goo

大きなヘズボラ船団が東部スエイダに向かう

<iframe frameborder="0" scrolling="no" width="728" height="90"></iframe>

ベイルート、レバノン(5:30 AM) - 水曜日、アレッポ県での長期滞在の後、ヒズボラ戦闘機の大砲がアルスウィダの東部の田舎に移動した。

ダマスカスの軍事筋によると、護送隊はシリアのヒズボラ戦闘機で構成されていたが、シエイの町Al-Zahra'aと北部のAlleppoにあるNublから成っていた。

これらのヒズボラ戦闘機は、第5軍団の一部が全国の他の戦線に再配置された後、シリアのアラブ軍によって要請された。

 
  •  (。´・ω・。)ノ゙ヒズボラ頑張れー

最近、シリアのアラブ軍とその同盟国は、米国が支援するフリー・シリア軍との激しい戦いの後、大部分を占領するアル・スエイダの東部の田舎で攻撃を再開した。

 
この記事を共有する:
  • 8
  • 3
  • 1
  • 12
    株式
 
 
  また、写真を読む:反乱モルタル攻撃は、アレッポの5人の民間人を殺します
 
準東 アジアと経済を専門とする編集長
 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« レバノンの治... ロシア、シリ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。