goo

ロシアの軍事撤退はアサド大統領に「妥協」を促すだろうか?

特集:ウラジミールプーチン大統領とハミミム空軍基地、バシャール・アサドとの会合、2011年12月11日(出典:オリエンタルレビュー)

ロシアはISIS-Daeshの敗北の後、シリアから航空宇宙軍の大部分を撤退する権利があり、アサド大統領に「野党」との「政治的妥協」を促すことになるだろう。

プーチン大統領の  驚い  たシリア訪問は、ロシアの指導者が、アラブ共和国からの航空宇宙軍の大規模な撤退を発表した。モスクワは本当にダエシュが敗北し、シリアでの本来の使命が達成されたと確信している。ロシアの2015年の反テロの介入は、この国際テロ脅威を破壊する必要から開始されたが、他のより地方で活発なテロ組織もまた、事件の過程で排除の標的になっていることを銘記する必要がある。

当時からいくつかのAlt-Mediaプラットフォームで共有されていた期待や誤解を招く推論の一部とは対照的に、  ロシアは「アサドを救う」ためにシリアに関与しなかったが、国家の憲法秩序を保護し、テロリストに落ちるように。 この目的のために、ロシア外相のSergei Lavrov e ven  は  、

「アサドは私たちの味方ではない。はい、私たちはテロとの戦いやシリアの国家を維持するために彼を支援します。しかし、彼はトルコのような味方ではなく、米国の同盟国であり、この点を忘れられないように追いやっている。

ISIS-Daeshが敗北したことで、ロシア軍がシリアに積極的に配備されているという「正式な」理由はないがプーチン大統領は、モスクワが引き続き2つの拠点テロリストが突然戻った場合、行動することを躊躇しないだろう。ロシアが "テロリスト"の意味を明確にすることが重要なのは、この時点である。ダマスカスとは異なり、モスクワのこの言葉の解釈は、アスタナとジュネーブの平和的国際平和プロセスに参加している武装した「中立的反抗反対派」には及ばない。

これは、シリアのアラブ軍(SAA)に対するロシアの反テロ援助の正当な範囲を決定するため、理解の重大な違いである。ダエシュは敗北したものの、ユーフラテスを越えて北東全土は、クルドが率いる "シリア民主勢力"(SDF)の支配下にあり、残りの3分の2をアメリカの支援で「連邦化」することを頑なに意図している。同様に、シリアの残りの地域ではすでに4つの「脱エスカレーションゾーン」(DEZ)が活動しており、これらの場所でSAAと武装した「野党」を分離することは基本的に機能している。

アサド大統領は一度、シリアのあらゆる場所 "を解放することを約束したが、彼が相手と "妥協"しない限り、今や国のその部分を解放することはできない。プーチン大統領は、なぜ後知恵で、これはあるかもしれない  と述べた  先月の間、  ソチサミット  彼のイランとトルコのカウンターパートとのこと

改革のプロセスは容易ではなく、当然、シリア政府を含むすべての参加者からの妥協と譲歩が必要となることは明らかである

ロシアは今までそれがDEZが扱っし、アスタナに招待、それは彼らが現在占有し領土の上にその権限を擁護したい場合ダマスカスは彼らと「妥協」を強要される署名したことを「適度な野党の反政府勢力を」ターゲットではないでしょう。

同じ状況がPYD-YPGクルドにも適用されます。シリア北東部とアメリカの10拠点の2000年の米軍は、SAAが軍事的にこの地域を再統合することは不可能であるため、ロシア語で書かれた「憲法草案」に含まれているものからモデル化されたある種の「地方分権   おそらくDEZ(クルド人が管理する第3国が最終的に指定されるかもしれない)が  変わった 「地方分権化」単位に変換する。ダマスカスがこれらの地域で秘密裏に計画している今後の解放作業には、SAAのイラン革命警備隊(IRGC)とヒズボラの同盟国は、ロシアの航空宇宙軍の重要な空力を欠いているため、あまり役に立たないだろう。 2015年後半の最初の戦争の潮流。

彼らはまた、モスクワが確立するために非常に努力したDEZに違反している可能性があり、ロシアの閉鎖された扉の後ろに、あるいは公然として、それぞれの状況を厳重に批判している。プーチン大統領は、シリア戦争が次のステップに進むためのテンプレートとしてシリア国家対話議会」を提案して、軍事演劇から政治へと移行し始めたことを強く主張している。これが起こることを確実にする彼の国の力。

ダマスカスとSAAとデシェ間の国際社会における勝利に後押しされたダマスカスと武装した「穏健派の野党反乱軍」との間の紛争の「内戦」の次元として、ロシアが軍事的に関与することを拒否したことは、モスクワが現在「政治的解決策」に到達するための外交努力のすべてを強化する。これらの背後にはいくつかの理由がありますが、一般的な実用主義を共有している国内外の課題で広く分類できます。

プーチン大統領は、自宅の前で、自国にテロとの戦いを勝ち取ろうと約束した。任期の3分の1(約2年)しか経っておらず、米国のように無期限に引っ張っていない8倍以上の時間をかけて行われます。彼と彼の有権者は、ロシアが常に恐れていることに抱かれていることを、彼らが今や「内戦」の文脈であると信じている間に軍事作戦を続けることによって、アフガニスタンのような泥沼になるのを見たいとは思わない。さらに、ロシアのシリアへの関与を縮小することで、連邦政府は、プーチン大統領の第4期任期中に数億ドルを国内プロジェクトにリダイレクトすることができ、この選挙シーズン中に彼の民衆主義的信任状を高めることができる。

ロシアがおそらく外交イニシアチブに焦点を当てる理由の背後にあるもう一つの理由は、この複雑なプロセスがユーラシア大陸における最高の安定化勢力になるモスクワの21世紀の「バランシング」行動を促進する役割を果たすからですシリアからロシアの航空宇宙軍の大部分を撤収し、アサド大統領が「政治的妥協」をもたらすような条件を作り出すことによって、ロシアはトルコ、クルド人、  イスラエルサウジアラビアとの  戦略的関係を強化することを期待し  ている。新たな多極的世界秩序の展望を目指す目線  アフロユーラシアの三大陸の交差点のこの重要な場所にあります。

さらに、 ロシアは、シリアに対する挑発的な空中操縦を米国に告発し直後に撤退することによって  、「善意」の「オリーブブランチ」をグレートパワーのライバルに広げ、ワシントンが準備が整ったら関係を正常化することを熱望している往復する。ロシアと米国が、シリアのクルド人の連邦勢力の運命をめぐる「紳士協定」に達すると、最終的に進歩を遂げることができた。両国とも、SAAとSDFの現地パートナーを奨励して、両国間のユーフラテス川境を越えることを控えるようにした。

以上を念頭に置いて、ロシアが発表したシリアからの軍事的撤退の意義は、単にダエシュの敗戦を意味するものよりもはるかに大きいが、アサド大統領に「政治的譲歩」を促すための思慮深く広範な計画を指摘する中東におけるロシアの全体的な「均衡のとれた」役割を強化する手段としての「反対」を、多極性の「より良い」ために、このプロセスが米国との関係においても画期的な進展をもたらすことが期待されていますが、このような期待は、シリアを通じた「建設的な」米ロシアの相互作用の見通しにもかかわらず、クルド人 - 特に、シリア北東部で自ら宣言した「連合」を「制度化」することに成功した場合、見逃してはならない。

アンドリュー・コリブコAndrew Korybko)はアフリカ・ユーラシアにおける米国の戦略、中国のワン・ベルト・ワン・ロードの新しいシルクロードの世界的ビジョン、ハイブリッド・ウォーフェアの関係を専門とするアメリカのモスクワ系政治アナリストです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ISISがシリア軍を激しく攻撃したため、米国の支援軍がユーフラテス渓谷でより多くの地位を獲得(地図)

シリア軍、アブダリに向かって、別の町を解放 - レポート

  299 寄付

 

シリア軍、アブダリに向かって、別の町を解放 - レポート

ファイル画像:mod.gov.sy

12月12日、シリアのアラブ軍(SAA)と国防軍(NDF)は、浜名湖のハマト・タフリール・アル・シャム(以前はアルカイダのシリア枢機卿)に対し、政府機関。

SAAとNDFはZahraaの町に進んで、それと近くの高さをHayat Tahrir al-Shamから解放しました。その前進の中間目標は、アブダリの村であり、政府軍に必要な重要なポイントの1つであり、イラクの武装地帯に勢いづいていくことになるだろう。

12月10日、政府軍隊は、ザファリア、ボウルス、ウム・トゥレーキヤ、ルジュム・アル・アマル、シャイアブ、ムシャイリフア、アル・ハウイアを武装勢力から解放した。

  299 寄付

 

サウスフロント

あなたはこのコンテンツが好きですか?私たちを助けてください!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

シリアでの戦争は終わりましたか?

2017年12月12日 投稿者:アレクサンダー・オルロフ
 

シリアでの戦争は終わりましたか?

T5345345

12月11日、エジプトへの彼の方法で、ロシア大統領は、シリアから撤退軍彼はDAESHの敗北でロシアの兵士を祝福し、ロシア軍の初めに発表Khmeimim、中底をオフに停止しました。実際には、Khmeinim空軍基地でプーチン大統領との会談で、ロシアの航空宇宙軍の代表がシリアからの航空機の撤退は、12月11日に開始すると述べました。

これは奨励し、2011年以来、米国、サウジアラビア、カタールによって支払わされてきたシリアの内戦は、終了したことを意味するのでしょうか?いいえ、それはしていません。しかし、ロシアの航空宇宙軍、軍事顧問、および特殊作戦部隊の行動のおかげで、DAESHはもはや独自の領土と行政との強力なテロ組織であることを言わないことが可能です。これは、12月9日にDAESHは文字通り一日中で蒸発させ、世界のすべての報道機関からの報告により確認されています。その過激派がどこにも行っていないことは事実です。彼らはただの都市や他の人口密集地に眠る細胞を形成し、小グループや隠しに分かれ、地下行っています。DAESHとの戦争の終わりまでにこれらの「イスラムの戦士たちは、」30万から25,000までの数で落ちていました。

しかし、25,000人がたった一日で消えることはできません。以前、この夏から始めて、そのうちのいくつかは、欧州諸国とロシアの両方を含め、countries-に帰国していました。かなりの数は、リビア、アルジェリア、アフガニスタン、エジプト、ナイジェリア、他の国の範囲に移動してきました。しかし、大多数は、ちょうど薄い空気の中に消えてしまったように見えます。これは、我々はシリアとイラクの外を含め、このテロリストグループを戦うための新しい方法を採用するために準備する必要があることを意味します。そして、アラビア語、アフリカやアジアの国々では、だけでなく、EUと米国は、ロシアではだけではなく、同様。このような状況で必要とされていないとロシアの正規軍、軍事顧問および航空宇宙軍 - DAESHは、テロやゲリラスタイルの戦争に従来の部隊で戦場に戦ってから移動しています。代わりに、テロリストに対処することは、国家安全保障サービス、諜報機関、警察や特殊部隊のための仕事です。ない軍隊のために。

シリアからの軍の撤退のプーチンの宣言は明らかに、彼らはすべてのままになることを意味するものではありません。彼らは絶対に不可欠なもののみを残し、数に削減されます。そして、不可欠な「軍事的プレゼンスは、「自分自身を守ることができるように十分な人々」と解釈される可能性があります

他に何かが指摘されるべきである:ロシアのとき、それは秋2015年にあったようDAESHは、  航空宇宙軍 と軍がシリアに到着し、  破壊されました。しかし、   疑問は残る: これは、シリアの内戦の終わりを意味するのでしょうか?それはwasn " トンのDAESH 解き放た一緒に湾岸協力会議諸国で、武装と西によって賄わ戦争を、しかし、シリアの反対を、トルコ、ヨルダン、サウジアラビア、カタールで訓練を受けました。そして、その力がいる、確かではないされて破壊されました。 彼らはしている の安全性を楽しんで               - エスカレーションゾーンはアスタナ契約に基づいて設定します。そして、彼らの政治的指導者たちは、様々なEU、国に住んでいる間アサドの出発を呼びかけ、カタール、トルコでされています。タハリールアル・シャム、アル=ヌスラ戦線と他の多くの小さな過激派の派閥:そしてDAESHの一部ではない他のテロ組織があり、その力は敗北されていません。彼らはダマスカスGovernorateの中、彼らは定期的にシリアの首都でのロシア大使館で迫撃砲を発射するところから、だけでなく、ハマ、イドリブ、Lakatia、アレッポで、南とシリアの南西で活動しています。  

シリアの東の全体は、同国の石油・ガス田の2/3を制御し、同国の中央で制御されることに戻って何の願いを持っていない(米国でサポートされている)シリアの民主軍、クルド人からの制御下にあります政府。ポジションイスラエル空軍の火の下に絶えずあるシリア、イランのイスラム革命防衛部門とヒズボラのユニットもあります。最近千DAESHの闘士までのイドリブを入力し、タハリール・アル・シャム軍と戦いました。そこで、彼らは国の北部にすでに存在しています。

シリア-MAP-ガラス-102215

そう、  それはDAESHがもう存在しないというのは本当ではない場合でも、シリアでの戦争は継続し、多くの面でされています。そして、の政治プロセス  内部regulのationがクルド人と同じテーブルに座って、彼らと交渉するシリアの野党とトルコを得ることに成功していません。ロシアとイランの存在とは異なり、それが違法であっても、かかわらず、それはシリアの軍事プレゼンスが不可欠であると主張することができますように、このような状況は、米国の利益であることは事実です。唯一のトルコ人とイラン人は、状況に不満を抱いています。アンカラは、シリアの領土でクルド人のエンティティの作成を受け入れることができない、とテヘランは、それが困難イスラエルとシリアの国境に近い、特に、ロシアの航空宇宙軍の支援なしに地面に戦うことを見つけるだろう。

クルド人質問がレジェップとプーチンの会談で議題の主要課題の一つであることは明らかであるエルドアン 

もう一つの非常に重要な問題は、ビューの戦略的および地域的観点から、あります:DAESHの階層の破壊は、イラクのサダム・フセイン政権の打倒は全体の破滅的な結果を持っていただけのよう未来に実体化する可能性がある巨大なリスクをもたらしています地域。USA率いるイラクの事実上の占領は、アラブ世界全体で「カラー革命」のシリーズへの扉を開いただけではなく、表面にSunni-シーア派の対立をもたらしたが、それは新しいレベルに火災を許可しました強度の。しかし、U S 大統領は、  ジョージ・ブッシュ、       すべての後this-に無関心で、彼はそれ以上の社長ではありません。他の人は彼が左の混乱を整理しようとしています。ドナルド・トランプとプーチンは、例えば、トルコ、イラン、サウジアラビア、イスラエル、ヨルダン、レバノンなど地域の他の国々の指導者たちは言うまでもありません。

だから、シリアでの戦争に終わりの話をするのは時期尚早です。それは別のフロントラインで、新たな形で今継続しているが、。 同様に、DAESHは消えていなかったが、ちょうどその活動の新しい、地下、段階に入りました。そして、将来DAESHにリビア例えば、いくつかの他の紛争地域で準状態として浮上してくる可能性を排除することは不可能です。またはアブデルFattehエル・シシィさんはまだ、イスラム同胞団と戦っている強さに成長している、とシナイとペルシャ湾岸地域でのテログループエジプト、中

米国サウジアラビア・イスラエル連合とイランが率いるシーア派連合の間でフェイスオフ:そして地域のために最も重要な疑問が残ります。エルサレムのイスラエルの米国大使館、イエメンの状況を移動するための提案は、物事が遅れているが、地域におけるイランの位置に打撃を対処するための3党連立政権の決意に影響を与えていません。ほとんどの米国のクリスマス休暇の後に2018年に再び上昇する可能性が高い、とロシアの大統領選挙に近いクローズドこれが問題であることを意味するものではありません。限り、サウジアラビアの現政権は、皇太子が率いる弾圧の電流波形、ムハンマドビンサルマンの結果として崩壊しません。そして、フーシはアリAbdullehサレハの殺害後、イエメン情勢を安定させることができるかもしれません。

アレクサンダー・オルロフ、政治学者や専門家の東洋、  独占的にオンラインマガジン「のための新しい東見通し。
https://journal-neo.org/2017/12/12/has-the-war-in-syria-finished/

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ロシア海軍、必要な場合はプーチン大統領が発表した部分的な軍事引き出した後

 

プーチン大統領は月曜日に自分の仕事は主に行わ宣言、シリアから撤退を開始するためにモスクワ>軍事偶発の«重要な部分»を命じました。

世論調査は、三月に快適に再選されます示しプーチン大統領は、彼が大統領のアサドに会い、ロシア軍に対処ロシアHmeymim空軍基地へのサプライズ訪問中に発表を行いました。

«操作がテロリストからシリアとシリアの土地の解放を保存するという事実のおかげで完了した、幅広い規模の戦闘力の必要性はもはやあり、»クレムリンのスポークスマンドミットリー・ペスコブは言いませんでした。

しかし、彼はロシアがシリア> Sラタキア省とタルトゥース港の海軍施設内Hmeymim空軍基地を維持すると付け加えました。

«大統領はテロリストがシリアに再び<背の高い歩く>にしてみてください可能性があることを強調しました。その場合は、破砕打撃が行われる、»Peskovは語りました。

一方、シリアに展開ロシア軍の最初のグループは火曜日に帰国し、軍はプーチン大統領が発表した部分的な撤退を開始する、と述べました。

«シリア・アラブ共和国に展開(ロシアの)南部軍管区からの軍警察の大隊はマハチカラ(ダゲスタンの首都)空港への2つの軍用機が飛行しており、»ロシア軍は声明で述べています。

国営テレビは、ロシア>の北コーカサスに小さな共和国に晴れた滑走路に航空機の外に行進兵士の映像を放送しました。

火-22M3爆撃機の乗組員はまた、彼らの永久的なベースに飛び出す前に、北オセチアの軍事空港に戻って、軍は言いました。

ロシアは最初Daeshグループや他の過激派だけでなく、政府軍と戦う反政府勢力の双方を対象とその同盟国ダマスカスの支援に空爆をステージング、2015年にシリアの紛争でinteravened。シリアのロシアの展開の大きさが知られていないが、独立したロシアの軍事専門家パベル・フェルゲハウアーは、最大10,000軍と民間業者が競合に参加したことができるとAFPに語りました。

競合が残忍な弾圧をきっかけアサド>のルールに対する抗議して2011年3月に勃発したため、より多く34万人が殺害されています。

木曜日に、モスクワは、テログループは依然として国のいくつかのポケットを制御していても、Daeshからシリア領土の«総解放»を発表しました。

プーチンはタルトゥースのロシア> S空軍基地Hmeimimと海軍の施設の両方が機能し続けると述べました。メドベージェフ大統領は、彼がエジプトの社長アブドルファッターフ・アッ=シーシーに会ったエジプトに向かう途中、2010年に訪れたので、ロシアの大統領は、シリアのストップオーバー、国家のロシアヘッドによって最初に作られました。 - 機関

  • 出典:saudigazette.com.sa
  • 日付:2017年12月13日0:11
キーワード:シリア、ロシア、と述べ、軍事、代表取締役社長
 
 
関連ニュース
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

イドリブ攻勢を起動する準備ができてシリア軍のタイガー軍

イドリブ攻勢を起動する準備ができてシリア軍のタイガー軍

イドリブ攻勢を起動する準備ができてシリア軍のタイガー軍

PanARMENIAN.Net -のエリートタイガー軍師団シリアアラブ軍は今の州解放を目的とした攻撃的な運用開始する準備ができているイドリブを地域全体に存在におけるジハード主義主導の民兵からの、アル・マスダール・ニュースが報じています。

部門の一つ高位の司令官、主要Duraid(愛称「タイガー火」)はすでに彼の戦闘群とKhanassir軸に到着し、キックオフするための操作を一瞬の通知に準備ができていました。

他のタイガー部隊がKhanassirに自分の道を作り続けるようDuraidの服だけではできません。

初期の報告によると、タイガー部隊の当面の目標は、完全にイドリブ県全体で走るハマ・アレッポの高速道路を確保することになります。

この開発は、彼はISISに対するリード陸軍部隊の彼の重要な役割のために祝福したところ、昨日Khmeimim空軍基地で、ロシアの指揮官の数を大統領プーチンとアサドと会っただけでなく、タイガー軍トップ司令官、Suheilアル・ハッサンの後に来ます。

 トップニュース
リストは、建築の美しから、アクセシビリティへの各場所は、住んで働いていたか訪れた人々によって知覚されたどのように要因を見ました。
ロシアのプーチン大統領は、いくつかの地域問題を扱って忙しい週末の後にシリアへサプライズ訪問しました。
Cemilアクス市は、伝えられるところでは、彼のソーシャルメディアの記事では「犯罪と犯罪者を賞賛する」ためのアルトビンの街で10月25日に逮捕されました。
シリアのデイルEZ-ZOR州の州都は完全にIS付きヶ月、長い戦い次解放宣言されました。
パートナーニュース
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ロシアはシリアに拠点を維持します:クレムリン

 
 
 
 
ロシアのプーチン大統領(R)及び国防相セルゲイShoiguは、彼らが月曜日にラタキア省、シリア、中Hmeymim空軍基地を訪問して通り過ぎる軍人を見て。 - ロイター
 

モスクワ -ロシア海軍とプーチン大統領が発表した部分的な軍事引き出した後、必要に応じて、クレムリンは火曜日に言っ«テロリスト»に対してストライキを行うことができるシリア空軍基地を維持します。

プーチン大統領は月曜日に自分の仕事は主に行わ宣言、シリアから撤退を開始するためにモスクワ>軍事偶発の«重要な部分»を命じました。世論調査は、三月に快適に再選されます示しプーチン大統領は、彼が大統領のアサドに会い、ロシア軍に対処ロシアHmeymim空軍基地へのサプライズ訪問中に発表を行いました。



«操作がテロリストからシリアとシリアの土地の解放を保存するという事実のおかげで完了した、幅広い規模の戦闘力の必要性はもはやあり、»クレムリンのスポークスマンドミットリー・ペスコブは言いませんでした。

しかし、彼はロシアがシリア> Sラタキア省とタルトゥース港の海軍施設内Hmeymim空軍基地を維持すると付け加えました。

«大統領はテロリストがシリアに再び<背の高い歩く>にしてみてください可能性があることを強調しました。その場合は、破砕打撃が行われる、»Peskovは語りました。

一方、シリアに展開ロシア軍の最初のグループは火曜日に帰国し、軍はプーチン大統領が発表した部分的な撤退を開始する、と述べました。

«シリア・アラブ共和国に展開(ロシアの)南部軍管区からの軍警察の大隊はマハチカラ(ダゲスタンの首都)空港への2つの軍用機が飛行しており、»ロシア軍は声明で述べています。

国営テレビは、ロシア>の北コーカサスに小さな共和国に晴れた滑走路に航空機の外に行進兵士の映像を放送しました。

火-22M3爆撃機の乗組員はまた、彼らの永久的なベースに飛び出す前に、北オセチアの軍事空港に戻って、軍は言いました。

ロシアは最初Daeshグループや他の過激派だけでなく、政府軍と戦う反政府勢力の双方を対象とその同盟国ダマスカスの支援に空爆をステージング、2015年にシリアの紛争でinteravened。シリアのロシアの展開の大きさが知られていないが、独立したロシアの軍事専門家パベル・フェルゲハウアーは、最大10,000軍と民間業者が競合に参加したことができるとAFPに語りました。

競合が残忍な弾圧をきっかけアサド>のルールに対する抗議して2011年3月に勃発したため、より多く34万人が殺害されています。

木曜日に、モスクワは、テログループは依然として国のいくつかのポケットを制御していても、Daeshからシリア領土の«総解放»を発表しました。

プーチンはタルトゥースのロシア> S空軍基地Hmeimimと海軍の施設の両方が機能し続けると述べました。メドベージェフ大統領は、彼がエジプトの社長アブドルファッターフ・アッ=シーシーに会ったエジプトに向かう途中、2010年に訪れたので、ロシアの大統領は、シリアのストップオーバー、国家のロシアヘッドによって最初に作られました。 - 機関

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

中国とロシアが軍事的にも強く結びつく中、米国が日本と韓国を従えて軍事演習を実施した背景

2017.12.13
XML

カテゴリ:カテゴリ未分類
アメリカ、日本、韓国は12月11日から合同軍事演習を実施した。アメリカから参加した2隻のイージス駆逐艦、「ステセム」と「ディケーター」を中心に、日本のイージス駆逐艦「ちょうかい」、韓国のイージス駆逐艦が演習を実施した。東シナ海ではアメリカのB-B爆撃機やF-35戦闘機、F-18戦闘機、また日本から4機のF-15戦闘機が飛行したという。

この演習は朝鮮を想定しているとされているが、実際の相手は中国とロシアのはずである。アメリカと緊密な関係にあるイギリスでは1945年5月にドイツが降伏した直後にソ連を奇襲攻撃する計画を立て、アメリカは1949年に中華人民共和国が建国されてから中国への軍事侵攻を目論んできた。今もその延長線上にある。

イギリスの奇襲計画はウィンストン・チャーチル英首相がJPS(合同作戦本部)に命じて作成させたもので、「アンシンカブル作戦」と名づけられた。それによると、1945年7月1日に米英軍数十師団とドイツの10師団が「第3次世界大戦」を始める想定になっていたが、参謀本部に拒否されて実行されていない。日本が降伏する前にソ連を攻撃した場合、日本とソ連が手を組む可能性があると懸念する人もいたようだ。

この計画が流れた後、7月26日にチャーチルは退陣するのだが、日本が降伏して第2次世界大戦が終わった翌年、1946年の3月に彼はアメリカのミズーリ州で「バルト海のステッティンからアドリア海のトリエステに至まで鉄のカーテンが大陸を横切って降ろされている」と演説して「冷戦」の開幕を宣言している。

それだけでなく、1947年にチャーチルはスタイルス・ブリッジス米上院議員と会い、ソ連を核攻撃するようハリー・トルーマン大統領を説得して欲しいと頼んでいたと報道されている。チャーチルは執拗にソ連の破壊を目論んでいた。ドイツ軍の主力がソ連に攻め込んでいたとき、西側が手薄になっていたにもかかわらずチャーチルはドイツを攻撃させていない。

フランクリン・ルーズベルトが1945年4月に急死した後、副大統領から昇格したハリー・トルーマン大統領は1947年3月、世界的な規模でコミュニストを封じ込める政策、いわゆるトルーマン・ドクトリンを打ち出した。

ジョージ・ケナンがXという署名でソ連封じ込め政策に関する論文を発表したことも有名な話だが、これらは1904年にハルフォード・マッキンダーというイギリスの学者が発表した理論と合致する。イギリスは一貫してロシア制圧を目論んできた。

マッキンダーは世界を3つに分けて考えている。第1がヨーロッパ、アジア、アフリカの世界島、第2がイギリスや日本のような沖合諸島、そして第3が南北アメリカやオーストラリアのような遠方諸島だ。世界島の中心がハートランドで、具体的にはロシアを指し、そのロシアを支配するものが世界を支配するとしていた。そのロシアを締め上げるため、西ヨーロッパ、パレスチナ、サウジアラビア、インド、東南アジア諸国、朝鮮半島をつなぐ内部三日月帯を、その外側に外部三日月地帯をマッキンダーは想定している。日本は内部三日月帯の東端にあり、侵略の重要拠点であるのみならず、傭兵の調達地と認識されていた。

第2次世界大戦後、アメリカでは外交官や軍人の好戦的な勢力がソ連の打倒を目指す。例えば、トルーマン・ドクトリンが発表された2年後、アメリカの統合参謀本部はソ連の70都市へ133発の原爆を落とすという内容の研究報告を作成、1954年にアメリカのSAC(戦略空軍総司令部)はソ連を攻撃するための作戦を作り上げた。SACの作戦は600から750発の核爆弾をソ連に投下、約6000万人を殺すという内容で、この年の終わりにはヨーロッパへ核兵器を配備している。300発の核爆弾をソ連の100都市で使うという「ドロップショット作戦」が作成されたのは1957年初頭だ。

こうした動きの中、沖縄では1953年に布令109号「土地収用令」が公布/施行され、アメリカ軍は暴力的な土地接収を進める。1955年には本島面積の約13%が軍用地になったという。沖縄の軍事基地化はアメリカの世界戦略と結びついていると言えるだろう。

こうした軍事基地化が推進されていた当時、1955年から57年にかけて琉球民政長官を務めていたのがライマン・レムニッツァー。第2次世界大戦でイギリス軍のハロルド・アレグザンダー元帥に取り入り、アレン・ダレスを紹介されている。ダレスとレムニッツァーは大戦の終盤、ナチスの高官を保護する「サンライズ作戦」をルーズベルト大統領に無断で実施している。

レムニッツァーは琉球民政長官の後、ドワイト・アイゼンハワー政権時代の1960年から統合参謀本部議長に就任するが、次のケネディ大統領とは衝突、議長の再任が拒否されている。衝突の主な原因はソ連に対する先制核攻撃をめぐるものだった。

本ブログでは何度も書いてきたが、テキサス大学のジェームズ・ガルブレイス教授によると、レムニッツァーやカーティス・ルメイを含む好戦派は1963年の終わりにソ連を奇襲攻撃する予定だったという。その頃になればアメリカはICBMを配備でき、しかもソ連は配備が間に合わないと見ていたのだ。そのために偽旗作戦のノースウッズも作成されたのだが、1963年6月にケネディ大統領はアメリカン大学の学位授与式(卒業式)でソ連との平和共存を訴える。そして11月22日にテキサス州ダラスで暗殺された。その翌年、日本政府はルメイに対し、勲一等旭日大綬章を授与している。

これも繰り返し書いてきたが、「核の傘」とはアメリカの先制核攻撃の拠点になることを意味する。1991年12月にソ連が消滅した直後、ネオコンをはじめとする好戦派が作成した国防総省のDPG草稿、いわゆるウォルフォウィッツ・ドクトリンはソ連がアメリカの属国になったという前提で立てられた世界制覇プラン。21世紀に入るとロシアがウラジミル・プーチンの元で再独立に成功、国力を回復させたのだが、それでもアメリカ支配層の内部にはボリス・エリツィン時代のイメージが残っていたようで、例えば、キール・リーバーとダリル・プレスはフォーリン・アフェアーズ誌の2006年3/4月号に掲載された論文の中でロシアと中国の長距離核兵器をアメリカの先制第1撃で破壊できるようになると主張している。

その論文が出た2年後の2008年にアメリカ支配層の幻想を打ち破る出来事があった。その年の7月10日にアメリカのコンドリーサ・ライス国務長官はジョージア(グルジア)を訪問、8月7日にミヘイル・サーカシビリ大統領は分離独立派に対して対話を訴えてから8時間後の深夜に南オセチアを奇襲攻撃したのだ。

ジョージアは2001年以降、イスラエルの軍事会社から無人飛行機、暗視装置、対航空機装置、砲弾、ロケット、電子システムなどを含む武器/兵器の提供を受け、軍事訓練も受けていた。2008年1月から4月にかけてはアメリカの傭兵会社MPRIとアメリカン・システムズが元特殊部隊員を派遣している。つまり、アメリカやイスラエルは周到に準備した上でジョージアに南オセチアを奇襲攻撃させたのだ。圧勝する予定だったのだろうが、ロシア軍に粉砕されてしまった。この時点でアメリカ軍やイスラエル軍はロシア軍に通常戦で勝てないことが明らかになったと言える。その後、力の差が開いたことはシリアでの戦闘が示唆している。

それでもアメリカ支配層の一部はロシアと中国を制圧しようとしている。アメリカ経済は半世紀近く前に破綻、その後は資金のコロガシ、投機市場の肥大化で誤魔化してきたのだが、その仕組みが揺らいでいることが大きい。ドルが基軸通貨の地位から陥落しそうだなのだ。投機市場が縮小しはじめたなら大変な勢いで西側支配層の富は消えていく。ロシアと中国が健在である限り、そうした展開になってしまうだろう。来年、アングロ・シオニストの支配者たちはギャンブルに出る可能性がある。
 
 
 
2017.12.12
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ロシアのウラジミル・プーチン大統領が12月11日に突如シリアのラタキアにあるフメイミム空軍基地を訪問、シリアのバシャール・アル・アサド大統領と会談した。その際、シリアに派遣されたロシア軍の主力を帰還させるよう国防相と参謀総長に命じたことを明らかにしている。ただ、フメイミム空軍基地とロシア海軍が使っているタルトゥース基地はこれまで通りだという。

軍に帰還を命じたのはダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)の殲滅に成功したからだとしているが、アル・カイダ系武装勢力と同じように、この戦闘部隊をアメリカ、イスラエル、サウジアラビアを中心とする侵略同盟は手先として使ってきた。

その同盟からトルコやカタールは離脱したが、中核の3カ国はシリア侵略を諦めていない。アメリカ軍はそうした武装集団の逃亡を助けてきた。幹部をヘリコプターで救出したと伝えられている。「新ダーイッシュ」を編成する準備はできているだろう。

アメリカ主導軍がイラクを先制攻撃した2年後、イギリスのロビン・クック元外相はガーディアン紙に寄稿した文章の中で、アル・カイダはCIAから軍事訓練を受けた「ムジャヒディン」のコンピュータ・ファイル、つまり傭兵の登録リストだと指摘した。1970年代の終盤にズビグネフ・ブレジンスキーが計画した秘密工作で戦闘集団が編成されて以来、そうした仕組みは維持されている。ちなみにアル・カイダはアラビア語でベースを意味し、データベースの訳語としても使われている。

アメリカ軍はロシア軍より1年前、2014年9月23日からシリア政府の承認を得ないまま軍事介入、トルコ政府によると、シリア北部に13基地をすでに建設済み。駐留している将兵は7000名に達するとする情報もある。

この軍事介入の口実としてアメリカ軍もダーイッシュ殲滅を掲げていた。ダーイッシュは2014年1月にイラクのファルージャでイスラム首長国の「建国」を宣言、6月にファルージャを制圧した。その際、トヨタ製の真新しい小型トラックのハイラックスを連ねたパレードを行い、その様子を撮影した写真が配信されたことも有名になった。8月にはジェームズ・フォーリーの首をダーイッシュが切ったとする映像が公開されている。

しかし、本当にダーイッシュをアメリカ政府が危険だと考えていたなら、ファルージャ制圧を黙認したはずはない。ハイラックスの車列は格好のターゲットだったはずだ。こうした行動をアメリカの軍や情報機関はスパイ衛星、偵察機、通信傍受、人から情報を把握していたはずだからだ。

アメリカは2014年9月、ダーイッシュの出現を口実にして連合軍を組織、アサド体制の打倒を目指す。連合軍に参加したのはサウジアラビア、カタール、バーレーン、アラブ首長国連合のペルシャ湾岸産油国、ヨルダン、トルコ、さらにイギリス、オーストラリア、オランダ、デンマーク、ベルギー、フランス、ドイツなどだ。

この連合軍は2014年9月23日に攻撃を始めるが、その様子を取材したCNNのアーワ・デイモンは翌朝、最初の攻撃で破壊されたビルはその15から20日前から蛻の殻だったと伝えている。その後、アル・ヌスラ(アル・カイダ系)やダーイッシュはシリアで勢力を拡大していくが、その理由は連合軍が本気で攻撃していなかったからにほかならない。その後、アル・カイダ系武装集団やダーイッシュは支配地を拡大、アメリカ主導軍はインフラを破壊、住民の犠牲が増えていく。

このようにダーイッシュが売り出される2年前、2012年8月にアメリカ軍の情報機関DIAは反シリア政府軍について、その主力はサラフィ主義者、ムスリム同胞団、そしてアル・カイダ系武装集団だと指摘、バラク・オバマ政権が宣伝していた「穏健派」は存在しないとする報告書をホワイトハウスへ提出している。しかも、その中で東部シリア(ハサカやデリゾール)にサラフィ主義者の支配国が作られる可能性があるとも警告されていた。つまり、ダーイッシュの出現を見通していたのだ。当然、バラク・オバマ大統領もわかっていただろう。

そうした経緯があったこともあり、2014年にダーイッシュが登場するとオバマ政権の内部で激しい対立が起こり、その年の8月にマイケル・フリンDIA局長は解任されている。ファルージャやモスルをダーイッシュに支配させることはオバマ政権の主流派が望んでいたことだと言えるだろう。その翌月、マーティン・デンプシー統合参謀本部議長(当時)はアラブの主要同盟国がダーイッシュに資金を提供していると議会で証言している。

退役から1年後の2015年8月にフリン元DIA局長はアル・ジャジーラの番組へ出演、ダーイッシュの出現が見通されていたにもかかわらず阻止できなかった理由を問われ、自分たちの任務は提出される情報の正確さをできるだけ高めることにあると答えている。その情報に基づいて政策を決定するのは大統領の仕事だということであり、ダーイッシュの勢力が拡大したのはオバマ政権が決めた政策によるというわけだ。

ロシア軍主力の撤退はシリアへ居座ろうとしているアメリカ軍への圧力という側面もあるだろうが、一旦占領した場所からアメリカ軍は引き揚げようとしない。実際、シリアでもそうした発言をしている。11月にはロシア軍を挑発して軍事的な緊張を高めようとしていたが、緊張が高まる前にロシア政府は主力の帰還を命じてしまった。

このままアメリカ軍が居座ろうとすれば自分たちが単なる侵略軍に過ぎないことを明らかにすることになる。それでも日本などはアメリカを侵略者だとは認めようとしないかもしれないが、世界の目は違う。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

それは単にエルサレムではなく、パレスチナのすべてです

エルサレムで起こっていることは、1948年以来パレスチナで常に起こってきたことです。つまり、パレスチナのアラブ人のアイデンティティ、土地、遺産の強制退去です。

ののでドナルド・トランプエルサレムとその結果に米国大使館に移動するの宣言グローバルな怒りこの決定については、多くの人がパレスチナで何が起こっているのか、グローバルな波及効果が何であるか理解することに興味を持つようになりました。

彼らは最終的に69年後に、認識するようになってきたNakba、人権デーの69周年との69年間の改ざん、世界の他のすべての人々のようなパレスチナの人々は、実際に自己決意する権利を持っていないことを、歴史のと戻る。

イスラエルは、それが確立するパレスチナの追い出し(ガザ、西岸、レバノン、シリア、ヨルダン、それら500万UNRWAパレスチナ難民の間で)パレスチナ人に囲まれているアパルトヘイトの入植植民地がユダヤ人国家を。これらの人々は、排他的ではないが、宗教的イスラム教徒である。彼らはパレスチナの先住民、文化のアラブ、土地の真の所有者です。

しかし、シオニストの中心にある神話は、違法に附属したアラブ・イースト・エルサレムです。

以下のようハミッド・ダバシーは  書き込みアルジャジーラに:

あなたはシオニスト精神病のルートに精神病理を理解したい場合は、ソファの上に精神的に病気の人を配置するアナリストのように、彼らの妄想の心に行かなければならない - と今日その精神病植民地時代の固定を参照するには良い場所はありません記事中よりも仕事、コースエルサレム、というタイトルで出版され、イスラエルの首都、(他の?)ニューヨーク・タイムズ紙でわずか数時間彼の8月マロンの意見では、というドナルド・トランプの発表の前にある「エルサレムはイスラエルの首都であります...。」エルサレムは、「イスラエル」と呼ぶ人種差別的なアパルトヘイトのヨーロッパの植民地時代の駐屯地国家の首都であったことは決してありません。決して。

米国の大統領による一方的な宣言は、イスラエルが不法に併合された東エルサレムの住居取り消しと多数のパレスチナ人の強制的な不法移転を主権国家として認めていることから、

宣言はまた反する国際法(15人の安全保障理事会メンバーの14が非難以来、すべてのアメリカ人社長がそれを)ならびに「認識」の決定と休憩ハリー・トルーマン正式に5月14日、1948年にイスラエルを認識し(参照コーパスとしても、エルサレムを分離とその法的影響。)

しかし、なぜこれは今起こっているのですか?

ハリー・トゥルマン氏は、ユダヤ人の投票と米国大統領選挙に勝利するために不可欠な資金を確保したいと望んでいた政治顧問、クラーク・クリフォードによってイスラエルを認識するという彼の決定揺さぶられた

ドナルド・トランプはシェルドン・アデルソン、ジャレッド・クシュナー、ジェイソン・グリーンブラット、イスラエルのデイヴィッド・フリードマンへの米国大使、右派のキリスト教徒伝道者などの影響力のあるアメリカのユダヤ人の決定にも影響を与え

今日アメリカの国内政治では、イスラエルと若い世代のアメリカ人ユダヤ人幻想にもかかわらず、シオニズムの伝統とシオニズムの支持は、福音主義のキリスト教徒と新ファシストの間でも、大きくて強力です。アメリカのイスラエル広報委員会(AIPAC)は、両当事者の死の把握を続けている。

恥ずかしいことに、この問題では、スティーブン・ゼンズン(Stephen Zunes) 「米国には実際の野党はない」と書いている

パレスチナ自治政府は、オスロと「二国家解決策の偽りの約束によって拘束され、無力であるそれは、それ自体を解散し、イスラエルと米国に占領のための法案を履行させること以外には、ゼロの活用を有する。

ヨルダン、エジプト、サウジアラビアなどのアラブ諸国はアメリカの同盟国であり、米国に大きく依存しています。これらの国々は、政治的利益のために行動することは期待されていない。シオニズムのユダヤ人の覇権主義」教義と並行して、あるいはそれに反する「アラブ覇権主義」の教義はない

パレスチナ人がエルサレムやパレスチナがアラブであると言うときパレスチナ人のアラブ人を指すのであって、イスラエルがユダヤ人とユダヤ人を指すように、政治的意味でアラブ諸国の一般的な超大主義の概念ではない。

アラブ諸国はエルサレムを救出する可能性は低いが、イスラム教徒(主に非アラブ諸国)は 、ハラム・アルシャリフのアル・アクサ・モスクのユダヤ人の侵略のためである  (エルサレムのテンプル・マウント:ミレニアムの欺瞞!Mike M. Joseph、2011)。残念なことに、残念ながら、イスラム撲滅的西洋の不安は、イスラエルの暖かい闘いに焦点を当てたものではありません。(イスラエルの後:マルセロ・スヴィルスキーによる文化の変容に向けて参照)2014。

ボイコットを通じて、ディスインベストメントと制裁(BDS)運動と抵抗のための他の戦略は、パレスチナ自治政府は、人種差別主義者「2つの国家解決」という概念を取り除く方法を見つけるオスロ合意を放棄し、民主的な代替を考え出す必要があり、パレスチナのアラブ人類を否定するものでもなく、歴史的なパレスチナの先住民族のユダヤ人(黙って「入植者」または「移民」と呼ばれている)を宗教の植民地化の価値に評価するものでもない。

Rima Najjarはパレスチナ人であり、家族の父親の側はエルサレムの西の郊外のLiftaの強制的に人口が不足している村に由来しています。彼女は活動家、研究者、退職した英文学の教授であり、Al-Quds大学であり、West Bankを占めています。

注目の画像は@noraswag / Twitterからのものです


私たちのFacebookページでのグローバルリサーチ記事へのコメント

グローバルリサーチの会員になる

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

クリスマスクリスマス?西はシリアでキリスト教徒を殺したアルカイダのテロリストを支持した

クリスマスクリスマス?西はシリアでキリスト教徒を殺したアルカイダのテロリストを支持した

詳細なレポート:

まもなく、アメリカ人とカナダ人はクリスチャンを虐待するシリアの宗派間テロリストに対する政府の継続的な政策を支持するとともに、彼らの教会がクリスマスを祝うためにキリスト教の教会に行く予定です。

例えば、アラム語であるキリストの言葉が依然として話されているシリアのMa'loulaでは、米国(およびカナダ)はアルカイダのテロリストがキリスト教徒を殺害し、宗教的なアイコンを破壊し、残党に独裁独裁政権独裁を課そうとした地元の人口の

西洋の代理テロリストによって破壊された聖タクラ神社

Ma'loulaの居住者Joseph Saaddeh博士はビデオで説明します:

Ma'loulaで何が起こったかは、革命ではありません。テロリストのグループは、文化を攻撃し、文化を破壊し、歴史に属するものすべてを破壊した。彼らはそれらのようにしたい、彼らはワハビのイデオロギーを持っており、彼らは別のものを受け入れないので、私たちを殺すだろう。あなたがそれらのようなものになるか、彼らはあなたを殺すでしょう。これは革命と呼ばれるものの本質的なイデオロギーです... [1]

シリアとその同盟国が、シリアの大部分を西側支持テロリストの惨劇から解放した今、世俗的で進歩的なガバナンスによって強化されたシリアの非宗派的、多元的アイデンティティーは、自らを再確認している。

Andrew Ashdown牧師は、次のような説明をしながら、解放された浜を紹介しました。

"シリアのハマでのクリスマスツリー照明式。西側のテロリストによって保有されている地域でこれまで経験したことではないでしょう!」[2]

現在の北米社会の特徴は、私たちを代表する人たちによって作成され、維持されている海外のホロコースト[3]に直面した中空の「信仰」、犯罪の二重性、沈黙です。

北アメリカ人として、私たちの沈黙は私たちをこれらの犯罪に共謀させます。それは反キリスト教徒で犯罪者であり、この「聖なる」季節が表すことが意図されている本質とは明らかに矛盾しています。

ノート

[1] "博士 シリアの革命 "についてのマアラワのジョセフ・サデー" YouTube。2016年9月19日、Jamal Daoud 部分的な写し(https://www.youtube.com/watch?v=9oWbLZCxCZE)2017年 12月12日アクセス。

[2] 2017年12月8日のグローバルFacebook FacebookのAshdown牧師。

[3]ギデオン・ポリア、「イラク・ホロコースト、イラク人虐殺、米国同盟のホロコースト否認」2009年12月13日(https://sites.google.com/site/iraqiholocaustiraqigenocide/polya-gideon)アクセス 2017年12月12日


私たちのFacebookページでのグローバルリサーチ記事へのコメント

グローバルリサーチの会員になる

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

オスマン帝国アーカイブで発見されたエルサレム証書の記録:証拠パレスチナがパレスチナ人に属することを証明すること。

注目の画像:スルタン・アブドゥル・ハミドII(出典:Pinterest

エルサレムの46の登録簿には、オスマン暦のアーカイブ記録に記録されている171,306件の行為がある。このうち133,365件は私有財産で、37,671件が財団に属しています。これに加えて、トルコのアーカイブには、950年から1917年のヒジリの間にエルサレムの記録もあります。

私有財産の記録の中には、スルタン・アブドゥル・ハミド2世に属する139の行為があり 137件は過去に財務省に移管された。残りの2つはエルサレムのエリハブ地域にある。記録によれば、スルタン・アブドゥル・ハミド2世の名前で記録された約3万平方メートルの土地の土地があります。

出典:Truthaholics

パレスチナ人がパレスチナ人であることを証明する行為は、パレスチナ当局に渡された。イスラエルはトルコからの証書を要求しなかった。イスラエルがこれらの記録を要求していれば、それはイスラエルがパレスチナ占領を受け入れることを意味するだろう。

パレスチナとヨルダンの間で覚書が締結された。エルサレムでの土台の整備や修復などの手続きがヨルダンに移されました。したがって、2016年に、ヨルダンの要請に応じて、トルコはエルサレムに基礎の行為のコピーをヨルダンに提供した。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ