の単なる「分数」であると述べました。

彼は家を返すように変位を促す主な要因であったと述べ、「国の一部のセキュリティ状況の実数または認知の改善を、家族を求めて財産上のチェック、および、いくつかのケースで。」

彼はトルコ、ロシアとイランがフライトを禁止し、援助滴を確実にするためにシリアを越え4つのセーフゾーンを確立するために月にアスタナの会談で合意されたので、リターンが直接暴力で触知低下にリンクされるかもしれない場合、言うには時期尚早と述べました。

しかし今週、シリアのための国連の特使、スタファン・デ・ミストゥーラは、5月4日の契約以来、「暴力は明らかにダウンしていることを安全保障理事会に語りました。シリアの生活の何百もの毎週免れるされ続け、そして多くの町は、正常のある程度戻ってきました。」

Mahecicは、それにもかかわらず、「最近のアスタナ、ジュネーブ和平交渉にリンクされている全体的な増加希望がある一方で、UNHCRは難民が安全と尊厳に返すための条件は、シリアでの場所ではまだないと考えている。」と警告しました

「多くのリターンの分野におけるセキュリティの改善の持続可能性が不確実である、と保護閾値の重大なリスクが国の部分で満たされていない、自主的な安全と威厳のリターンのためにそこに残っている、」と彼は言いました。

 

出典: AFP

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  イスラエルの... 洋食の輸入禁... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。