goo

ロシア、穀物輸出で初めて - プーチン

ロシア、穀物輸出で初めて - プーチン

この投稿は当初このサイトに掲載されました

MOSCOW、12月14日/ TASS /。ウラジミールプーチン大統領は、年次記者会見で、ロシアが穀物の世界有数の輸出国となったと述べた。

"輸出は拡大しており、大規模になっている。私たちは穀物輸出の面で世界をリードしてきました。

大統領によれば、2017年に穀物収穫は130.5百万トンを超える可能性があります。

<iframe id="aswift_0" name="aswift_0" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" width="670" height="60"></iframe>

以前、農業省は、2017年のロシアにおける穀物収穫は、少なくとも1億1,350万トンの正味重量に達すると報告した。

今年、ロシアの農家は記録的な収穫を受けました - バンカーの重量で1億4000万トンの穀物。専門家の見積もりによると、純粋な重量では、穀物の収穫は132-133百万トンに達する可能性がある。つまり、ロシアは1978年に1億2,700万トンの穀物が収穫されたソビエト時代の記録を打ち倒しました。

{{item.group_date}}

もっと見せる

他のメディアで

返信を残す

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

プーチン大統領の渦巻く中東ツアーは、地域の権威としてのロシアの役割を予見する

x-mas_banner_RF.png

プーチン大統領の渦巻く中東ツアーは、地域の権威としてのロシアの役割を予見する

この投稿は当初このサイトに掲載されました

ニューイラク・アウトルック) - ロシアのウラジミールプーチン大統領は、この数日間、シリア、エジプト、トルコを48時間以内に訪問し、一連の訪問を連続して行った。これらの訪問の簡単な性質にもかかわらず、ロシアの首脳は、上記の国家首脳と広範な議論を展開し、エジプトとトルコは、各国の各ビジネスリーダーの代表との、省、防衛大臣を務めています。この事実は、ロシア代表団の構成が明らかになったときに明らかになりました。セルゲイ・ラブロフ外相、Sergey Shoygu国防相、いくつかの経済大臣、ロストク、ロサトム、ガスプロムを含む主要国有企業の長。

シリアでは、プーチン大統領は、ロシア連邦がシリアの軍事的存在を大幅に減らす意図を確認し、シリアのバシャール・アル・アサド大統領と徹底的に話し合った。シリアの政治的解決の展望。事実、シリアにおける紛争は自動的に終結することはなく、ダマスカスでのシリア間の対話を組織することが必要であり、また、統一野党の代表を招いている。しかし、バサール・アサドの政治運命と「アサドが行かなければならない」という前提のなかで、野党の矛盾した精神を踏まえると、手近な課題は簡単だ。しかし、ここに正当な疑問がある。結局のところ、それはシリアの大統領の下にある軍隊であり、ロシアやイランのような外部同盟国の支援を得て、少数の地域軍が領土と準州に分割しようとしたにもかかわらず、ISISに終止符を打ち、国の主権を維持することに成功した。そういうわけで、プーチン大統領とアル・アサドは、アンカラとテヘランと共に、2018年2月にソチでのシリア間の和解に関する議会ですべての政党を結集させる努力を続けることに同意した。彼らはまた、破壊されたインフラの復旧とシリアの経済に関連する問題について議論した。そういうわけで、プーチン大統領とアル・アサドは、アンカラとテヘランと共に、2018年2月にソチでのシリア間の和解に関する議会ですべての政党を結集させる努力を続けることに同意した。彼らはまた、破壊されたインフラの復旧とシリアの経済に関連する問題について議論した。そういうわけで、プーチン大統領とアル・アサドは、アンカラとテヘランと共に、2018年2月にソチでのシリア間の和解に関する議会ですべての政党を結集させる努力を続けることに同意した。彼らはまた、破壊されたインフラの復旧とシリアの経済に関連する問題について議論した。

 

プーチン大統領のカイロへの旅行には、貿易と経済関係、観光、軍事協力の発展という明確な優先事項が明確に定められていた。しかし、パレスチナ問題は、イスラエルの首都であることを認識して、テルアビブからエルサレムへ米国大使館を移譲するという、ドナルド・トランプ大統領のもとでの米国の最近の決定を考慮して、パレスチナ問題を議論しなければならなかった。

エジプトの経済状況は、シナイとスエズ運河の向こうの数か所のテロ組織の操業に関連する内部問題によって悪化しています。この状況は、カタールが支援する急進的組織であるイスラム教徒団体の継続的な影響によってさらに複雑になっている。エジプトは、今のところ停滞状態にある経済を維持するために、観光産業の流れを再開することが非常に重要です。これはモスクワをカイロに有利な立場に置いているが、エジプト艦隊にMersa Matruhなどのロシア軍艦を駐留させる可能性を含め、エジプトが国境から70マイル以上離れる可能性を含む多くの問題に対処するかどうかは言い難いリビアと モスクワはまた、エジプトに空軍基地を建設する傾向があり、両国の代表が歓迎する開発。さらに、ロシア連邦がエジプトをリビアへの復帰のための足場として使用することは非常に重要であり、リビア陸軍大隊カリファ・ベルカシム・ハフタルに援助を必要としている。

ロシアからエジプトへの観光再開は、シャルム・エル・シェイクとハルガダへのチャーター便を含め、両国間の航空サービスの再開なしに事実上不可能であり、エジプトの財務省に一度ローンやインフラを伴って数十億ドルプロジェクト、原子力発電所や組立工場の建設など、モスクワが新たな友情を持ってテーブルに持ち込むことができます。モスクワについては、将来的にはリビアの軍事演劇劇場にできるだけ近い、本格的で多様な軍事基盤が重要な所有物となるだろう。これらの協議の結果は、リビアの進行中の紛争の将来の進路を決定するだろう。それは、不安定化を覚えておかなければならず、続いて米国の軍事介入、2011年にはNATOとカタールが復活し、リヤの破壊は国の正統なリーダー、ムアマーガ・カダフィーの残虐殺人で終結した。当時、ロシアは少なくとも250億ドルを失った一晩で失った ガスプロム、ロシア鉄道、ロゾボロネックス・ポートとの取引の多くが未完成のままであったため、利益が得られ ませんでした。

これらすべての問題について、ロシアとエジプトの間でどのような合意に達することができるかについて話すのは早すぎる。プーチン大統領は、ロシアがエジプトとの間で航空交通を再開する用意があると発表したが、ロシアの交通大臣は「これは主にエジプト側に依存する」と述べたが、エジプト側は主にロシア観光客の誘致に関心を示しているが、 。このテロ攻撃がカタールの支援を楽しんでいる地元の武装勢力によって演奏されたため、2015年シナイ半島のロシア航空機の爆発の背後にある理由と理由を、決定をしている者は完全に認識してい  ます。

エジプトは、モスクワと、リビアへの安定の回復、そしてロシアからの観光客の流れを元通りに戻すことへの関心を支援することによって、複雑な相反する利害関係を辿らなければならないが、同時にエジプトの最も重要な味方 - サウジアラビアはアブデル・ファッタ・エルシシの体制を支え、カタールに関連したムスリム同胞団の脅威に乗って浮き沈みを許す。そして、リヤドが中東のさらに別の地域にロシアが到着したことに満足してくれることは間違いありません。しかし、サウジアラビアは、カタールが2011年以降、リビアで多くの影響を受けているため、この状況を別の見方で見るかもしれないし、「カタールにとって悪いことはすべてサウジアラビアにとって良い」と忘れてはならない。モスクワのドーハとの関係、ロスネフチェの株に関する奇妙な取引であることは明らかであり、最初はカタールにほぼ無償で移管され、その後中国に移管された。トルコがドーハを支持していたペルシャ湾岸君主国によるカタールの封鎖の始まりを覚えているかもしれないが、ロシアは最高水準でこの問題に関する数々の会合を行ったにもかかわらず、状況から離れていた。

サウジアラビアが、モスクワのリビアへの関心が王国の利益に反して行動しないと同時に、膠着状態が解決される可能性があるとの保証を受けた場合。しかし、リヤドはモスクワが武装勢力を破壊したシリアの経験から学んだので、協力はこれまでのところしかできない。当時、トルコ人はロシアの爆撃機を撃墜することさえ強要され、リヤドは2016年初めにシリアの侵略の準備ができていたことを証明しようとした。

これまでのところ、プーチン大統領のエジプト旅行の結果はまだ明確にはなっていない。エジプト人は明らかにパートナーとの討論の機会をとるために休止をとったため、ロシア側からの観光再開の重要な問題については最終決定はない。約束はあるが、まだ決定はない。明らかに、新年の後はすべてが明白になるでしょう。

エジプトでのプーチン大統領の会談の別の話題は、スーダンにおける将来のロシア軍事基地を供給するために、スエズ運河を通るロシア輸送船の妨げられない通過の問題である可能性がある。いくつかの報道によると、ロシアの軍事専門家はすでにスーダンの評価を実施しており、スーダン近辺にこのような基盤を建設することができるとの結論を下した。基地のパラメータはまだ分かっていませんが、明らかに軍用機に対応できるはずです。問題は、ポートスーダンからリビアとスーダン自体の可能な紛争地域までの距離が重要であることである。南スーダンとの国境まで800マイル、リビアへの1,200マイル以上はシリアで使用される航空機の操作範囲を超えている。だから、そのような基地にロシアの長距離飛行を展開することしかできない。サウジアラビアは既にロシア拠点の建設に同意しているので、同地域のサウジアラビアの利益を脅かさないことは明らかであり、これは自動的にアメリカの利益についても同じことが言えることを意味する。さらに、サウジアラビア人はすぐ近くに独自の軍用飛行場の複合体を持っています。紅海では、サウジアラビアの他の敵は存在しないため、そのような基地はカタールとそのタンカーだけを脅かす可能性がある。

首脳会談の政治的な部分については、パレスチナ問題かシリアについて、モスクワとカイロの間に意見の不一致がないことを考えると、うまくいった。パレスチナとエルサレムに関する国連安全保障理事会の決議へのコミットメントは、両当事者によって再確認された。アブデル・ファッタ・エル・シシにとっては、ワシントンとテルアビブで行われた抗議行動で、現地住民がいつでも通りに出ることができれば、これは特に重要です。このような状況では、サウジアラビアはエジプト政府を支援することができなくなる。

ロシアにとって、ロシア大統領のエジプトへの訪問は非常に成功し、モスクワがシリアでの活動を終えた後、モスクワの欲望を確認した。

http://russiafeed.com/putins-whirlwind-middle-east-tour-heralds-russias-role-preeminent-regional-power/から

返信を残す

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

親米同盟国のための1週間の惨事、イランのための1週間の地獄 - ポゴス・アナスタソフ

qassem-suleimani.jpg

親米同盟国のための1週間の惨事、イランのための1週間の地獄 - ポゴス・アナスタソフ

この投稿は当初このサイトに掲載されました
 

 

驚いたことに、先週、中東の権力のバランスが大幅に変化しました。予期せぬ出来事と予測された出来事の両方があり、多くのアナリストがまったく困惑しています。

この不安定な地域の事態に影響を与えたように思われる未だ起こっていないような出来事については、あなた自身で判断することができます。イエメンで行われた元アリー・アブドッラー・サレの殺人事件は、ほぼ直ちにトランペット政権によるワシントンの宣言大使館をテルアビブからエルサレムに移転する。

翌日、ロシアは、影響力のある湾岸協力理事会が内在的な差異を犠牲にしたことを発表する直前に行われたダマスカス支援軍との戦闘分野で、ISISが激しい敗北を喫したと発表する。同盟はサウジアラビアとアラブ首長国連邦が直ちに署名した。

<iframe id="aswift_0" name="aswift_0" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" width="670" height="60"></iframe>

広告


そのような週を説明する試みは、様々な出来事で緊密に詰め込まれているので、これまでには失敗しました。手元にある課題に近づけようとしている高値アナリストは、その重要性に応じてそれらの出来事のランク付けを試みるか、「歴史の終わり」と「善と悪の間の究極の戦い」を近づける試みについて陰謀計画を考え出した"ハルマゲドンの前夜に。

しかし、悲観的なフリーメーソンの予言に言及して脱出したいと思っているのは、常に良い決断である分析的な部分であり、その後、その期間が地上の状況において質的な変化を示したことを認めなければならない。すべての地域の選手にとって安定した関係をすぐにまたは後に与えなければならない、大規模なフェイスオフと新しい力のバランスに近づいている。

約50年間、イエメンの政治的景観を支配する華麗な政治家の殺害については、素晴らしい戦術家と先見的な政治家のアリー・アブドッラー・サレの危険な試合が頭に撃たれた。

優秀な政治家を完成させた狙撃兵は、Houthiの抵抗運動によって雇われる可能性のある狙撃兵、またはこの運動のイランの支持者が、ある段階でイエメンの指導者がサウジとの関係を正常化しようとするアラビア。

一回の引き金を引くことで、イエメンは今後数年間、この国での平和交渉の道筋を阻む血まみれの「すべて対すべて」の紛争に深く浸り、サウジアラビアとUAEは勝利を確保し、テヘランの議題に完全に合致するリヤド周辺のGCC諸国の統合を防いでいる。

確かに、サウジアラビアがアライ・アブドッラー・サレの死に大きなメリットを得たと確信している有能な専門家とは、困難な時期を迎えるだろう。このイベントでは、ホーシー運動がかなり難しい孤立している間、イエメン軍に対して。

イエメンの抵抗が近づいているとの告知がありましたが、誰かがそのような予測をするにはあまりにも不確定な変数があります。これは、殺害された元大統領Ahmed Salehの息子が父親の支配権を取り戻すことができ、現職のAbdrabbuh Mansur Hadi大統領の支持を得た場合に起こります。その後、若者のサレハは、イスラム教徒団運動を連合に「統合」することに成功しなければならず、この考え方はすでにアラブ首長国連邦(UAE)に激しく反対している。

さらに、南部のアルカイダとISISの武装勢力は、北部の山岳部を横断してハーシュ運動を捜索しようとする若いサレヤに大きな気を散らすことができる。近い将来、サウジアラビアがイエメンで何かを達成できる可能性は非常に低い。

このような背景の中で、サウジアラビアが作ったイランに対する反イラン・スンニ派の統一戦線を作ろうとして失敗したことは、同じパズルの一部と見なすことができる。最新のGCCは、特に、カタールがサウジアラビアに反対している状況において、ペルシャ湾岸諸国間の意見の相違があまりにも多く、克服することができないことを皆に明らかにしている。

したがって、サウジアラビアの野心的で非公式の若手のモハマド・ビン・サルマン大統領は、イランとの貿易で、仲間の「兄弟」モハメド・ビン・ザイード・アル・ナヒヤン(アラブ首長国連邦)彼ははるかに有利な立場を夢見ていると言っても過言ではない


さて、シリアとイラクのISISに対する勝利は、既にロシアとイラクによって公式に宣言されており、潜在的で潜在的ではない潜在的な試みにもかかわらず、実際には近いです。この勝利が成果を上げるのを防ぐために米国に送った。地域的な状況では、この勝利は、独立したクルド人を創造することに失敗したプロジェクトと相まって、テヘラン - バグダッド - シリア - レバノンを横断する「シアアーク」創造の障害を取り除くため、テヘランにとって有益である。

この勝利は、2003年にイラクの侵攻で行動し、その後2011年に「アラブ春」を引き起こして悪化した中東の断片化を目的としたワシントンとテルアビブのデザインに大きな打撃を与えた。

この12月の暴動は、多くの専門家によって予測されたイランに対する主要な戦争が少なくとも真剣に遅れていることを明らかにした。実際、それを始める者は誰もいません...テルアビブとリヤドは、米国が弾を噛むほどには馬鹿になることを願っているだけです。しかし、ワシントンは、北朝鮮との対決であまりにも吸収されており、戦争に必要な力を単にイランのような強力な敵に集中させることはできない。

さらに、「背後からの指導」と表現できるワシントンの最新作戦は、イスラエルとサウジアラビアにはほとんど希望がない。

それがパズルの最後の部分が演じるところです - ドナルド・トランプによるイスラエルの首都としてのエルサレムの認識?はい、実際には、上記のすべての要素と同様に、このステップではテヘランが享受しているポジションも強化されています。知られているように、イランは、この決定と、その地域の同盟国、すなわち、ヒズボラに断固として反対している。


ドナルド・トランプの発表前に、シリア軍に対するイスラエルの攻撃の可能性は、イランの諜報部隊との闘いに起因する可能性がある。今はエルサレムを占領する反イスラム勢力の攻撃だろう。さらに、アラブ連盟の臨時会議でアラブ人自身がトランプ政権の決定を非難したため、この大会では、サウジアラビアがテロリストとして分類することはほとんど不可能である。特にイスラエルがレバノンに侵攻することを決定した場合、

したがって、最近の空爆は、イスラエルの空軍によって行われたシリアでのヒズボラ占領の位置に対して、テルアビブの現れのように見える...

しかし、イスラエルは、イスラエルの首都であるエルサレムの国際社会による非認知の既存の合意を損なうことから、素晴らしい勝利を収めている。しかし、これは表面的な判断である。まず、モスクワは、昨年4月に西エルサレムをイスラエルの首都と認めることによってこのコンセンサスに違反した。だから、テルアビブは、この状態で一度紛失したロシアの権利を認めて、ロシアの指導者に感謝するべきである。

さらに、ドナルド・トランプの決定はかなりイライラされており、エルサレムをイスラエルの首都として認識せず、パレスチナとイスラエルの直接交渉の過程で決定されるべきだと述べた。また、大使館の移転は数年間延期されています。実際の状況は変わりません。

しかし、イランは反イランのスンニ派同盟が火の中で落ちるような独特の瞬間でさえ、優れた宣伝スローガンを受けた。


中東での乱暴な週をまとめると、この大きなチェス盤の写真がクリアされたと言えるでしょう。イランは、その地政学的対立の邪魔になる段階や、それを好む。

これは、この複雑なチェスのゲームのプレイヤーがすべての動きを作ったことを意味するものではありませんが、我々は最終的なゲームを見ているようです。

Pogos Anastasov、政治アナリスト、Orientalist、オンライン雑誌「New Eastern Outlook」専用  
。https://journal-neo.org/2017/12/12/a-heck-of-a-week/


出典:New Eastern Outlook

返信を残す

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フランスのマクロンとサウジアラビア皇太子の芸術的欺瞞

2017年12月14日 (木)

フランスのマクロンとサウジアラビア皇太子の芸術的欺瞞

Finian CUNNINGHAM
2017年12月12日
Strategic Culture Foundation

フランスのエマニュエル・マクロン大統領が、アブダビでルーブル美術館を開館した一週間後、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたとされる絵が、ニューヨークのオークションで、史上空前の508億円で落札された。

更に、買い手は、マクロンが親密な個人的関係を保っていると言われる、他ならぬサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子であることがわかったと報じられた。

500年前のルネッサンスの‘ サルバトール・ムンディ’ (‘世界の救世主’)と題するイエス・キリスト肖像画は、たぶんサウジアラビア王室からの長期貸し出しで、今後アブダビのルーブル別館で展示されることになろう。

これは、フランス大統領とサウジアラビア王位継承者が、文化と芸術を“ソフト・パワー”投射に、より無味乾燥な言い方をすれば、両国の国際的イメージをきれいに見せかける広報活動に利用しているというお話だ。温和な外交的仲介者というイメージで、マクロンがいかに、悪辣なフランスの中東内政介入をごまかしているかという話でもある。

アラブ首長国連邦の首都アブダビのルーブル美術館は、同名の著名パリ美術館の世界で唯一の公式別館だ。有名なルーブルの名称を使えるようにするため、フランスにUAEが、5億ドル以上支払ったと言われている10年をかけた建設の後、開館された。

フランスとUAEと両国と緊密に提携するサウジアラビア支配者は、特にサウジアラビア皇太子が、ルネッサンスの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチによるこれまで世界で最も高価な絵画を購入したと報じられて以来、国際的威信を大いに高める恩恵を得た。ダ・ヴィンチのもう一つの著名な肖像画モナ・リザはパリのルーブルで展示されている。ここには、ある種整然とした対称がある。

しかしながら、古典美術といううわべの下には、下劣であさましい政治世界がある。

先週末、フランス大統領はパリでレバノンの国際支援集団と題する、レバノン首相サード・ハリーリーを主賓とする会議を主催した。マクロンはサミットで“外国列強がレバノン内政に干渉しないことが肝要だ”と結論を言ったと報じられているが、この発言の含意は、レバノン連合政府のメンバー、ヒズボラとのつながりを通した干渉の犯人として、イランを指し示しているのだ。

地域のどこかの国が、レバノン政治に臆面もなく干渉する罪をおかしているとすれば、それはサウジアラビアだというのが、ここでの皮肉だ。レバノンで、彼のスンナ派イスラムとつながる政治運動のスポンサーであるサウジアラビア支配者によってリヤドに召喚された後、11月4日にハリーリーは首相辞任を申し出た。突然の辞任を説明する際、ハリーリーは、劇的かつ挑発的にイランとヒズボラが彼の暗殺を画策していると非難した。

ハリーリーは、その後安全にレバノンに帰国し、先の首相辞任発表を撤回した。イランもヒズボラも、意図されている犯意という彼の主張を、ばかげていると否定した。ハリーリーは、特に最近のシリアでの軍事的勝利後、強硬派のスンナ派(ワッハーブ派)サウジアラビア支配者が“シーア派異端者”で、地域の大敵と見なしているイランとヒズボラを悪者として描き出すサウジアラビアの使い古された言説を伝えようとしているように見える。

ハリーリーが、サウジアラビア支配者に指示されたことを依然継続しているのは明白だ。先週パリ・サミット前に、彼はインタビューで、イランとヒズボラの同盟者であるバッシャール・アル・アサドのシリア政府は、彼に死んで欲しがっていると、パリ・マッチに語った。2005年、彼の父親ラフィクの暗殺にシリアが関与していたという根拠のない非難を彼は繰り返した。数日後、パリ・サミットは、ヒズボラと、その延長として、イランの地域への影響力は“分離されるべきだ”というハリーリーの要求を支持した。フランスのマクロンはこの要求を公式に支持した。

そこで、欺瞞の技術の話になる。アイラン、ヒズボラとシリアに対するサウジアラビの敵意が、フランス外交の詭弁によって、巧妙に隠蔽されているのだ。フランスのマクロン大統領と、ジャン=イヴ・ル・ドリアン外務大臣は、現実には、リヤドとパリこそ非難されるべきなのに、地域を不安定化していると双方を非難して、イランとヒズボラを悪者として描き出すサウジアラビアのたくらみに、巧妙に信憑性を与えている。

フランスの外交姿勢によって、ご立派な隠れ蓑を与えられているレバノンは、サウジアラビアによるそうした介入の一例に過ぎない。先月の辞任後、異様な二週間のリヤド滞在中、レバノンのキリスト教徒大統領ミシェル・アウンと多数のレバノン国民が、サウジアラビア支配者をハリーリー“誘拐”のかどで非難している中、ハリーリーを家族と共にパリ訪問するよう個人的に招待して、サウジアラビアによる介入から注目をすばやく逸らしたのはフランスのマクロンだった。このハリーリーのパリ招待で、11月18日、サウジアラビアは、レバノン政治家を強制的に拘留しているという主張から解放されたのだ。

サウジアラビア-フランスによる言語道断の介入のもう一つの例は、シリアだ。サウジアラビア、フランスや他のNATO同盟諸国によって、大半密かに支援されていた約七年間の戦争でシリアは荒廃させられた。この戦争は、ロシア、イランとヒズボラによる軍事介入で、ようやく終わろうとしている。

イエメンでは、サウジアラビア支配者は、膨大なアメリカとイギリスとフランスの兵器輸出によってあおられたほぼ三年間の戦争で、アラブ地域での最貧国を荒廃させた。 L’Observatoire des Armementsによれば、2014年末に、サウジアラビアが、その費用を負担するつもりだと言われていた、フランスがレバノンと調印した36億ドルの武器商談は、結局、イエメンでの戦争のため、サウジアラビアに転用されることになった。

フランス兵器は、何千人もの一般市民を標的にする複数の戦争犯罪で非難されているサウジアラビアの爆撃作戦を可能にしているクーガー兵員輸送ヘリコプター、ミラージュ戦闘機、無人機や空中給油機を含むと報じられている。フランス兵器には何百万人もの子供たちに飢餓と病をもたらしている、サウジアラビアによるイエメン海上封鎖実施に役立っている海軍のコルベット哨戒艦や巡視艇も含まれている。

サウジアラビア-フランスによる地域への犯罪的介入の規模を考えれば、この二国がイランとヒズボラ攻撃を狙った言説を推進しているのは滑稽だ。

だがこの偽ものが、無批判な欧米マスコミと、進歩派、リベラルの教養ある政治家というイメージを身につけたフランスのマクロン大統領によって信憑性を与えられているのだ。

11月8日、アブダビで、マクロンがルーブル美術館を開館した際に演説し“芸術の利点”は“憎悪の言説”を克服する治癒力の源泉だと賛美した。彼は、美術館は“美、普遍性、創造力、理性と友愛を擁護する”だろうと述べた。

この胸くその悪い身勝手さは、むしろ、もったいぶったフランス似非哲学のように聞こえる。A load of高遠に聞こえる御託兵器を輸出し、紛争をあおっている残虐なフランス国益の実態を隠し、何か素晴らしく優しく、開明的なものであるかのように見せる。

翌日、アブダビでの“感動的”演説の後、マクロンは予定外で、リヤドに飛び、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子と会談したと報じられている。これはレバノン首相サード・ハリーリーが、まだ彼の意思に反して、サウジアラビアの首都に留め置かれていた時のことだ。

一週間後、11月15日、ダ・ヴィンチの肖像画‘サルバトール・ムンディ’がニューヨークのクリスティーズ美術品競売で売りに出た。先週まで買い手は不明だったが、ニューヨーク・タイムズが、540億円もつぎ込んだのは皇太子MbSだったと報じた。こういう疑問が生じる。32歳という若さのサウジアラビア専制君主は、教養あるフランスの友人マクロンの助言で、多少の良い国際広報になるよう行動したのだろうか? 確かに画策の雰囲気は感じられる。

サウジアラビア王位継承者によるこの放漫な金遣いは、彼と共に支配している徒党が、賄賂と不正利得に対する厳重な取り締まりと称するもので、約200人のサウジアラビア王族連中を逮捕するという具合の悪い時期のものだ。気後れからか、サウジアラビア支配者は、後にMbSが買い手だというのを否定し、そうではなく、アブダビで、ルーブルの代理人として動いていた皇太子のいとこが、尊ばれている芸術作品を取得したと主張している。

ダ・ヴィンチの‘世界の救世主’の正確な買い手が誰かの真実が何であれ、いずれにせよ、フランス国家とサウジアラビア君主国が、イメージをきれいに見せかける身勝手な行為にふけっていることは明らかなように見える。両者は、高尚な文化と宗教的神聖さを、文明と善行のイメージを投影する手段として利用しているのだ。

特にマクロンは、サウジアラビア支配者のための洗練された広報代理人をつとめ、サウジの酷く汚れたイメージをきれいに見せかけている。引き換えに、マクロンが、儲かる将来のフランス兵器の対サウジアラビアと、対首長国への輸出を確保したのは確実だ。サウジアラビアは、フランス兵器産業の最大輸出市場なのだ。

フランスのサウジアラビアとの兵器取り引きは、イエメンやシリアにおける無辜の人々の虐殺に直接責任があるのだ。同時に、フランス外交の詭弁は、サウジアラビアによるレバノン内政破壊の隠蔽だ。ところが、サウジアラビアと、そのフランス広報大統領エマニュエル・マクロンは、地域への介入のかどで、イランとヒズボラを非難するあつかましさだ。

これはまさに“芸術の利点”だ。つまり欺瞞という芸術の。

記事原文のurl:https://www.strategic-culture.org/news/2017/12/12/france-macron-and-saudi-prince-artful-deception.html

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

シリア - ISISは敗北した - 次はアメリカだ

2017年12月13日 (水)

シリア - ISISは敗北した - 次はアメリカだ

2017年12月11日 
Paul Craig Roberts

皆様のウェブサイトをご支持願いたい。

アメリカは本当に超大国だろうか、それとも地上最大のまぬけの寄せ集めだろうか?

シリア - ISISは敗北した - 次はアメリカだ

ワシントンは既にシリア戦争で一度敗北した。今や二度目の敗北を喫しようとしている。

数日前、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がシリアでの“完全勝利”を宣言した。
“二時間前、(ロシア)国防大臣が、テロリストを完全に打倒して、ユーフラテス川東岸と西岸での作戦は完了したと私に報告した。”

シリアとイラクの政府を支持する部隊のイラン人司令官が、ワシントンに、シリア国内に残るあらゆるアメリカ軍は打ち負かされるだろうことを知らしめるべく、アメリカに通知した。

“イラン革命防衛隊ゴドス部隊司令官ハッジ・ガーセム・ソレイマーニー少将が、シリア内のアメリカ軍最高司令官に、アメリカ軍の全部隊を最後の一兵卒まで撤退するよう‘さもないと、地獄の釜の蓋が開く'という助言”をロシア経由で、口頭で通知した。

“アメリカ軍司令官への私のメッセージはこうだ。ISIS(「イスラム国」集団)に対する戦闘が終わったら、シリア内のアメリカ軍兵士は認められない。自らの意思で撤退するよう助言する、さもなくば撤退を強いられることになる。” http://www.informationclearinghouse.info/48387.htm

報道によれば、アメリカも例外でなく、シリア全土の解放を主張しているシリアのアサド大統領が決定する限り、イランはシリア内に留まることをロシアは確認した。シリアの一部を占領し、ISISを復活させるというワシントンの計画は、この目的のために犠牲にされる全てのアメリカ軍兵士たちと同様、暗礁に乗り上げている。

報道によれば、マイク・ポンペオCIA長官は、ワシントンは“あらゆる攻撃はソレイマーニー司令官とイランの責任だと考える”と主張して、アメリカ権益を攻撃するイランの意図に対する懸念を表す書簡をソレイマーニーに送った。

報道によれば CIA書簡は何の効果もなく、完全に蔑視された。

“最高指導者アヤトラ・アリ・ハメネイの首席補佐官ムハンマド・ムハンマディ・ゴルパイエガニは、ポンペオ書簡を送ろうというこころみについては認めたが、‘更に付け加えることは何もないので、ソレイマーニーは読むことを拒否した’とのべた。地域の情報源は、アル-ハサカで活動している、ダマスカス政府に忠実なクルド人部隊が、アメリカ軍に対する戦いで進んで先陣を切る可能性が高いと考えている。こうした部隊の多くはシリアに忠実だ。彼らは、シリア領内のあらゆる占領軍や、シリア分割に反対だ。”

ベイルートでのイスラム過激派による二度の自爆攻撃で、数百人のアメリカ海兵隊員とフランスの落下傘兵が死亡した1983年の出来事についての言及がある。この攻撃の結果、アメリカ軍は大急ぎで撤退した。将来は、この過去の出来事と良く似たものになるのかも知れない。http://www.informationclearinghouse.info/48388.htm

これは偽ニュースかも知れない。もしそうでなければ、アメリカ合州国、その政府と国民が受けた屈辱は、ネオコンと、連中のアメリカ世界覇権というドクトリンの仕業によるものであることを我々は受け入れなければならない。アメリカにイスラム教徒と16年間も戦争をさせているのはネオコンだ。アメリカに、シリアにおける屈辱的な敗北をもたらしたのは、オバマとヒラリーを通して動いているネオコンだ。

ネオコンの人数はごく僅かだ。アメリカ国民は一体なぜ連中を容認しているのだろうt?

トランプは一体なぜ連中を逮捕させないのだろう? 連中は骨の髄まで反米、親イスラエルだ。ネオコンは、アメリカ国民と全人類の最悪の敵だ。

ロシア人は、ワシントンの傲慢さには、つくづくうんざりなように見える。https://www.rt.com/news/412590-russia-us-syria-air-force/
ロシアの対ISIS攻撃を妨害しようとした、アメリカの劣っているF-22をSu-35が追い払ったロシア国防省のコナシェンコフ報道官は、“シリア国内のアメリカに属する空域”があるという事実に関する、アメリカ軍幹部によるあらゆる主張は“不可解だ”と述べた。コナシェンコフ報道官は“シリアは主権国家で、国連加盟国であり、つまりアメリカ‘自身の’空域などあり得ない。ロシア空軍とは違って、アメリカが率いる連合は、シリア国内で、いかなる法的根拠もなしに活動している。”とも述べた。

ワシントンは、中東で、その指導力を浪費していることに気がついて、撤退するのだろうか、それともワシントンは、アメリカに更なる屈辱を与えるのだろうか?

Paul Craig  Robertsは元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼 の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Orderが購入可能。

----------

送金方法について:

会社の品格を信じていない、あるいはその政治傾向に反対なので、PayPalを使いたくないという方々は、Stripeを使われるか、私ではなく、Institute for Political Economyを受取人とする小切手を下記宛てにお送り頂ける。
Wells Fargo, 23046 Panama City Beach Parkway, Panama City Beach, FL 32413.

外国の方々で、国際的にStripeがお使いになれない場合には、Institute for Political Economyを受取人とする郵便局の為替証書を、上記銀行住所宛てにお送り頂ける。PayPalを信じないということが、このウェブサイトをご支援されない口実にはなるまい。

ゆうちょ銀行 住所あて送金

記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2017/12/11/syria-isis-defeated-u-s-next-line/
---------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

露軍参謀総長:露日間で防衛連携を拡大していく用意がある

 

露軍参謀総長:露日間で防衛連携を拡大していく用意がある

露軍参謀総長:露日間で防衛連携を拡大していく用意がある

2017年12月11日 15:40(アップデート 2017年12月11日 15:57)短縮 URL
1181

ロシア軍のゲラシモフ参謀総長は日本自衛隊の河野克俊統合幕僚長との会談を終えた後、露日の防衛面でのパートナー関係の強化がアジア太平洋地域の安全と安定保障において重要な役割を演じていると述べた。

スプートニク日本

 

ゲラシモフ氏は、両国の提携は力強く発展していると評価。今年3月には外務・防衛閣僚協議(2プラス2)が再開されたことに言及し、「昨年何度か実施された両国首脳会談での合意に基づいた防衛機関の連携を拡大していく用意がある」と強調した。

 

また防衛面でのパートナー関係の強化は露日両国の国益に適っており、アジア太平洋地域の安全と安定の保障において重要な役割を果たしているとの確信を示した。
ゲラシモフ氏は今回の来日日程の中でまず、非戦闘時の業務遂行時に殉職した自衛隊員の慰霊碑を訪れ献花を行った。

関連ニュース

ロシア軍参謀総長が日本を実務訪問

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ロシア軍参謀総長が日本を実務訪問

 

ロシア軍のゲラシモフ参謀総長

ロシア軍参謀総長が日本を実務訪問

12月11日 15:08(アップデート 2017年12月11日 15:18)短縮 URL
1231

日本を実務訪問したロシア軍のゲラシモフ参謀総長は、自衛隊の河野克俊統合幕僚長と国際・地域安全保障問題を協議する予定。ロシア国防省が伝えた。

スプートニク日本

 

同省の発表によると「ロシア軍のヴァレーリィ・ゲラシモフ参謀総長は日本自衛隊の河野克俊統合幕僚長との会談を行う実務訪問のため日本に到着した。会談では国際・地域安全に関する喫緊の問題を協議する予定」とされている。

 

同省はまた、露日間関係の肯定的な傾向はプーチン大統領と安倍総理の複数回に及ぶ会談によって認められるようになったと評価。今年は日露外務・防衛閣僚協議(2プラス2)が3年ぶりに再開し、今回の参謀総長訪日に至った。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

シリアとイラクでの軍事状況2017年12月14日(地図更新)

シリアとイラクでの軍事状況2017年12月14日(地図更新)

  新しい 寄付

 

この地図は、2017年12月14日にシリアとイラクの軍事状況を概観したものです。

シリアとイラクでの軍事状況2017年12月14日(地図更新)

  新しい 寄付

 

サウスフロント

あなたはこのコンテンツが好きですか?私たちを助けてください!

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

トランプ、ネタニヤフ、モハマド・ビン・サルマン:新自由主義世界秩序の破壊者

トランプ、ネタニヤフ、モハマド・ビン・サルマン:新自由主義世界秩序の破壊者

トランプ、ネタニヤフ、モハマド・ビン・サルマン:新自由主義世界秩序の破壊者

 新自由主義 世界秩序は 回復の兆候で、今いくつかの年のための危機にありました。 トランプの勝利は、アメリカ人と全国的なエリートの間の信頼の違反の表出です。

パーフェクトストーム。これは、中東の状況がどうなっているかです。地域のますます多くの出来事は、微妙な力のバランスの画期的な変化に向かっているように見えます。

ダマスカスと同盟国によるシリアのテロリズムの勝利に続いて、中東における権力のバランスが急速に変わった。モスクワの新たな役割は、イランが実質的に無制限の宇宙空間を操ることを保証することである。 シリアの新たな  イランの軍事基地は、ロシアとエジプトの合意に  沿っ  て、テロとの戦いの共通分野の創設を目指す。

この複雑な文脈では、ドナルド・トランプは、この地域における米国の利益の破壊者として現れています。シリアのクルド人シリア民主化軍(SDF)とアメリカ人の協力を見れば、アンカラとワシントンの間のすべての問題の起源を知ることができます。トルコは、かつてオバマ大統領と国務省の中心戦略のひとつであった中東や北アフリカを不安定化させる方法として政治的イスラム教(ムスリム同胞団)を採用していました。トルコは現在、モスクワ、北京、テヘランの多極的な環境に向かっている。これらの3カ国が果たした役割は、カタールのようなイスラム過激派の同盟国だけでなく、同盟諸国の間でもうまく操縦することを可能にする。

トルコは、その地域が存在する繊細なバランスの一例に過ぎません。モスクワはすべての当事者にとって唯一のメディエーターになっており、いずれかとの関係が悪いとは思われません。サウジアラビア 人はロシア人からS-400システムを買うつもり  です。ネタニヤフはイランに対する何らかの支配力を維持するためにモスクワに影響を与えようとするが、役に立たない。ムハンマド・ビン・サルマン(MBS)はさらに、トランプと義理の緑色の光のおかげで、数十人のサウジ当局と金融業者(クリントンとオバマに非常に近い)を逮捕し、イエメン人に対して大虐殺を行い、ワハビズムイスラム教徒地域のすべての国のテロリスト、明らかに効果がないことが判明している準戦争でカタールとのすべての関係を断つ。

ネタニヤフは、この無秩序な混乱と米国に忠実な派閥の中で、レバノンの領空から発射されたイスラエルのミサイル がシリアで  撃墜されているのを見ている。MBSは彼の生徒がハリリを辞任することさえできない  イエメンのサレハも 、ホウティスを裏切って放棄した後で殺されました  。 アブダビ  と  リヤド  は自宅に近い彼らの無意味な軍事選択の結果に直面して、彼らがハチ軍から発砲しているのを見いだしている。イスラエル共和国では、ネタニヤフ政府が汚職スキャンダルの海に溺れている。彼の辞任を求めている街頭のデモ隊 着色された革命はマスターの手を噛むように戻りますか?同様のシナリオを回避するために、サウジアラビアは、石油価格の下落と財産の流出によって福祉が悪化したため、MBSはすべての相手を逮捕して奪うことにしました。トランプは、これらの行動の結果を気にするようではなく、アジアの西平鎮と中東のプーチン大統領との最高レベルのイベント調整に注意を払っています。

トランプは、国内問題を分類する代わりに、グローバルヘゲモニーを達成するという不可能な目標を放棄して、賢明な選択をしました。彼は選挙人の勢力に尽力しており、この目的のために、2020年の再選を目指して米国経済を再開するために、同盟国から可能な限り多くの資金を引き出すことを目指す。

この意味で、地球の特定の地域でのトランプ行政からの関心の欠如は象徴的です。トランプとモディの間の化学は良いと思われるが、国境紛争によって高まったインドと中国の緊張はそれにもかかわらず解消したようだ  ネオコンがロシアと中国を分裂させなかったことから、インドと中国の国境の緊張も今消えているようだ。加えて、ウクライナでは、キエフに致命的な武器を送る決定さえも軽視されており  、現在はサカシュビリが率いるカウンタークーデターに直面してい   ます(そうです、彼もまた彼です)。ウクライナは混乱状態にある国であり、邪悪な大西洋主義者の姿勢が悪質な反ロシアの政策でもたらした影響を直接経験している。

世界の残りの国々は、イスラエルの首都としてのエルサレムの認識のような、韻や理由なしにあらゆる方法の決定がなされている間、惑わされている。このシナリオで敗北する唯一の人物は、当然、米国の最も近い同盟国である:イスラエルとすべてのアラブ諸国がサウジ(金)国家の後ろに統一され、現在パレスチナの立場に立つことを義務づけられている。無能か戦略的にポジションを取ることができなくても、なぜこれらの決定が行われたのかは重要ではありません。Donald Trump、MBS、Netanyahuは、地域と世界が必要とするものです。どうして?これらの3つの数字は、彼らの行動のおかげで、中東の抵抗線を再統合し、ロシアのプレゼンスを強化し、再建のためのアジアの資金の門を開いたため、中国のベルトと道路イニシアティブの統合に重点を置いた。これら3つのストーグは、無謀な決断のおかげで全面的に敗北する扉を開いている。

ブロックチェーンのような新技術と金の重要性の再評価は、米ドルから多様化する冷酷な競争に付随しています。アメリカの軍事力は危機にあるが、ドルは世界の主要な準備通貨のままである。モスクワと北京は、相手方との提携を友だちにして固めさせることに加え、実質金利(金で支えられた通貨)に基づいて、ドル、中央銀行による金融投機バブルを弱体化させる新しい経済環境を創出することを目指しているそして、完全に架空の経済を完全に現実から切り離してしまったすべての金融システム。

トランプは米国に焦点を当てており、長期的には世界的な安定の恩恵である地球規模の問題には関心がないようです。その間、ロシア、トルコ、イランは、新しい経済的および軍事的解決策を用いて、世界的な混乱の震源地域を支配しようとしている。紛争地域における協力は 、平和維持として働くエジプトと中国の兵士との新たなレベルに達する可能性がある  これは、地域の平和を加速し、新たな多極世界秩序において軍事的に関与する諸国のスペクトルを広げるための別のロシアの傑作であるようです。

ネオリベラル・ネオコン・システムの危機は明らかであるが、宣伝には今まで以上に有用だったメディアは、誤った人工的な現実を描こうとしている。主流のメディアがアメリカの選挙に影響を与えようとしている凶悪なロシア人のおとぎ話を世界の視聴者に売ろうとすると、絶望感が強くなる。それにもかかわらず、証拠が提出されていない他の名誉毀損的主張は、ロシア国内オリンピックチームとドーピングの疑いを伴います。RTに対する検閲のような彼らの小さな勝利は、古い新世紀の世界秩序の真の邪悪な顔を示している。

MBS、ネタニヤフ、トランプは、西部と中東のすべてが間違っていることを表しています。彼らが生き残ろうとすればするほど、真のジェノサイドの顔(イエメンやパレスチナのような)を明らかにしたり、あらゆる政治的動きが米国に有利に働くことを公然と認めているトランプの「アメリカファースト」の教義は、それをかなり公然とはっきりと示している)。

新自由主義秩序は、主流のメディアによって故意に犯された欺瞞に基づいている。彼らは事件の特定の党首のような見方をするためにニュースを曇らせます。このような好戦的で非人道的なドリフトに強く反対する人にとっては、MBS、トランプ、ネタニヤフの三分の一の可能性が提示される機会を利用しなければならない。新自由主義の偽善を一掃することによって、西側の支配するエリートの残虐性を示すことがより容易になる。このような可能性の低いトリオは、さまざまな地理的領域での提携や友好関係を強化し、この暖かい世界秩序に反対するほぼすべての軍隊を結集させる意外な効果を達成しました。

南アフリカとアジアを通る北アフリカから中東まで、ワシントンはもはやすべての決定を左右するユニークな声ではありません。過去とは違って、ワシントンはもはや他国を選択するのではなく、その軍事的および経済的弱点を明白にすることを避けるために参加しないことを好む。世界の舞台からの撤退は、特に状況によって強制されるのではなく、自分の意志で成就して推進される場合の戦略である。

タグ: 中東  新世界秩序 
46
20
8
2
3

関連記事

米国の新しい動き:イランとの戦争は、我々が考えるよりもはるかに近づくかもしれない

アレックスGORKA | 05.12.2017

これらの日に中東でのショットをしているのは誰ですか?それはトランプではない

編集者の選択 | 30.11.2017

米国の外交政策:別のトランプ組織、Inc.財産

ウェイン・マドセン | WAYNE MADSEN 30.11.2017
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ロシア、中南米:軍事協力の有望な見通し

ロシア、中南米:軍事協力の有望な見通し

ロシア、中南米:軍事協力の有望な見通し

ラテンアメリカは、ベネズエラとニカラグアが最大のバイヤーであり、2000年から2016年の期間に他の国へのロシアの武器販売のわずか4.6%を占めた。ロシアはラテンアメリカの武器市場における武器販売のシェアを拡大するために歩みを進めている。

米国とEUが課した制裁により、ロシアは他の世界経済との経済的接触を促進した。ラテンアメリカはちょうどそのような機会を提示しているようです。モスクワは、特にブラジル、ベネズエラ、コロンビア、アルゼンチン、メキシコ、チリ、キューバなどで強力な外交的プレゼンスを誇っています。メルコスールは3億人、1兆ドル以上のGNPを抱えており、大半の大陸を含む南米諸国の巨大市場です。

ウラジミールプーチン大統領は、第3回ガス輸出国サミット(11月20-24日)フォーラムの傍観で、ボリビアのエボモラレス大統領と会談した。 エネルギー、エンジニアリング、特定のハイテク分野に関心があります。我々は軍事技術協力においても協力し合う準備ができている」  と述べた。

ロシアのエネルギー大手  ガズプロムはボリビアで活動している。それ  は2016年にIncahuasi分野で生産を開始し、2018年にAzeroブロックの掘削を開始する予定です。GazpromはLa Ceiba、Vitiacua、Madidiの炭化水素の掘削に興味があります。今年の初め、Solneoes Basinで掘削井の支配権を購入した後、Rosneftはブラジルのアマゾン地域で石油探査を開始した。

ボリビアはまた、ロシア製の武器輸出のための肥沃な土地でもある。ボリビア空軍の指揮官は、   ラパスが ロッキードT-33の代わりにロシアのYakovlev Yak-130「ミッテン(Mitten)」軽攻撃航空機を取得するよう勧告した  ボリビア陸軍には、以前はロシアの装備を考慮した新たな装甲輸送と戦闘車両の継続的な要件があります。両国は、 8月に防衛協力協定に調印した  。これは、ロシアがボリビアへのより大きな武器移転の第一歩に見える。これははるかに広い画像の一部です。

ロシア安全保障理事会のニコライ・パトシェフ(Nikolai Patrushev)国務長官は、12月6日にブラジルとアルゼンチンに連れて行ったラテンアメリカの2日間の旅を終えた。国家安全保障分野における二国間協力と法執行機関と情報機関との協力が議題に上った。ロシアの代表団には、連邦軍事技術協力連盟の責任者が含まれていた。その役人がチームの一員であることは正当な理由がありました。

この大陸    、2000年から2016年の間に、他の国へのロシアの武器販売の4.6%しか占めておらず、ベネズエラとニカラグアは最大のバイヤーであった。ロシアはラテンアメリカの武器市場における武器販売のシェアを拡大するために歩みを進めている。今年は4回の防衛展に参加しました。  ロシアの武器輸出業者Rosoboronexportのマーケティング活動部長であるAlexander Denisovは、ボゴタ(コロンビア)のExpodefensa 2017武器展示会で、「ロシアはラテンアメリカ諸国の武器市場における地位を強化するために大きな注意を払っている」 と述べた。 12月4日〜6日に開催された。Rosoboronexportの展示スタンドには250種類以上の兵器システムと軍事機器が搭載されていました。

Su-35とSu-30MK超機動型多目的戦闘機とMiG-29M多列戦闘機、Mi-28NE、Ka-52、Mi-35M戦闘ヘリコプターとMi-26T2ロシアがラテンアメリカのバイヤーに提供できる最も有望な兵器システムは、重輸送ヘリコプター、Pantsir-S1対空ミサイルと砲撃システム、Antey-2500長距離防空システムである。

潜在的なラテンアメリカの顧客は、ロシアの防空システム、特にPantsir-S1防空ミサイル/銃システム、Tor-M2KMシステムおよびBuk-M2E SAMシステム、Igla-S MANPADSに魅了されています。Mi-17、Mi-26T2およびAnsatヘリコプターは一般の注目を集めています。プロジェクト20382タイガー級小型巡視船(コルベット)、プロジェクト14310ミラズ級パトロールボート、プロジェクト636大型ディーゼル電気潜水艦は、大陸の各国の上級海軍将校の注目を集めています。

ロシアの地上軍の武器や武器は、犯罪、テロ、ドラッグマフィアと戦うために特別な事業部門でも使用されており、需要があるようです。

ロシアとアルゼンチンは、ロシアのMiG-29戦闘機の買収について協議している。ブラジルは、ロシアのPantsir-S1air防衛ミサイルと砲撃システム、そして既にその国に売られているIgla-SポータブルSAMの購入に興味を持っている。
コロンビア、ペルー、ベネズエラ、ウルグアイ、アルゼンチンは、現在シリアで活動中のSukhoi Su-30戦闘機などのロシア戦闘機の購入に関心を示している。

コロンビアへのロシアの武器配達は、20年以上にわたって5億ドルに達している。コロンビア軍は20機以上のロシアMi-17輸送ヘリコプターを運航しています。

他国への武器販売を担当する機関であるRosoboronexportは、現在、地上の武器と航空機の両方について、アルゼンチン、ブラジル、コロンビア、メキシコ、ペルーのいくつかの入札に参加しています。モスクワは ラテンアメリカ諸国でロシア製の武器や軍用機を製造するためのライセンス生産施設設立する用意がある  また、ラテンアメリカ海軍の船舶の共同設計および建設にも参加する準備が整いました。

11月下旬、ロシアは、アルゼンチンのサンフアン海軍潜水艦の乗組員を救助するための国際的な努力に加わりました  。 それは遠隔制御された装置を展開して海を曳航する。ロシアのアントノフ機が 納入パンテラプラスソナーを伝導することができる、無人潜水艇は、千メートル(3300フィート)の深さまでスキャンします。それはYantar  科学探査船と一緒に捜索救助活動を行った  

2015年に  コミットさ れたYantar 、mini-subsへ母船として行動することができ  ます。Konsul 級潜水艇は、最大6,000メートル(2万フィート)の深さで動作すると報告可能です。複雑な水中操作のためのマニピュレータやその他の装置も装備されています。船自体には高度な検出器があり、潜水艦の正確な位置を決定します。

これは、ラテンアメリカ国家との軍事協力の良い例です。アルゼンチンで実証されたロシアの水中捜索救助装備は、潜水艦を操縦している国にとっては興味深いものです。ラテンアメリカはもはや米国の裏庭ではなく、軍事を含むあらゆる分野の協力の見通しが有望であり、両者に関心が寄せられている。 

7
6
2
3
2

関連記事

米軍はベネズエラ危機を解決しないだろう

編集者の選択 | 22.08.2017

ブッシュ大統領とオバマ大統領のベネズエラに対するトランプの脅威

ウェイン・マドセン | WAYNE MADSEN 21.08.2017

トランプ大統領、ベネズエラを米国の攻撃を受ける可能性が最も高い国のリストに含める

ANDREI AKULOV | 13.08.2017
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ