goo

ロシア、シリアへのCSTO派遣を希望

ロシア、シリアへのCSTO派遣を希望

モスクワは、シリアのアルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスタン、ロシア、ロシアを含むロシア主導の非武装集団である集団安全保障条約機構(CSTO)のメンバーとの戦争を描くことにより、中東における軍事政治的影響力を拡大したいタジキスタン。6月22日、ロシア国防総省の防衛委員会委員長とウラジミールシャマノフ大将は、ロシアがキルギスタンとカザフスタンとの間で、これらの国からシリアに軍隊を送ることを交渉していると語った。これらの軍は、地上の軍事状況を監視するだろう(RIA Novosti、6月22日)。Shamanovによると、この問題は、2つの中央アジア諸国の政治的、軍事的リーダーシップを取り入れているが、まだ決定はされていない。

シャマノフ大統領の声明は、ロシアのプーチン大統領がモスクワの軍事行動を支援するシリアで活動する同盟国の数を拡大しようとしていることを示しているようだ。今日、イランはシリアと中東の広大なロシアの堅実な同盟国である唯一の国です。実際、テヘランはバシャール・アサド大統領の政治体制を支える重要な役割を果たしている。

5月3日から4日には、シリアでの戦争の交渉とモスクワのイニシアチブ(EDM、5月4日参照)に基づいて組織された、いわゆる「アスタナ協議」の第4回国際会議で、シリア(ロシア、イラン、トルコ)は、4つの「脱エスカレーションゾーン」(5月6日中旬の創設に関する覚書に調印したこの協定は、停戦体制を監視するために、保証国から脱エスカレーション地域に軍隊を送ることを規定した。アンカラ、モスクワ、テヘランは、彼らが軍のオブザーバーをシリアに送る用意があることを確認した。

ロシア大統領のアレクサンダー・ラブレンテフ(Alexander Lavrentiev)特別代表は、前述のアスタナでの協議が終わった後、3国すべての合意と合意に基づいて、他国からの軍事オブザーバーの参加が可能だと述べた(RIA Novosti、5月5日)。イランとトルコは、オブザーバー国の数を拡大するというモスクワの提案にすぐに同意した。ロシアの議員シャマノフ(Shamanov)の6月の声明によると、ロシアはこの目的のために具体的な外交的ステップを開始している。

トルコの大統領特別首席代表であるイブラヒム・カールン氏は、カザフスタンとキルギスタンからシリアの脱エスカレーション地域に軍事監視員を配備することを提案していることを明らかにした(6月22日Haberturk.com) 。トルコ側は、この問題が、シリア紛争解決のための第5回国際会議で議論の対象となることを期待している。シリア紛争の解決については、7月後半にアスタナで開催される。明らかに、ロシアは、ロシアを戦略的パートナーとみなしていた元保安当局のうち2人の支援を得て、中東における地位を強化しようとしている。具体的には、プーチンとの最近の会談で、

しかし、ビシュケクとアスタナの関係者は、ロシアとトルコの高官たちの発表を確認するのに急いでいない。むしろキルギスタンのアタムバエフ大統領は、「シリアに軍隊を送るには、まずCSTOの全メンバーの全会一致の決定が必要だ。第二に、国連[国連]の決議が必要である。第三に、国の議会は同意しなければならない。そのような疑問が生じた場合に第四、キルギスは(「そこに経験を蓄積してお金を稼ぐことができ、プロの兵士だけでなく、役員の中から関心のある個人を意味し、非アクティブな軍隊を高めるために持っている24.kg、6月24日)。

カザフスタン外務省はまた、シャマノフとカールンの宣言を覆す公式声明を発表した。「アスタナはカザフスタンの軍人をシリアに送るために誰とも交渉していない」(Mfa.kz、6月23日)カザフスタンにとって、平和維持軍を世界中のあらゆるホットスポットに送るための決定的に重要な条件は、国連安全保障理事会の決議と任務の存在である。

カザフスタンとキルギス共和国の両方は、シリアに軍隊を送る問題に言及するのには非常に注意している。確かに、ロシアはCSTOのCRRF(Collaborative Rapid Reaction Force)の部隊に呼びかけ、同盟国の加盟国から約2万人の兵士を呼び出すことで、目標を達成しようとすることは確かに可能である(Odkb-csto.org、2009年6月)。しかし、中央アジアのCSTO同盟諸国からの中東における軍事的支援を得るモスクワの希望は困難な課題である。

まず、キルギスタンとカザフスタンの当局は、サービス・メンバーが「外国戦争」で死ぬ可能性のあるシリアに軍隊を送ることは、これらの中央アジア共和国の内部政治状況を大きく複雑にすると確信している。第二に、実際にシリアに軍隊を送るつもりであれば、2017年10月に予定されている大統領選挙のキルギス共和国の場合、特に国会の許可を得る必要があります。宗教的要因も重要な役割を果たしています。中央アジアとイスラム世界全域で、ロシアがイスラムのシーア派支部に所属するバシャール・アル・アサドのアラワ族政権を支持しており、武装したシリアの野党がスンニ派を代表していることは広く知られている。一方、カザフスとキルギスはスンニ派である。さらに、両国の宗教指導者は、シリアでのロシアの軍事作戦に不満を繰り返し表明している( The Diplomat、2016年10月18日)。中東に軍隊を送り込むことで、カザフスタンとキルギスタンの当局はイスラム教徒の信者の支持を失う可能性がある。

ロシアのシリアでの活動のために、モスクワがカザフスタンとキルギスタンの支持を得ようとしていることは、主に西側に向けられたPRキャンペーンと見なすべきである。西側の政治家と報道機関は、シリア内戦でアル・アサド軍の側でロシア軍が戦っていると繰り返し批判している。プーチン大統領は、中央アジアの同盟諸国に紛争に参入するよう呼びかけ、ロシアはまだ国際的な力であると世界に知らせることを望んでいる。

https://jamestown.org

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« タイガー軍は... ダマスカス田... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。