goo

イラクの民兵は、シリア国境の町がイランのQods Forceチーフを公表

イラクの民兵は、シリア国境の町がイランのQods Forceチーフを公表

 

イラクのハラカット・ヘズボラ・アル・ヌジャバ氏は、イスラム革命警備隊(IRGC)のクッド・ソルリマニ大佐の写真を投稿し、イラク国境付近のシリアのアル・ブカマール近くの地点を調べている。町はイラクと交差する主要国境に位置しています。同グループによると、写真は火曜日に撮影された。彼の存在は、シリア東部での攻撃の重要性を強調している。

ハラカット・ヘズボラ・アル・ヌジャバは、名目上イラク人民解放軍(PMF)のメンバーであり、技術的にはイラク政府軍であるが、ソレマニとの関係は指揮官とその従属者の関係である。

今月初め、Soleimaniの写真はDe-Ezzor州南部のT-2ポンプ場の近くにあるとされており、Al Bukamalに対する攻撃のためのパッドをソーシャルメディアに流していたが、それは未確認である。

イラン、ロシア、シリアは、シリア東部で領土を獲得し、イスラム国家から国境町に闘争を進めている。ロシア空軍に支えられ、イラン指導のシーア派ジハード主義者、レバノン・ヘルツボラ、アフガニスタンファティマイーン部隊、イラクの民兵組織などが地上のブーツである。 昨年の夏、イラン、シリア南東部のタンフ(Tanf)にある軍隊と無人機で米国に挑戦した。これらのテストは力で満たされました。イラン主導の軍隊は最終的に米国の基地を回り、イラクの国境に沿ってDeir Ezzor州に向かって進んだ。

一方、北部にはユーフラテス川のほとりで、前政権がDeir Ezzor市の包囲を壊し、その後、先月al Mayadinを捕獲した [ FDDのLong War Journalの 報告書を参照、  ロシアとイランはイスラムからシリアのAl Mayadin状態 ]。

地図1:地図はIRGC提携メディアの出口Mashregh News、November 8に掲載されています。

先週、Deir Ezzor州南部で進軍していたプロ・レジームは、Al Bukamalの郊外に達した。当初、わずかな抵抗に遭って、彼ら先週木曜日に勝利宣言しました。それは、スンニ派のジハード派が罠を犯したことに気づかずに、シリアのイスラム国家の終わりを迎えていました。

部族のリーダー ロイター通信に対し、「イスラム武装勢力は、イランの民兵組織がDaesh(イスラム国家)から脱出した後、自爆テロとロケット攻撃による驚きの攻撃を開始した

イスラム主義武装勢力と同盟国は、町の外の地点に強制的に退去し、町を支配するために戦っている。ロシア強烈な爆撃を続けている。米国が率いる連合軍も イスラム国家の地位をイラク勢力と同盟国が今月初め奪取したイラクのカイム周辺の町だけでなく、近隣のイスラム国家に爆撃しているイランの支援を受けた民兵は、国境の両岸でのキャンペーンに貢献しているが、シリアではより多くの道具を使っている。

Bukamal-Qaimの国境を越えることで、イランとシリアの間の陸路が開かれ、2012年に武装勢力が主要国境を閉鎖したため、これらの同盟国に失われてしまった。Bukamal-Qaim国境の崩壊、  The Newヨーク・タイムズは、米国の上級管理職を引用して  イラン米国企業研究所のシリアのイラン戦略報告  で  強調されているように  、イラクの空域を飛行してアサドを供給することを再開したと報じ。 

今週、IRGCの公式日刊紙  Javan は、国境を越える意義についてop-edに発表しました。「アル・ブカマールの解放は、テヘランが地中海とベイルートへの土地アクセスを得ることに基づいて、抵抗線の陸地の最後のリングを完成させることを意味する。しかし、イランの数千年の歴史のなかではまれである。認められたシリア最大かつ最も重要な石油施設であるオマール油田を米国が支援しているシリア民主勢力(SDF)が「再建」に不可欠な「シリアにとって最も重要な経済動脈の1つ」を支配すると述べた-edは、プロダマスカス力を弱体化させるとオマールのフィールドを取るためにRaqqaのうち、4,000過激派を排気するイスラム国家との契約を切断する米国を非難引用最近の  BBCの 実際のレポート  に詳細  のみjihadistsを排気する秘密の契約を都市の戦いを終えるのと引き換えに。この報告書は、自衛隊先月末に軍事作戦を行うことできたオマール油田の管理に関する交渉について言及しなかったそれにもかかわらず、  Javan 米国は、「最も楽観的なシナリオでは」、「シリアでは窮地である」という将来の交渉において、米国を石油井戸を交渉チップとして使用し、国を「悪いシナリオ」に分割する可能性があると予測した。

Javanは、米国はシリアで2つの選択肢に直面していると結論づけた。「アメリカ人がシリアで軍事的プレゼンスを続けることにすれば、抵抗の戦争が新たな段階に入ることを意味する。最終的な目標は次の通りである」と脅迫した。アメリカ人がシリア北東部を離れるように強制する」と述べた。

今月初め、シリアのバシャール・アル・アサド大統領、イラン最高指導者の外交政策顧問、アリー・アクバル・ヴェラヤティ(Ali Akbar Velayati)のメッセージであるDeir Ezzor作戦の終了後、自衛隊とラッカに向かって戦う可能性があると示唆した

これらの姿勢が地面での戦いになるかどうかはまだ分かっていない。米軍を直接攻撃する脅威は塩分で取るべきであるが、前政権同盟は米国の支援を受けた軍を襲った。Soleimaniは、第2次湾岸戦争(2003〜2011)の間に米軍に対する攻撃を監督し、米国に対するタリバンの反乱支持てきたプロ・レジーム同盟は、シリアの主要油田に対する米国の影響を懸念し、米国を米国外へ追い出すことを望んでいる。米国政府のシリア政策はこれまで、イスラム共和国に反対するより広範な政策を支持しており、イスラム国家の敗北を超えてシリアへのコミットメントを表明していない。それにもかかわらず、これらの力の間に衝突の危険があります。

Amir Toumajは、民主主義国防総省の研究アナリストです。

タグ:


Long War Journalから - FDDのLong War Journal http://ift.tt/2AaimsO(防衛ニュース経由)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

プーチン大統領時代の主な業績

プーチン大統領時代の主な業績

2000年5月7日プーチン大統領の就任/ RIA Novosti

2015年3月26日
Alexey Zernakov /(Nightly Moscow)Vm.ru 
Kristina Rus翻訳: 15年前、2000年3月26日、ロシアのプーチン大統領に最初に選出された。困難な時期に権力を握った後、彼はその国を統一された状態に保つだけでなく、15年後、私たちは、先進国、産業、強力な軍隊、海軍と再び大国になりました。今日はすべてが平滑ではないかもしれません。しかし、15年前、多くの人々が実際に国が完成したと考えました。しかし、プーチン大統領は、ロシアと全世界に、我々が容易に負けないことを証明することができた。15年ぶりに、プーチン大統領が中国のジャーナリストによって呼び出されているように、「迅速な虎」のおかげで、我々の国はもう一度敬意を表して言及される。






私たちは、「夜間モスクワ」の専門家の助けを借りて、過去15年間にウラジミールプーチンと彼のチームの業績を独自に評価することにしました。1. 失業からのロシアの救済Alexei Mukhin、政治学者、政治情報:ロシア連邦の統合を維持するプーチンの役割は主要なものである。ロシアの領土 - 行政区分の変更、7つの連邦地区の創設は、ロシアの直接の崩壊に至ったプロセスをいくつかの擬似国家主体につなげるプロセスをまず遅くし、逆転させた。幸いにも、ボリス・エリツィンは何が起こっているかをタイムリーに感知し、大統領として辞任した。そして、ウラジミールプーチンは、時々、既存の脅威を特定し、いくつかの予防措置をとった。









2.チェンナイでの戦争の終結「祖国のアーセナル」誌の編集長Viktor Murakhovskyは、次のように述べています。「プーチン大統領の有名な言葉を覚えている:「トイレで見つけたら、彼らのトイレ " - KR ]。私たちが覚えているように、彼は北コーカサスのテロリストを指していました。プーチン大統領は、最初のチェチェンのキャンペーンが、ハシバトゥルの黙祷を頂点にして忘れ去られたという点で、大きな役割を果たしてきた。しかし、ロシア軍は、テロリストの敗北に決定的な役割を果たし、演じた。主要な要因は、武力や内戦の有効性だけでなく、国の指導部が政治的意思を表明したことでもあった。3.国際アリーナにおけるロシアの役割の強化










政治学者、ミハイル・パンチェンコ:世界政治への影響度で20代から30代の国からの過去15年間にわたり、米国と中国とともに自信を持ってトップ3に入った。2007年のウラジミールプーチン大統領の演説では、最初のイデオロギー的な欠点が解消された。しかし、鉄を見せた最初の「適用された」ケースは、南オセチアで2008年8月に行われた。本質的にロシアは立ち上がって、「明日我々は新しいルールによって生きるだろう!4.社会主義的な予算の創造マキシム・サフォノフ、経済学者、教授:








過去15年間、深刻な措置が講じられ、わが国の予算は真に社会的に志向されてきました。しかし、改善のための制限はなく、私はそこで止めてはいけないと思う。良い例は、ロシアの一部になった後のクリミアの住民の喜びです。そこでの年金と社会的便益のレベルは、すぐに全国レベルに上昇したためです。昨日、ドミトリーメドヴェージェフ首相が話していたロシア科学アカデミーの総会に出席しました。そして、経済的困難にもかかわらず、社会的義務が果たされると彼は明確に述べました。5.国債の早期支払いロシアの経済学者、ロシア国立経済と国家院の教授であるVladislav Ginko 





ロシアはウラジミール・プーチンの下で、国際金融機関への延滞額を大幅に削減した。現在、ロシアは外国市場で借り入れているが、国内総生産(GDP)に関しては、この額は小さい。まず第一に、それは私たちに独立した政策を追求する機会を与えます。国際機関の融資には、しばしば一定の争点が伴います。あいまいな言葉の後ろに隠されることが多い。しかし、しばしば、そのような「改革」の後、人口の生活水準が低下する - 今日、ウクライナでそれが見られる。そして、当然のことながら、もし私たちの負債がより高いとすれば、制裁は私たちをもっと傷つけるでしょう。6.安定化基金と国家福祉基金の創出






ロシア外交政策研究所(RAN)のボリス・スメレフ教授(RAN):これらの金融機関の創設は、主にウラジミール・プーチン自身によって開始された。巨額の資金がそこに向けられました。石油とガスの売却により市場が好調に推移し、約2兆ドルの資金を調達しました。そして、このお金は、経済危機の状況下で、その影響を緩和することができます。多くの点で、安定化基金は政府の社会的義務を補完することに焦点を当てる。7.陸軍と軍事複合体の改革:イゴール・コロチェンコ、「国防」誌の編集長:








今日我々は質的に新しい軍隊を持っています。今日、私たちの軍隊は世界でも最高の軍隊だと言っても過言ではありません。私たちの反対者を含めて、すべてが認めています。私たちの軍隊が再び尊敬されたのはプーチンの下です。過去15年間、私たちは軍事産業の再編を経てきました。大統領のイニシアチブで、強力な垂直統合持株会社が創設されました。それぞれの会社は、開発者と製造業者の連鎖全体を結びつけています。その結果、ロシアは世界で武器輸出で2位にランクされた。8. 独立国家連合の枠組における統合協定の創設ロシア公衆議会のメンバーである政策研究研究所のディレクターであるセルゲイ・マルコフは、






そのような団体の創設は、持続可能な経済発展の鍵です。ここに新しい市場の出現と技術の共同開発の可能性があります。しかし、一般的に言えば、それは実際に私たちの民の意志です。ロシア人は、ロシア帝国とソ連の枠組みの中で私たちと一緒に住んでいた人々に接近したいと思っています。そして、非常に重要なことに、私たちはパートナー国からの肯定的な対応を見ています。統合協会のイニシアターは、間違いなく、ロシアの大統領、ウラジミールプーチン大統領、カザフスタン大統領、ヌルスルタンナザルバエフである。9.ソチの2014年冬季オリンピックイェレナ・イシンバエワ、ポール・ボールトで2度オリンピックチャンピオン、沿岸オリンピック村の市長、2014年:






大きな成果は、組織の観点からは素晴らしいオリンピックを開催しただけでなく、世界各地の人々が強力でモダンで勝利の新しいロシアを発見したことです。私は人々と一緒に働き、内部からそれを見て、気分が疑惑から驚きに変わったことに気付きました。 しかし、最初は懐疑的な人は何人いましたか?グアテマラの組織委員会の会合でのウラジーミルプーチンの個人的な演説のおかげで、どのように2007年にゲームを主催することができたかを覚えています。10.ロシアへの犠牲の再分配ドミトリー・オルロフ、政治学者、政治経済通信局長:








クリミアのロシアへの再統合は、全国にとって非常に重要でした。政治的な観点から、政府を支える新しい連合を創設し、拡大するのに役立った。今のところ続いている世論の愛国的動員の現象を浮き彫りにした。「ロシアの春」とも呼ばれています。現在、研究センターによれば、この効果はまだ尽きていません。もちろん、クリミアの再統合は非常に重要な一歩でしたが、重要なことは、これはウラジミールプーチン時代のエピソードの1つに過ぎません。

 
 

関連記事

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

NEO - RussiaGateが本当にウイルス性になる

NEO - RussiaGateが本当にウイルス性になる

8
2116

フィル・バトラー、...と東部新展望、モスクワ

フィルバトラー

編集者注フィリピンは米空軍のロシアDNAに関するこの奇妙な公開入札を急いでいた。私がその話を聞いたときに私の心に入った最初の質問は、なぜ彼らが秘密裏にそれを行うことができるときにこれを公開しているのかということでした。

VTは長い記憶を持っており、それは南アフリカ人と協力してイスラエル人に戻って、バイオウェポンに1度に1度は行きます。SAはもちろん、黒人だけを殺すもの、そしてイスラエル人、パレスチナのアラブ人のみを殺すものを望んでいた。

当時私たちにとって奇妙に思えたのは、生物学的ユダヤ人の割合がパレスチナ人のようなセム人であるため、人口の聖書ユダヤ人をノックアウトし、アシュケナージだけを残してしまうということでした。

しかし、我々は、その後、アシュケナージ・シオニストのハードコアが、両者を取り除くための1つの取り引きのための2つの視点として見ることができることを認識しました。あなたはこのことをすることはできません... ジムW.ディーン ]

Jimの編集者メモは、PayPal 経由でのみ集計されます - JimWDean@aol.com 

これには、研究、フィールドトリップ、Heritage TV Legacyアーカイブなどが含まれます。 

- 最初に公開されました...  2017年11月2日 -

現時点では、反ロシアの混乱が犠牲にならないと思った瞬間、ロシアのプーチン大統領は西側のバイオ戦機計画を明らかにする。ニュースロシアの遺伝物質は、意図的かつ専門的に全国的に収穫されており、ロシアに対するグローバル化戦争の最新の冷静な思い出です。

いいえ、あなたは小説小説を読んでいない部屋を作る!片付ける!ハリー・ハリソン しかし、はい、これは我々が向いている将来のディスストピアンの将来の啓示です。

進行中のメディア撲滅に関わっている私たちの大半は、最近、何かを信じることができます。ロシアゲートがアメリカで現実感を失っていることや、あらゆる息吹で「イービルプーチン」を叫んだ狂気のジャーナリストが、東ドイツを侵略した放射能の発表はめったに眉を上げないだろう。しかし、ロシアの全面的な生物戦を準備するために米空軍を呼び出す2世紀の最も実用的な人類のリーダーは?

RTのストーリーを読んだとき  、私はダブルテイクをしなければならないと認めます。それから、その狂気はすべて私のような煉瓦のようなものでした。上院議員とアメリカのテクノクラットが協力して、RTアメリカを言葉や意見で国外へ投げ出し、同時に米国防総省がロシアの標的DNAを承認します!最新の薬物がワシントンからの精神病のエピソードを誘発して「ここに行く」。

ロシアの人権理事会で、ロシアの大統領は、近年の地方選挙で起こった、外国人視聴者に浸水したとされる激しい出来事の概要を説明した。プーチン大統領が後に強調した問題は、これらの選挙で国民を記録する外国人視聴者を中心に、「違う民族やロシア連邦の異なる地域に住んでいる人々」から採取された組織標本。

プーチン大統領は、聴衆に恐怖を感じさせることはないと確信していた。ロシアの情報機関は、このような攻撃に対処するためには武装しているからだ。米空軍航空教育訓練司令部から7月にかけて、米政府のウェブサイト上で、リボ核酸(RNA)と滑液のサンプルをロシアから取得しようとしているかどうかは、ヒラリークリントンの発作よりも奇妙である。ペンタゴンがここまで来たのは今のところです。

イゴール・ニクリン(Igor Nikulin)は、国連生物兵器研究委員会のメンバーで、

「新しいタイプの生物兵器が開発されている。おそらく軍事部門に興味があることは他にありません。おそらく、彼らは武器を持ったウイルスです。米国は、この遺伝子プールの特定の保有者専用に様々な種類の生物兵器を開発しようとしており、彼らが私たちの国の人口の大半を占めているため、カスコーソが必要です。これは、サンプルを検索しようとしているのと同じフォーカスグループです。このウイルスは、1つまたは別の民族グループに対して選択的に行動する必要があります。

 最終的にDNAは病気の診断と治療に使用されますが、標的とされた人だけに厳密に制御されたウイルスを作成するために同じ手順を使用することができます。理論的には、DNA研究はある時点で個々のレベルで死に至る可能性がある。空軍による広告を読むことは私の背骨を冷やしてしまいます。なぜなら、それは極端なものに害を及ぼすからです。広告は正確な「サンプル」量などを綴るだけでなく、空軍がどのようにしてDNAスパイを支払うかを綴っています。

さらに、ドナーに関する情報には、性別、年齢、民族性、喫煙歴、病歴、身長、体重、肥満度(BMI)などのサンプルを提供する必要があります。請負業者が金を受け取ってから10日以内に、テキサス州サンアントニオ近郊のラックランド空軍基地にサンプルを配達する必要があります。

いいえ、これはいたずらではありません。もちろん、このリストは消えていますが、スクリーンショットやウェブに関するさまざまなレポートが、RTニュースの真偽を検証しています。しかし、ロシアのメディアは別として、ロシアと他のすべての知覚敵を対象とした米国の生物兵器研究の事実は豊富です。

2002年のAir Force Colonel Michael J. Ainscoughのこの報告書は、「未来の」生物兵器の開発、展開、使用方法を概説しています。この報告書から、ブッシュ政権下のペンタゴンは、イラクのWOMDにほとんど関与しておらず、代わりに旧ソ連の生物兵器に重点を置いていることが分かった(第1章)。

しかし、大佐の焦点には、アメリカの後期段階のバイオ兵器の開発を正当化するために、Ainscough大佐の論文が使われることが明確に意図されているかもしれません。致命的なエボラウイルスを武装させるような考え方は、すぐに兵器研究の現実となった。

しかし、再び、シリアのイラク人やイランの原理主義者たちは、米国に対するエボラの標的とされた攻撃の示唆ではありません。ロシアは再び想定される侵略者である。この  2014年の報告書  は、「Weaponizing Ebola?」はJohn Rによって書かれています。ヘインズは、FPRIのPrinceton Committeeの外交政策研究所の上級研究員および常務理事です。

彼の "物語"は、ソビエト時代のバイオプロパテオバイオウォーフェアエージェンシーで、アメリカの軍事生産者のための新しい「狂人」を創造するために回っている。兵器科学者の宣伝は、「死者=ロシア人、ソヴィエツ=プーチン、ソヴィエツ=敵」と等しい。

私たちが恐怖のフリックの中に閉じ込められている不気味な感覚を得ないアメリカ人たちのために、空軍が自分の人員で生物兵器をテストしたり、彼らを犯して感染させたという証拠があるかもしれません。  「アデノウイルスの地理的に分散した軍事施設への普及、2007年5月〜10月」と題した疾病対策センター(CDC)の報告書は、空軍唯一の陸軍空軍基地の訓練センターを含む米国の訓練施設で発生したアウトブレイク(AFB)。

ラックランドが「技術的」な流行の中心であったという決定的証拠はありませんでしたが、サンアントニオの事実はここで注目されている米国最大の軍事医療と生物医学研究の本拠地です。生物兵器の研究開発がどこで行われなければならないかを見ると、病原体の封じ込めがバイオセーフティーレベル4に達した米国内のほんのわずかな場所、または最高レベルであるBSL-4が見つかりました。

これらのうちの1つは、サウスウエストバイオメディカルリサーチ(Foundation for Biomedical Research)であり、サンアントニオの衣装であり、遺伝子発達を含むバイオテロ防御の秘密の開発を手がけている。ラックランド空軍基地には  、独自の (PDF)運用BSL-3施設もあります。

結論として、プーチン大統領の言葉を読んでいた当初の私のショックは、私にバイオウェポンの領域で可能なことを研究させました。私は個人の急性の標的の私の考えは、結局結構ではなかったと思う。大西洋からのこの報告書は、2012年にプーチン大統領や他の世界の指導者たちがすでにいくつかのDNA武器やその他の兵器に襲われている可能性があると語った。2012年からのリードを引用するには:

「米国政府は、世界の指導者のDNAを秘密裏に収集しており、バラク・オバマ氏のDNAを保護していると伝えられている。解読されたこれらの遺伝的青写真は、妥協する情報を提供する可能性がある。あまりにも遠くない未来において、彼らは大統領を辞めて痕跡を残さない個人化された生物兵器の創造のための基盤をより多く提供するかもしれない」

疑わしい犠牲者にウイルスを郵送することで既に可能なことについてこのレポートを読んだ後、組織サンプル採取のために支払うペンタゴンについて、ウラジミールプーチンに質問してください。ロシアとプーチンは、ヒラリークリントンのDNAを使って、彼女を待っているバンにつまずくようにして、次に非難されるだろう。つまり、主流の傾向が速い場合。

フィルのプーチンのプラトリアン は、アマゾンで出版されています。

フィル・バトラー氏は、オンライン雑誌「ニュー・イースタン・アウトルック」専用の政治学者で、政治学者であり東欧の専門家でもある  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

カルザイ、米国に対する戦争犯罪裁判所の呼びかけ

カルザイ、米国に対する戦争犯罪裁判所の呼びかけ

11
1722
実際のバンカーバスター、原子力のない "フラッシュ"

<iframe src="https://players.brightcove.net/665003303001/SJg0bzqkZ_default/index.html?videoId=5641481035001" frameborder="0" width="300" height="150"></iframe>

Kadir Mohmand提出

ハマス・カルザイ元アフガニスタン大統領は  、イラクのイスラム国家と自国のレバント(ISIL)グループと協力していると非難している。

カルザイ氏は、金曜日に放送されたアルジャジーラのアップフロントとの独占インタビューで  、米国政府はISISとして知られているISILがアフガニスタン内で繁栄することを許可したと述べた。

「完全な存在、監視、軍事、政治、知性の下での私の見解では、Daesh [ISIL]が浮上した」と彼は語った。

「そして2年間、アフガニスタンの人々は苦しみや違反について大声で叫びました。何もしなかった。

<iframe src="https://players.brightcove.net/665003303001/4k5gFJHRe_default/index.html?videoId=5398468864001" width="300" height="150" data-mce-fragment="1"></iframe>

カルザイ大統領は、ドナルド・トランプ大統領の米国政権は、2017年4月に ISILをアフガニスタンに大量の爆弾落とす言い訳として使用したと述べた  

"そして、翌日、Daeshはアフガニスタンの次の地区に行く"と彼は武装集団のアラブ名を引用して言った。

"それはそれに手があることを私たちに証明し、その手はアフガニスタンの彼ら以外の誰でもありません。"

最大の核兵器ではないGBU-43は、少なくとも36人のISIL戦闘機を殺し、武装集団のトンネルを破壊したと伝えられるパキスタンとの国境近くのナンガハール州のアキン地方で戦闘に使われた。

米国中央軍事司令部(CENTCOM)は、この攻撃は、アフガニスタンと米軍がこの地域で治安作戦を実施するリスクを最小限に抑えるように設計されていると述べた。

「すべての爆弾の母」(MOAB)とも呼ばれるこの爆発物は、1.6トンの爆発半径を持つ11トンのTNTに相当します。

証人たちは、爆発の後、地面が揺れていると感じ、他の人たちは、余波の中で激しい炎を描くと語った。

当時、カルザイはまた、この攻撃が「新しい、危険な武器のテスト場」としてのアフガニスタンの「非人道的で最も残忍な誤用」であると非難した。

「潜在的な戦争犯罪」

カルザイ大統領はまた、国際刑事裁判所(ICC)検察官が、在任中に拘束された者を含め、アフガニスタンでの戦争犯罪を調査するよう最近の呼びかけを歓迎したと述べた。

カルザイ氏は、UpFrontの  ホストMehdi Hasan氏に、Fatou Bensouda氏のアフガニスタンでの調査開始を要求したICCチーフ・フィッシャー検察官に言及して、「そのような調査を開始するのは正しい  

<iframe src="https://players.brightcove.net/665003303001/4k5gFJHRe_default/index.html?videoId=5210845069001" width="300" height="150" data-mce-fragment="1"></iframe>

カルザイ大統領はまた、政府の間に人権侵害があったことを認め、おそらく彼の監視下にあった。

「確かに、アフガニスタンの治安部隊、米国、その他の人々による違反があった。

カルザイ大統領は、たとえ彼自身の潜在的な共謀にもかかわらず、何らかの捜査に協力すると述べた。

「私は、アフガニスタンに来て、この国で何が起こったのかを調査するよう、これを求めてきた。

インタビューの中で、カルザイ氏は、人権侵害が起きていることを就任中に警告されたという人権団体の主張にも対応するよう求められた。

"彼らは間違っている"と彼は言った。"彼らは私に言わなかった。私は彼らに言った。

「西側の人権団体に対し、アフガニスタンで何が起こっているのかを話しました。彼らはそれを隠していた。西側の記者はそれを隠していた。私は彼らに言った。私はそれを調達した。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

米国の支援を受けてRaqqaから安全な通路を与えられたISISテロリスト

米国の支援を受けてRaqqaから安全な通路を与えられたISISテロリスト

3
1133

__________ 
マスダール
ISISテロリストは、米国の支援を受けてラッカから安全な道を与えられた

BBC 、10月初めにイスラム国家(ISIS)が米国のシリア民主共和国(SDF)にRaqqa市を譲渡させた秘密協定の詳細を月曜日に漏らした

"BBCは、米国と英国が率いる連合と都市を支配するクルド主導の勢力の視線のもと、何百人ものIS戦闘機とその家族がRaqqaから逃げ出す秘密の契約の詳細を明らかにした"と報告書が始まった。

「IS戦闘員が自ら宣言したカリフ制の事実上の資本であるRaqqaから脱出できるようにするための契約は、現地の関係者が手配していた。それは4ヶ月の戦いの後、街を去り、人がほとんどいなくなった。命を惜しみ、戦いを終わらせる。ISに反対するアラブ、クルド、その他の戦闘機の命は犠牲になるだろう」とBBCは続けた。

この報告書によると、約250人のイスラム国家テロリストがラクカに閉じ込められた3,500人の家族と共に、この都市を離れることが許された。

BBCによると、ISに対する西側の連合であるオペレーション・インコヒーレント・リゾルブのスポークスマン、Col Ryan Dillonは、「我々は誰も残したくない」と述べた。

しかし、これは、地元の地方の指導者たちが、「地面に立って」、「地元の指導者たち」を通じて、戦略の中心に行く。それはシリア人たちに降り立ちます - 彼らは戦って死にそうな人たちです。彼らは操作に関する決定を下すようになります "と彼は付け加えました。

イスラム国家戦闘機は、トルコやDeir Ezzor Governorateを含む多くの地域に逃げたと伝えられている。

米国連合(US連合)は、イスラム教シーア派のテロリストと民間人がレバノン国境からデアエゾール県を離れることを許可したことをシリア政府とヒズボラを批判していた。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

意見:#waronterrorは終了しました。東方にシフトはありません。

意見:#waronterrorは終了しました。東方にシフトはありません。

2
213

私はミントプレスが引き継がれたと思う。非常に間違った記事が掲載されました私たちは事件の後トルコから流入してきガスについて広範な研究を行いました。それは何年も前から#ワロンテロを終わらせるために戦ってきたので、私は無防備な不正な調査で私を攻撃しました。セレナ・シムを覚えている。人々は事件の背後に誰がいるのか、そしてなぜそれを知りたがりませんでした。カハシコン事件の原因となったエルドガンに違法ガスが絡み、シリアのテロリストがガスを受け取った。putinは以下に属します。ムーン・ジェインは誠実さを持っています。米国は、#ワロンテロに対する現在の調査に関連する完全性を保有している。

この惑星では、テクノ戦争の必要もありません。私たちは誰にとっても自由エネルギーと水エネルギー独立住宅を持つ惑星にとって緑色の革命が必要です。私たちはイラク人のために賠償が必要です。チャラビはそれが起こるには下にある必要があります。

これは考慮すべき素晴らしい製品であり、私はまだこの会社に株式を持っていません。http://singcore.com/news/new-sip-structural-insulated-panels-sips

そんなに多くの機会があり、人々は機会から見ているようです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

NEO - イランは、より大きな地域戦争に直面しているか?

NEO - イランは、より大きな地域戦争に直面しているか?

0
203

ペトルリボフで、... 東部新展望、モスクワ

私はここに真実の愛を見る

編集者注ハリリのスンニ派の構成員とレバノンのヒズボラとの間の計画された対立について、Petr Lvovが漏洩したイスラエルのケーブルで以前にこれを逃していたこと、そしてサウジアラビアと湾岸連合の国が彼らの市民にすぐにレバノンを出るよう勧告した。

明らかに誰かが誤って判断したので、狩りは今これが二重か三重設定の仕事だったのですか?ハリリ氏の信用度がゼロになったため、ハリリ氏がサウジアラビアで辞任したという考えを夢見ていた人は、いわゆる計画イベントの機会を奪った。

彼はサウジアラビアの人形であることを認め、旗を振っていたが、レバノンの党も深く汚していた。これまでのところ、我々は反逆のために調査されたレバノン内の呼びかけは聞いていない。反対に、彼の党は主に彼の浮動で彼の後ろに立ち、彼は辞表を取り消すかもしれない。

レバノン軍はヘスボラと戦うつもりはない。なぜなら、軍隊にこれを行う理由は決して与えないからだ。その分裂と征服の罪は、イスラエル人、サウジアラビア人、トランプ氏、あるいは3人のすべてから来るだろう。レバノン軍は、32歳の皇太子が夢見てきたような幼稚ないたずらに、どんな力があるのか捨てようとしていない。

彼は戒厳令のサウジ版を宣言する危機を作り出しているようだ。増え続けるリストには、週末に2ヵ所の軍事逮捕が加わり、不確実性が高まって2年ぶりに最高値まで上昇した。サウジアラビア人はそれについて泣いていません... ジム・W・ディーン ]

ジムの編集者メモは、PayPalを介して単独で集められています。
ジムの仕事には、研究、フィールドトリップ、Heritage TV Legacy archivingなどが含まれます。助けてくれてありがとう。寄付するためにクリック>>
大統領のTweetだけでは十分なカメラが得られない

- 最初に公開されました... 2017年11月18日 -

11月10日の朝、ドナルド・トランプ大統領は、結局のところ、ベトナムのAPEC首脳会議でロシアのプーチン大統領と独占的な会談を行っていないと発表された。プーチン大統領のユーリ・ウシャコフ准将とセルゲイ・ラブロフ外相の両外相は会談が行われると発表して以来、この発表はモスクワにとって大きな驚きとなった。

しかし、金曜日の朝、ホワイトハウスの広報担当者、サラ・サンダース紙は、首脳会談の間に、「異なるスケジュール」のためにプーチンとトランプの間で特別な会合はないと述べた。

同時に、トランプ自身も、大規模なアジアツアーの開始前に、議論すべきいくつかの問題があったので、ロシアのリーダーと会いたいと熱望していたことを繰り返し述べています。メディアは、シリア、北朝鮮、ウクライナに捧げられた会議の議題を受け取った。最初は、そのような突然の心の変化について説明するのは難しいでしょう。

それでも、ロシアと米国が現在互いに重大な不安を抱えている中東地域のこの謎を説明するのに役立つ一連の出来事が展開されています。

サウジアラビアは、サハード・ハリリ前首相がリヤド滞在中にポストを放棄するよう、レバノンに対する影響力を回復するために、この時点で決定されているようだ。この決定には   、レバノン前首相を支持しているスンニ派との間で、ヒズボラと衝突することを目指している、レバノンを目指した計画された軍事衝突についての秘密のイスラエルケーブルが漏洩した。

その後、11月9日、リヤドといくつかのGCC諸国は、イラン軍がすべての権力を奪取したという口実で、レバノンを離れるよう警告した。

テルアビブが支援したサウジアラビアは、レバノンを別の血まみれの紛争に突きつけることで、地域の不安定化を計画しているようだ。ハリリ氏は、復帰時に暗殺されると主張し、レバノンのすべての問題をヒズボラで起訴したとしているが、状況はいつでも素早く解明できる。

サウジ政府の無任高官は 、リヤドがハリリに対し、彼を逮捕しながら辞任することを  確認した。別の筋によると、彼の動きは現在リヤドによって制限されているという。サウジアラビアは、ハリリを逮捕したことを否定するが、彼の動きに対する可能性の制限について沈黙している。

当然のことながら、市民にレバノンからの退去を促すと、サウジアラビアは予見し、紛争を計画しており、まもなく戦争が起こる。どうやら、サウジアラビアとその同盟国は、レバノンでの、そしておそらくはシリアでのヘスボラの地位に対する攻撃を開始する準備をしているようだ。サウジアラビアの戦闘機がシリアでレバノン連合民兵を攻撃し始めると、すぐにイスラエルとアメリカの航空機によって支援されるだろう。

このような開発が、中東におけるすでに不安定な権力のバランスを埋めることができることは間違いありません。エマニュエル・マクロン大統領は、リヤドとの最後の会談を控えているサウジアラビアへの急を要する旅で、この事実を十分に認識していたようだ。結局のところ、フランスはレバノンのキリスト教徒とスンニ派の後援者であった。

ハリリ氏は、サウジ亡命者を余儀なくされた政治指導者、マンサール・ハディ前大統領の元老院長の公明な観察者を思い出させている。

ハディ氏は、サウジ武装勢力の支援を受けてイエメンに戻って、イスラム教徒の元首相、アリー・アブドッラー・サレの支援を得たにもかかわらず、ハワイ人として知られるシーア派の反乱軍を激しく抑圧するだろう。そして、リヤドはイランとの戦争を開始するための正式な口実を持っている。イランとの間でミサイルを供給していると非難されているイエメンから発射されたミサイルが、

さらに、サウジアラビアがイエメンに対抗して行っている行動は、特に重要な食糧やその他の不可欠な供給を断ち切っている最貧国に対して封鎖を課しているため、その性質上特に合法ではない。何百万人もの国連病気と飢え。

しかし、サウジアラビアの究極の目標はレバノンやイエメンではなく、イランであり、他の国に対する軍事侵略は間接的にテヘランを標的にする方法に過ぎない。イランとイスラエルのイランとイスラエルの成功は、サウジアラビアが率いるアラブ君主制への直接的な挑戦である、域内の「シーア派の三日月(shia crescent)」政策を通じてイランに大きな影響力を与えている。

実際には、これまでの代理紛争とは異なり、地域戦争が起こっていることを目撃しています。サウジアラビアの軍と他のGCC諸国の軍隊は、間違いなく印象的な軍事力を持っているが、彼らの敵はシリアとイラクで軍隊を疲弊させている。それはリヤドに何らかの形で勝利をもたらす可能性があるという信念につながる。

可能な軍事作戦の分野は同じである - シリア、そしておそらく、おそらく、レバノン。サウジアラビアの同盟国は、米国とイスラエルの双方が何らかの形でイランとの直接戦争を模索しているため、同様にかなり予測可能である。

紛争はまだ始まっていませんが、世界はその影響を理解しなければなりません。モハメド・ビン・サルマンは、すべて外出することに決めたと思われるが、リヤドは外国人外交ミッションがサナを離れることを強く示唆しているが、これはレバノンとイエメンに対する同時の2回の同時攻撃がテーブル上にあることを示している。

しかし、イスラエルがリヤドを支持していると主張して、イランイスラム共和国の深い核施設に対するストライキを開始することに決めた場合、最悪のシナリオが起こるだろう。その後、戦争は本当に醜いことができます。そしてそのようなシナリオは排除することはできません。さらに、11月10日の朝、トランプは突然プーチンとの会談を拒否した。

それはシグナルですか?さらに、これはすべて、米国の壮大な戦略に陥り、「可能な限りロシアを絞め殺す」と簡単に説明することができます。ワシントンがより極端な軍事シナリオを試みるのを妨げるものは何ですか?

ピーター・リボフ、政治学博士、オンライン雑誌「ニュー・イースタン・アウトルック」専属"

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ヒズボラ - 中東における能力と役割(完全ドキュメンタリー)

ヒズボラ - 中東における能力と役割(完全ドキュメンタリー)

 
(/・ω・)/万歳ヒズボラ
 
 
2
561

<iframe src="https://southfront.org/wp-content/plugins/fwduvp/content/video.php?path=https%3A%2F%2Fsouthfront.org%2Fhezbollah-capabilities-role-middle-east-full-documentary%2F&pid=1085" frameborder="0" scrolling="auto" width="560" height="320"></iframe>

...サウスフロントから

ヒズボラは強力な武装翼を持つ社会的、政治的運動である。それは1980年代に結成されました。ヒズボラの創設は、イスラエルの拡大と西洋の「新スタイル」植民地主義の課題を解決するために、シリアのレバノン人民の志向を条件にしていた。

ヒズボラ(「神の党」)の動きは、1982年にレバノンで、アマルの適度なシーア党の見解を世俗的に不快なシーア派の部会によって形成した。イスラエルが新たな組織形態や戦争方法を用いて対峙すべきかどうかについても意見が分かれていた。イスラエルとシリアの支援は後になったが、パレスチナとレバノンの勢力の支援と援助に依拠して、ヘスボラはその形成以来、純粋にレバノン内の創設であった。

当初から、ヒズボラの活動は3つの原則に基づいています。まず、イスラム教は組織の機能のイデオロギー的、教義的、そして実践的基盤と宣言されている。第二に、主な目的は、イスラエルがレバノンとパレスチナを占領し、シオニストを支配することに対する闘争です。第三に、それはヴィラヤト・エ・ファキの必要性に関するイランのシア論文を認識している。このシリアの教義は、イマーム・ムハンマド・アル・マッディの12 大再会の時代に、シーア派のリーダーシップが高級シーア派教徒に移管されたと主張する

構造と意思決定

ヘスボラは組織として、あるイデオロギー原理に基づいた構造を持ち、運動の活動に実際の影響を及ぼさない国家の枠組みの中に存在する。7人のメンバー(6人の精神的指導者 - ulemas - と1人の世俗的リーダー)からなるShura Councilによって率いられている。メンバーは、中央評議会(Al-Majlis al-Markazis)によって選出され、200人の最も権威ある運動のメンバーで構成されています。シュラ委員会の選挙は3つのフェーズで構成されています。最初の候補者は、トップリーダーが定めた基準を満たす聖職者と世俗的な候補者(通常は70-80)です。このステージを通過する人は、第2ステージに参加する権利があります。言い換えれば、彼らはシュラ委員会の候補になる。原則として、10-15人が第2ラウンドに参加します。

理事会の決定は、最終的かつ宗教的にすべての党員に拘束されます。彼らは満場一致で投票の大多数によって採用されます。シュラ委員会内にデッドロックや分裂がある場合、問題はすべての行政機関に最終的かつ義務的な党首によって決定され、挑戦することはできません。これは、ヴィラヤト・エ・ファッキーの原理がどのように観察され、支配するエリート内の分裂が回避されるかである。

当事者の実際の運営は、シュラ・タンフィズ(Shura Tanfiz)と呼ばれる管理執行機関によって行われます。それは5つの評議会で構成されています。

  1. 執行評議会(社会的、文化的、教育的活動を含む政治的、組織的問題の監督)。
  2. 政治(政治内の問題を扱う)。
  3. 議会評議会(レバノンの議会でのヘスボラ活動に懸念)
  4. 司法評議会(イスラム法に依拠して、宗教上の決議を行い、意見の不一致に関する仲裁を行う)。そして
  5. ジハード評議会(監督、募集、訓練、装備、セキュリティーを含む運動の指揮)。

各評議会は、通常、Shura評議会メンバーが率いられます。

この運動の事務総長は、武装組織の最高司令官でもあるハサン・ナスララです。リーダーシップには、副議長、究極の裁判官でもある霊的指導者、レバノンの一部の議員、南レバノンの軍隊形成指揮官、そして組織の地域リーダーが含まれる。執行理事会には、福祉、医療、情報、報道、財務、外部コミュニケーション、調整など、特定の活動分野を担当するさまざまな部門があります。

武装した陣地とその特色

ヒズボラの武装強さの評価はさまざまです。2016年10月のイランのFARS通信社のデータによると、ヘスボラの武装強勢は埋蔵量を含む65,000以上の部隊に当たる。うち21,000人は専門兵士であり、絶えず訓練を受けています。2017年の軍事収支によると、現在5〜8000人のヒズボラ軍がシリアで戦っている。

ベッカ・バレー:ヘスボラとシリア軍の共同指揮下にある「シェイク・アブダッラー(Sheikh Abdallah)」軍収容所のために、イランからシリアへの武器輸送の支配が指揮官の責任となっている。様々な情報源によると、この地域の軍隊は少なくとも252人の歩兵大隊で構成されています。そのうち3台が電動化されています。

南ベイルート:さまざまな情報源によると、この地域には少なくとも2つの大隊252人が含まれており、そのうちの1人は電動である。

南レバノン: 1989年のタイフ条約の後、ヒズボラ組織が再編成され、統一された命令の下に置かれた。現在の指揮官は、ヒズボラ軍と特別治安部隊を担当しており、南レバノンのレバノン陸軍部隊を指揮することもある。この地域には少なくとも7つの大隊(それぞれ252人の兵士)が含まれています。

さらに、イラン、NATO、ロシアの措置、戦車連隊による本格的な存在の重要な事実に注目すべきである。2016年11月、アル=クエイジール(シリアのホムス県)の近くで、ヘズボラ装備の検査が行われました。写真にはT-55、T-62、T-72タンク、2S1 Gvozdika曲面、BMP-1、-2、M113 APC、14.5mm機関銃、ZSU-57-2 SPAAがありました。この装備のほとんどは、明らかにSAA兵器から出てきたもので、レバノン軍、おそらくイランから得られたものです。

最も興味深いのは、Kvadrat(SA-6)SAM追跡シャシーとソ連時代KS-12 85mmとKs-19 100mm AA銃を使用して組み立てられたハイブリッドです。現代の航空機や無人航空機に対するその有効性は疑わしいものですが、土地ターゲットに対する直接射撃支援としては有効です。その他の興味深い武器には、現代のKornet ATGMが四輪列に搭載されているものがあります。これらの自走式ATGMは、イスラエルを含む現代の戦車と効果的に戦うことができます。

すべての外観で、この部隊は何千人ものヘスボラ戦闘機が常に最前線にいるシリアで戦争を起訴するために結成されました。戦車や砲兵などの直接射撃支援がないため、操縦の成功は損なわれる。したがって、ヒズボラは戦場の成功を確実にするために、独自の鎧と砲兵の武器を組み立てることにしたと仮定するのが理にかなっています。

ヒズボラは本格的な政治的、軍事的組織であることから、イスラエルや過激なスンニ派イスラム派などの敵に囲まれていることを理解している。したがって、ユニットがレバノンと隣接国の基準による深刻な勢力を表しているため、経験豊富な乗組員とのタンク連隊を持つことは非常に重要です。レバノンでの内戦の長期化、イスラエルとの永続的な離反、そして今やスンニ派イスラム主義者との闘い、つまり戦争と平和の間の絶え間ない均衡は、その動きを柔軟にして、新たな問題に迅速かつ適切に対応します。

20年から30年前の党派運動の外的な特質にもかかわらず、ヘスボラの準軍事組織は徐々に訓練施設、指揮構造、訓練施設などを備えた本格的な軍になっているという結論を導くことができる。ロジスティクスセグメント。

幹部選定と訓練

将来の戦闘機の準備は、非常に若い時期から始まります。6歳の子供たちは討論に参加し、成長するにつれてより高度な政治的、宗教的準備を受けます。訓練の例としては、コーランの勉強、モスクの一日、私の国が大好き、家庭の運営方法、サマーキャンプ、私はリーダーに提出する。若い子供の制服は、原則として、epaulettes、白いスカーフ、Khomeiniのイメージを持つピンの青いシャツが含まれています。

高齢の少年たちは、夏の間、南部のキャンプやBekaa Valleyで数週間を過ごし、そこで訓練と生存スキルを習得しながらより深い宗教的準備と母国語と文化の勉強をします。

その後、イマーム・アル=マッディ・スカウトに移ります。スカウトのミッションの1つが貧しい人々を助けています。スカウトの頭によれば、父親や兄弟を失った子供たちが運命に追い込まれれば、彼らは内向的に撤退し、侵略などの心理的問題を引き起こすだろう。

17歳で、スカウトに秀でた人たちは、タビアのメンバー、または保護区になります。

同時に、教育は西ジャーナリストが描きたいことにもかかわらず、イスラエルに対する絶対的憎しみを促進しようとはしません。教育システムは、レバノンのシーア派が存在する文脈である国家的、宗教的アイデンティティーの開発に基づいています。

ヒズボラ戦闘機が提供したインタビューでは、政治的自立を選択した人々が社会的な仲間になることが指摘された。そのような人々は、家族や社会がそれらを憎むことを考えると、村を訪れることさえできません。

カドル部隊は戦闘訓練に集中しており、それぞれATGM砲撃者、狙撃兵、解体などの専門職を受けています。レバノン、シリア、イラン(IRGC役員指導部)の専門キャンプで、レギュラー・ヘスボラ戦闘員が訓練を受ける。彼らはランクとファイルの訓練を行い、特別ユニットの優秀な個人を選出する。それらのうちのいくつかは指揮官になり、他のものは特別保安装置のために選ばれる。

Taabiaの予備軍は村を保護するのに携わり、スカウトから選出されています。カドル戦闘機と予備軍は、イスラエルとレバノンの国境とリタニア川の地帯、ナタリ・ブリゲード、リタニア・バドル旅団の北、ベカ・バレー・ハイダール旅団のいずれかの地区で就航しています。

レバノン南部の各ヒズボラ旅団は、占領されるはずの北部イスラエルにセクターを持っています。各旅団の戦闘と特別な訓練は、地理的地理を考慮に入れます。国境地形が強化されていることにも注意する必要があります。トンネル、バンカー、地雷などの大規模なネットワークがあります。ヒズボラは、トンネルを使用して、必要な攻撃分野に多数の軍隊を集中させることができます。

シリアでの戦闘のために、ヒズボラは60-90日間続く予備選手とのトレーニングコースを実施することを選択した。指揮官はまた、経験を得るために戦闘ゾーンに送られる。集中的な操作と避けられないロスは、指揮官と軍隊が戦闘ゾーン(ムラバタ)に回転時間よりも長く滞在することを余儀なくさせた。予備選手にとっては、1年に15日だった。シリア戦争の前に、イスラエルとの国境はそのような地域とみなされました。現時点では、シリア戦争ゾーンの回転期間は20日であり、必要な場合には増加する可能性があります。これは、イスラエルの国境やエジプトでのエスカレーションの際に、訓練された安静時の軍隊が利用できるようにするため、最適と考えられています。

ここでは、2017年5月20日からのヒズボラ部隊の配備に関するニュースレポートの例を紹介します。ラドワン特別部隊などは、シリアから完全に撤収され、アレッポ州の東部と北部に駐留するバドル旅団に取って代わりました。アジズ旅団はパルミラの郊外から撤退し、アル=カメ旅団は一時的にそれを置き換えた。

さらに、Radwan部隊は警報レベルを上げて、南レバノン(イスラエル国境のリタニア川とShebaa牧場)に送った。イスラエルとの戦争の際にガリラヤでの運営を目的としたアルジャリール旅団は、南レバノンの永続的な地位を維持した。ハサン・ナスララの直下にあるナスリ・ブリゲードは予備のままだった。

Radwan部隊は、2008年に殺されたImad Mugniyeh(仮称al-Hadja Radwan)特別保安部長にちなんで命名された。この部隊は襲撃経験が豊富で、都市戦に最も備えられているため、シリアでは置き換えられない。ヒズボラとシリアの間に新たな戦争がある場合、それは攻撃の最初の行になるでしょう。

軍の教義。シリアの戦いの特徴

ヒズボラの指導者は、シリア戦争が始まった後、その事業の概念を見直した。戦争前には、小規模のビルドアップエリアで守備隊が重視され、イスラエル軍を最大規模のIDFで犠牲にしながら、イスラエルを多数の短距離および中距離ロケットで砲撃した。

シリアでは、都市で攻撃的な活動をしなければならないことを認識した。そのため、訓練システムの見直し、ロケット兵器の増強、さらに重い武器や偵察システムの提供を行った。

Hezbollahが大規模なユニットを使用して攻撃を受けた最初の作戦は、2013年4月〜6月のel-Quseyrの戦いでした。1200-1700人の最も訓練されたHezbollah部隊が戦闘に参加しました。彼らは17の分離派に分かれ、後に3〜5隊のチームに分かれました。攻撃に先立って、司令官は都市とそのアプローチの偵察を行い、都市を16のセクターに分けた。各地域にはコードネームがあります。戦闘中、これにより、敵が何らかの対策を講じることなく、オープンな通信チャネルを使用している軍隊の指揮が可能になりました。ヒズボラ司令官は、都市近郊のSAA戦車と砲兵部隊の指揮を引き継いだ。都市がイスラム教徒の手に1年以上滞在しており、十分に要塞化されていたことを考えると、ロスの割合はそれにもかかわらず、5:1であった。

イランによるシリアのヘスボラ部隊の軍事的方向性については、イランがアル・クーズ軍のIRGC専門家を使ってヘスボラ部隊を大隊級(時には会社まで)に導く可能性が高いと思われる。IRGCの専門家が、ヒズボラと地方自衛隊を調整し、カタビブ・ヘズボラやアサイブ・アール・アルハークのように調整することはできません。大隊よりも小さいユニットは、専門家の提供を保証するものではありません。多くの訓練を受けた幹部には、援助を指示し提供する必要があります。この場合の協力に影響を与える要因の1つは、レバノンのアラビア語とイランのペルシア語の言語障壁です。

ヒズボラは、軍隊が都市で戦うことができたので、シリアの戦争を回ることを許した要因の1つになった。2011-12年のSAAは、主にイスラエルとの武器闘争を戦うために、1970年から80年の間に組織された。新しい現実は、この軍隊が都市の小さなユニットとして戦うことができなかったことを示しています。さらに、SAAは長い間戦っていない。その最後の重要な操作は1982年に行われた。したがって、都市戦争経験を持つ指揮官はいなかった。一方、ヒズボラは創設の瞬間から絶えずイスラエルと戦ってきた。指揮官の世代は、何年もの間にIDFとの闘争と戦いで彼らの技能を磨き、2006年の戦争で重大な損失をもたらしました。イスラエルは南レバノンからの退去を余儀なくされ、ヒズボラの評判は前例のない高さにまで上昇した。

イスラエルの軍事指揮官は、シリアでのヘスボラの活動について懸念している。その準軍事組織の翼は、現在、重火器と数多くの短距離、中距離、長距離ロケットを使用して攻撃的な捜査を行うことができるからだ。

ヒズボラが通常の軍隊に似ているという事実は、IDFがその戦いに対するアプローチを再考することによって確認されている。第1に、IDFは大規模な地層との戦闘を準備しており、その任務はイスラエルに侵入し、村や軍事基地を奪取することになる。第二に、トンネルで戦うための軍隊の技術的、心理的準備を含む、トンネルとの戦闘に特に注意を払っている。

ロケットアーセナル

この動きの特徴は、さまざまな見積もりで、5万〜12万の兵器を含む巨大なロケット兵器です。ロケット部品や燃料工場から貯蔵施設、偽装された打ち上げ場所まで、単なる兵器ではなくシステム全体である。

既存の陸上兵器には、様々な短距離弾道ミサイル、地表間ミサイル、複数のロケット発射機が含まれている。

既存の陸上兵器は、次の表に反映されています。

クリックするとフルサイズの画像が表示されます

* - 特定のバリアントに依存します。

MRL - 複数ロケットランチャー

SSM - 地表間ミサイル

SRBM - 短距離弾道ミサイル

武器の大半はイランとシリアから来ている。西部のメディアの疑いを含むScud-Dの所持は疑わしい。このシステムは、ロケットが液体燃料を使用するため、資格のある人員と特殊な設備が必要です。

ヒズボラの有効性を評価するために、2005年のイスラエルの砲撃を見てみましょう。当初、ナスララによると、12,000を超えるロケットがありました。公式のイスラエル警察の報道によると、ロサンゼルスには3770のロケット弾があり、その中には901のストライキが含まれていた。民間防衛のおかげで、44人が死亡し、1384人が負傷した。また、ヒズボラは、SRBMの打撃がなかったため、100km以下の範囲のロケットと小さな弾頭を使用していたことにも触れたい。これは、少数のSRBMとイスラエルの破壊努力によるものでしたが、これは部分的に成功しました。600-980kgのヒットSRBM弾頭は都市に壊滅的な影響を与えていたであろう。SSMの存在はイスラエルにとって驚きでした。2006年7月14日、イスラエル軍のコルベットハニットは、ショートから発射された中国製のC-802 SSMを打撃した。誰もSSM攻撃を期待していなかったので、船の防空はオフになった。4人の船員が死亡し、コルベットは3週間無力化された。165キロの弾頭が爆発しなかった可能性が高い。そうしないと、砲弾が沈んだだろう。

イラン、中華人民共和国、シリアで作られた大規模なロケット兵器を持っているため、ヘッツボラに独自のロケット工場があるかどうかという問題が提起されている。そうであれば、彼らは特定の数字を製造します。イスラエルとの最後の戦争以来ずっと長いことです。長期間の保管後にロケットを発射すると、ロケット発射の乗組員にとって危険になる可能性があります。シリアでの戦争は古いロシアと中国のロケットを使い果たしているようだが、その中には多数のものがあるようだ。状況はSRBMとより複雑です。彼らは作るのに非常に高価です。イスラエルがいつでも爆破できる地域での生産を確立することは意味をなさないでしょう。適切な整備を行うことで、このようなロケットを数十年まで保管することができます。ここでは、イランの市民や軍の専門家によって支援されている可能性が高い。

他の国の領土にロケットプラントを建設することはまったく別の問題です。イスラエルのメディアは、2017年8月、イラン人がシリア北西に弾道ミサイル工場を建設していると報じた。ロシアの基地があるタルトゥスから数十キロメートル、ロシアの航空機をベースにしてS-300とS-400によって保護されているHmeimimの南に、Baniasの沿岸都市の近くに建設されています。したがって、工場はイスラエルのストライキから保護することができます。専門家によると、同工場はSAAのためのFateh-110ロケット、おそらくは、Hezbollahを生産する。

ロケット兵器は近代化され、拡張されました。次の戦争の開始時に、ヘスボラは、イスラエルの全領土と国境地域だけでなく、2006年に200人ではなく1日に1500人のロケットを発射することができます。ヒズボラには信頼性の低いC-802ではなく、シリアから得られたロシアのヤコントSSMがあるという報告があります。

したがって、ヒズボラのロケット兵器は職人のロケットで溢れた倉庫のネットワークではなく、乗組員を危険にさらしている。それは様々な範囲で陸上と海上の目標を破壊することができる工業的に生産された武器の全範囲です。

上記のすべてが、レバノン南部に別の戦争がある場合、イスラエルの民間人が前例のない脅威に直面することを、指導者が認識すべきである、イスラエルとの戦争を求めることを意味するものではない。

インテリジェンスとカウンターインテリジェンス

ヒズボラの特別保安部は、インテルとカウンターインテルの両方を担当しており、シュラ委員会の命令で海外で専門的に活動している最も重要な任務の1つを実行しています。Imad Fayez Mughniyehは、2008年まで、シリア首都ダマスカスのカフルソウア地区での車爆弾爆発で死亡した特別警備部門の責任者だった。

Shuraの部長の責任には、以下の部門の監督が含まれます。

  1. 高レベルの霊的指導者に個人的な安全を提供する国家予防的セキュリティ装置。
  2. ヒズボラのメンバーの政治的および宗教的信頼性を追跡する内部セキュリティと情報機器。
  3. レバノンのヒズボラに干渉しようとする軍事的または政治的な個人や団体を監視し、追跡し、浸透させ、必要に応じて軍隊や政治家を排除する国立中央防御装置。
  4. 外国の戦闘細胞とインテル装置。この部門は、セルリーダーが受け取った要求の種類に応じて、中央セキュリティ評議会と部分的に重複しています。

Imad Mugniyehは、この部門を世界で最も強力な秘密サービスの1つにした個人です。彼は1962年、南レバノンのテイラー・デブバ村で生まれました。彼は1970年代半ばにFATH組織でキャリアを開始しました。1977年から1982年には、彼は諜報部隊と特殊部隊(軍隊17、統一治安部隊など)の一員でした。Bekaa州のImam Ali拠点のIRGCインストラクターの上級コースの後、彼は著名なShia clia Muhammad Hussein Fadlallahの個人セキュリティチームを率いた。

2005年以前には、ヒズボラは、インテリジェンスとカウンター・インテリジェンス活動を行う能力を拡大したコモン・セキュリティのためのAmn al-Amnメイン・ディレクターを含むレバノンのインテル・サービスに大部分が統合されていた。ヒズボラは、2005年2月、レバノンの元首相、ラフィク・ハリリが死亡したと非難された後、レバノンの秘密サービスを離れることを余儀なくされた。

特別保安部はイランとイスラエルの経験を研究している。イスラエルの知事によると、ヒズボラはイスラエル国防軍(IDF)とAMANの軍事情報に大きな代理店ネットワークを持っている。この意見は、捕獲されたヒズボラのメンバーのイスラエル軍MODマップ、マニュアル、文書へのアクセスが制限されていることによって支持されている。

この動きの成功は、主にイスラエルとレバノンのアラブ人の間の家族や犯罪の関係や、ヒズボラ・インテルとパレスチナ自治政府の武装組織との間の協力関係に基づいている。さらに、ヒズボラの知性は、しばしば捕獲された役人と兵士の尋問と、上級イスラエル将校の募集を通じて得られたデータを使用する。例えば、ヒズボラは、ベドゥインであるIDF中尉オマル・エル・ハイバを募集することができました。この役員は、西地区本部で高いポストを占めていた。彼はIDFで最も能力の高いベドウィン役員の一人でした。重傷を負った後、彼は身体障害者になったが、IDFに戻ってベドウィンの中で激怒した賞を獲得した。この役人は、レバノン国境にあるIDF軍の秘密情報とパトロールのスケジュールをヘスボラに与える疑いで逮捕された。

特殊セキュリティ装置の機密保護のために、外国のテロリストとインテルセルについてはほとんど知られていない。原則として、彼らは主要な出来事の後でのみ知られる。ヒズボラは、特殊部隊の中から特殊部隊の人を選ぶ。これらの人々は、十分に訓練され、使命のために死ぬ準備ができていると信じられています。その中には、存在をやめたアラブやイスラム組織の者もいる。ヒズボラのすべての特殊捜査部隊は、イランやシリアの知人や特殊部隊、IRGCの支援を受けて、特別治安装備によって処理されている。

海外の細胞のメンバーは徹底的に訓練されています。彼らは働いている国に関する知識と情報を持っています。彼らは国の言葉を話す。これは、民間および軍事当局からの関心が低い。
侵入ユニット装備には、任務に応じてイスラエル軍その他の軍服が含まれています。イスラエルに侵攻したユニットはヘブライ語を話し、イスラエルの武器や装備を迷彩にして、この地域で使用されているあらゆる種類の武器に精通している。特別な浸潤ユニットのメンバーと自殺ユニットのメンバーは、とりわけ、制服によって異なります。たとえば、ジハードデタッチメントは緑色または黒色の服を着用し、Semtex、C-4、またはC-9の料金を携帯し、通常は操作上マスクを着用します。

以下のジハードデタッチメントが知られています:

  1. Islambula旅団:政治活動家の暗殺。
  2. Al-Quds Brigade:それぞれ56個の自殺爆撃機の2つのユニット、Fathi Shkaki CompanyとIhye Ayasha Company。

Imad Mugniyeのイニシアチブでは、90年代初期にヘブライ語を話すレバノンのパレスチナ人の特別部隊が結成された。それはIDF軍の頻度を盗聴するという仕事をしていました。その後、SSAは、イスラム科学文化センターとイラン、シリア、レバノンの支店で言語と専門技術を向上させようとしました。

ヒズボラの部隊と管理された領土は、イスラエルの人間情報活動の目標であることに注意する必要があります。イスラエル国境警備隊(MAGAV)には、メンバーをアラブ人のように見せることをカモフラージュするYAMASユニットが含まれています。2006年の戦争では、レバノン南部とベイルートでイスラエルの代理店網を見つけて破壊した。ネットワークはHezbollah HQでスパイを行い、このデータをIDFに送信した。地元住民の代理店は、ヒズボラの軍事施設を監視するための機器を設置し、GPSデバイスを使用して軍需品を誘導し、建物や指令センター、ロケット倉庫、打ち上げ現場に黒い粉を広げた。しかし、IDFとイスラエルの知事は、イスラエルの砲撃が何を問わず継続したため、1人の上級ヘスボラ関係者を殺害したり、捕虜を拘束したり、指揮命令システムを破壊したりすることはできなかった。

メディア:煽動と宣伝

ヒズボラはメディアを特に重視している。衛星テレビチャンネル(アルマナール)、4つのラジオ局、5つの新聞を所有しています。Hezbollahのイメージは、1991年6月以来放送されていたAl-Manarによって形成され、2000年に衛星化された。Hezbollahは世界の顔になった。チャンネルは、その存在の前に新聞とラジオ局で構成されたアラブのメディアがユニークです。専門家は、その視聴者がアルジャジーラに次ぐ第2位であると信じている。アル・マナーは、特にイスラエルとの戦いの分野で、成果を実証する、この運動の公式チャンネルになりました。その放送は、主にニュースや政治番組、殉教者の記憶に特化した放送、情報番組や娯楽番組で構成されています。それはイスラエルの人口のためにヘブライで放送されるという点でもユニークです。

ベイルート南部からのヒズボラのラジオ局アル・ヌールとアル・イマン放送。レバノン南部のAl-Islam放送、Bekaa川渓谷のSawt al-Mustad'afin放送などがある。Al-Bilad、al-Ahd、al-Muntalaq、al-Sabil、Baquitou Allahなどの新聞もあります。

ムーブメントにはウェブサイトwww.moqawama.orgがあります。その内容には、レバノンと世界の最も重要なニュース、ムーブメントリーダーによるビデオアドレス、殉教者の記憶、世論調査、そしてムーブメントの歴史の中での記念日が含まれます。テレビやウェブチャンネルによる激動のビデオ放送は、芸術的で監督的な質が高く、レバノンだけでなく世界でも観客とアラブの精神の好みを考慮に入れています。

社会事業

ヒズボラはテロ組織として西洋メディアで知られているが、その活動の多面的な側面によってそのラベルに反する。シリアとイスラエルとの戦いとは別に、それはレバノンの議会の一部であり、レバノンに教育と医療サービスを提供している。2000年から2010年にかけて、レバノンでの人道活動に数十億ドルを費やしました。組織は、幼稚園や学校、病院や診療所、さらにはスーパーマーケットを建設しています。その戦闘機とその家族は、大きな割引を用いて多くのサービスを利用することができます。ヒズボラの学校での教育は公立学校よりも安いです。貧しい人々は奨励金を得る。もちろん、教育はアラビア語、イスラム教、シアの伝統に焦点を当てています。しかし、英語と物理学も教えられています。

メディアはまた、レバノンの自由と独立のために落ちた人々に焦点を当てています。シーア派コミュニティーの見解である殉教者に対する敬意の看板として、葬儀には高官が出席する。彼らはまた、戦闘中や他の状況で死んだ人々の葬儀に参加します。これは、明らかに、ハサン・ナスララが個人的な損失を被ったためです。彼の長男ハディは、レバノン南部での戦闘中に殉教者になった。

殺された戦闘機に子供がいた場合、彼らはケアを受け、教育や雇用を受ける。財政上の問題にもかかわらず、幹部兵と死者の家族のためにお金を提供することが最優先事項です。

ムアササット・ジハード・アル・ビーナ(Mu'assasat Jihad al-Bina)」または聖なる闘争基金は、1988年にヒズボラによって設立された。それはすぐにレバノンで最も目に見えるNGOの1つになった。それは自律的ですが、その活動は、運動の社会サービス部門の範囲に該当します。その主な目的は、「道徳的およびイスラムの義務を履行する上での神の援助に頼って、貧しい家族が直面する負担を軽減する」ことです。この基金は、ベイルート、ベーカーバレー、南レバノンの南地区で運営されています。これらの地域の人口の半分以上が水を提供し、農家が家畜、肥料、燃料を調達するのを助ける。最も後方の村の電化を行う。

Mu'assasat al-Shahid、または殉教者基金は、殺害されたまたは捕獲された戦闘員および一般市民の子供を支援する。それは、住居、雇用、および未亡人のための支援を提供し、青少年のための就職活動オフィスを運営しています。

Lujnat Imdad al-Khomeini、またはKhomeini Support Committeeは、1982年のイスラエルの侵略の直後に結成された。これは、貧しい家族、特にイスラエル占領に苦しんでいた家族を助ける。援助には、毎月の給付、食糧小包、基本的な必需品、衣服、保健サービス、教育が含まれます。委員会は、投薬、診断、手術、リハビリを含む医療援助を年間数万人の患者に提供している。レバノン政府、特に保健省の財政的、技術的な無能力は、レバノン南部の病院のイスラム保健局(Islamic Health Unit)の支配下にある運動を余儀なくさせた。

ヒズボラ教育部は、アル・タビア・アル・タルバウィヤAl-Ta'bia'al-Tarbawiyya)という職務または教育部長を率いているそれは、貧しいヘスボラのメンバーに資金援助を提供する。公立学校は建設技術と教育技術のための資金が不足しているため、その支出は運動にとって非常に重要です。

教育部は、応用科学の高等教育、偉大な預言者の技術研究所、サイ・アッバス・アル・マサウィの技術研究所、サイダット・アル・ザハラ研究所、 Shaykh Raghib Harb、Isliamic Shari'ah Instituteなどがあります。

他の種類の援助には、教科書や学校教材の支払い、公立学校と私立学校の授業料の一部が含まれます。

経済・金融活動

様々な資金調達源(寄付、ビジネス、イランの支援)は、当事者の自立と経済の安定を保証します。その資産は、米国と西欧が資産を凍結するのを防ぐために、イランのサドラート銀行または正面個人の口座にある他の銀行に保有されています。パーティーは特定の個人だけでなく、パーティー全体に属する資産を持つ巨大な企業です。

資金調達の主な源泉は次のとおりです。

  • 原油価格の下落の前に2億ドルであったが、イランからの直接的な補助金は年間1億ドル以下である。
  • シリアのレバノン内外の貢献
  • 経済活動と銀行活動の利益。

密輸からの収入、武器や医薬品の違法販売は、この文脈では考慮されていない

ピューリサーチセンターと世界ファクトブック(CIA)によると、シエアムスリムは約25カ国で高い割合を占めています。

クリックするとフルサイズの画像が表示されます

合計:約 世界中で2億人。

パウのデータは、シリアの数字を過小評価するために西洋の専門家やシーア派のディアスポラで批判されてきたことを忘れないでください。

世界労働機関(World Labor Organization)によると、2016年のこれらの国の平均給与は以下のとおりです。

クリックするとフルサイズの画像が表示されます

ザカートのイスラム概念は、ジハード、貧しい人々、またはイスラム伝播人を支援する戦士を支援することを含む、神の名によって行われる行為になると、平均的な労働者は雇用者の2.5%を拠出すべきだと述べています。

ムスリム諸国の規則である複数の子供の家族(非働く妻や子供を考慮しない)を考慮すると、ザカートは地域社会の10%まで払うことができます。

この場合、国別拠出額は以下のようになります。

クリックするとフルサイズの画像が表示されます

このように、シーア派のディアスポラは、ヘルツボラの資金調達のために、1 / 5,1億2,000万ドル以上の寄付をすることはできない。

この計算には所得税は含まれていません。なぜなら、各国は異なる税法を持っているからです。また、西部とペルシャ湾のシーア派がシリアへのヒズボラ軍事援助を支持しているわけではないことも覚えておかなければならない。例えば、2013年の後半にペルシャ湾岸諸国のシーア派のNGO調査は、支持者の割合が30-50%に低下したことを示唆している。これは明らかに、ヘスボラがこれらの国のメディアによる侵略者のイメージを与えられているため、資金調達に影響を与えることはできません。2014年にISが宣言された後、インドのシーア派は、過激なイスラムと戦うためにイラクに3万人のボランティアを送る用意があることを宣言する声明を発表した。シリアへの援助を行っているインドのシーア派や近隣諸国に関する情報はない。

アフリカ諸国には、コートジボワールに6万人、セネガルとシエラレオネにそれぞれ2万5,000人、ナイジェリアに16,000人、DRCに6000人、ガボンとカメルーンにそれぞれ5,000人のレバノン人が恒久居住しています。アフリカのレバノン人の大半はキリスト教徒ではなく、シーア派である。彼らは収益性の高いビジネスを集中的に管理しているため、彼らはよく生きるだけでなく、歴史的な祖国を支えることができます。2008年だけでも、アフリカのレバノンからの送金は10億ドルを超えました。終わりのない金融危機のためにアフリカにおけるレバノンのシオの豊かさを評価することは困難です。レバノンで活発な社会プログラムを運営するのはヘスボラであるため、送金の過半数は組織の口座で終わると見なすことができます。

全体的に、この動きは1年に5億ドルを超えるものではありません。シリアで戦争を起こしており、全国の社会部門に資金を提供していると考えると、それほどではありません。

なぜヒズボラが中東の大国となり、その準州への移行になったのか

1985年にレバノンからIDFが撤退した後、IRGCの積極的な支援を受けているヒズボラは独自の兵器兵器を作り始め、1989年1月のダマスカス - テヘラン協定により、レバノン南部での軍事インフラの復旧と再開が可能になった。したがって、1991年までに、ヒズボラは、レバノンの主要な抵抗勢力となり、IDFに対して南方で活動していた。

90年代初頭から、ヒズボラは純粋に準軍組織の形成から離れ始めました。イランの指導者たちは、92年の夏に、過激派組織から積極的なレバノン政治勢力への転換を推し進めた。ヒズボラは、「穏健主義者」と「過激派」の内部妥協に達し、アマルとの停戦を確立し、議会選挙の積極的な準備を開始した。ヒズボラは今日、レバノンにおける主要な政治勢力として、そして主要なシリアの社会的および人道的な組織として活動している(レバノンは、総人口620万人のうち250万人がシリアに推定されている)。IDFは2006年にレバノン南部から撤退し、アラブ世界の目には大きな勝利を収めました。ヒズボラは本当に重要な地域要因となっている。レバノンとシリアとその地域でイランの援助を得てその影響力を高め、ヒズボラは、イスラエルと過激なスンニ派組織との闘いのためのボランティアの募集、訓練、準備の基盤となっています。ヒズボラの部隊は、通常の軍隊の敵のようにしばしば戦う。

ヒズボラの地域的影響力の高まりの理由の一つは、レバノンとイラクのシーア派と中東の継続的な戦争によるシリアのアラワ族の戦略的調整である。何年もの中断のない虐殺など、レバノンの歴史の中で最も暗い時間に組織が価値を証明したことは重要なことであり、外部の敵、イスラエルのような危険な人たちとの永続的な衝突の間にも重要です。

イランの影響に関する意見は様々です。一部の専門家は、イランの援助は非常に重要であると主張しており、それがヘズボラの意思決定プロセスのすべての側面に完全に影響を与える。当然、世界のシーア派の指導者であるイランの権威は絶対に近い。また、ヘスボラには莫大な軍事援助が与えられています。さらに、シリアでは動きが損なわれており、最も専門的であり、訓練を受けた戦闘機がそこで犠牲になり、組織が弱体化しています。したがって、意見の相違が生じた場合、イランとの取引において、ヒズボラの指導者はより柔軟で気を配らなければならない。

最も可能性の高い説明は、国の例外的な政治的地位とイスラエルとシリアのスンニ派に対する攻撃力としてのその性質のために、ヘスボラはかなり独立しているということである。2011年のシリアでの紛争の開始以来、ナスララは中立性を維持しようとしました。ヒズボラは、状況が制御不能になり、レバノンに戦闘が広がる危険性がある2013年にのみ関与した。ナスララ大統領は、「イランは、独立を求めて国家を支援する主権国家のモデルとして、また中東諸国を支援する力として、イランを地域の戦略的影響の中心地とみなすべきだ東はより強くなる。シリアとイランは、自らの計画に対してヘスボラを強制することはできない。彼らは私たちと議論するだけで、私たちを説得しようとします。

独立後、レバノン政府は南部諸国の問題にほとんど注意を払わなかった。したがって、ヒズボラは、貧困層やインフラ整備のためのインフラの整備を自己啓発のためではなく、客観的に必要としていると考えています。現実的には、誕生以来、レバノンのシーア派はヘスボラの世話を受けている。幼稚園、診療所、学校、施設などがあり、そのすべてが建設され、運動によって資金提供されています。その動きが非常に人気があり、ランク内のサービスが名誉あると考えられることは驚くことではありません。

今日、ヒズボラは運動以上のものであることに特に注目すべきである。国の一部で主権を宣言していないにもかかわらず、国家のすべての属性を持っています。それには、立法府、執行機関、司法機関、税の回収と配給のための機関、独自の教育システム、軍事、知能、カウンターインテリジェンスのメディアがあり、そのすべてが運動の枠組み内に存在し、機能している。さらに、それはその主題、それらに関する情報の完全性を支配しており、最も重要なのは何らかの形で動きに取り組むことに対する彼らの善意に依存していることです。市民権の概念は、結局のところ旅券によって定義されるのではなく、国家や運動に関連してそれに忠実であるという個人の意志によって決まる。

ヒズボラのイデオローグとシェイク・ネイム・カッセム副総裁が書いたことは、次のとおりです。「理論的な観点から、我々はイスラム国家を求めており、イスラム国家人間の幸福の最大限を促進するかもしれない。しかし、実践的なレベルでは、この質問は、クルアーン・アヤットに加えて、自由な人間の選択に依存します。2.257:宗教に強制はありません。正しい方法は、誤った方法とはまったく別物です。アイドルの崇拝を信じていないが神を信じている人は、崩れない信頼できる基盤を見つけました。本当に、神は全面的に聞いており、すべてを知っています。

シリアの急進的なスンニ派の勝利は、イラクのシナリオに従って、他のすべての宗教団体の無慈悲な消滅の可能性を意味する。米国のイラク侵攻が内戦を引き起こし、後に他のすべての信念に対して言い切れないほど残酷であることが判明したISISの出現後、ヘスボラのような準軍組織だけが自らを守ることができるというメッセージを送った生存。

結論

レバノンのシーア派の間でのヒズボラの人気は、イスラエルに対する軍事運動、レバノン全体の自然、歴史的に抑圧されたシーア派の擁護者としての役割、宗教的性質、そして幅広い社会的サービスに基づいている。

ヒズボラは、レバノンのシーア派共同体のために公式政府よりも多くを行っている。レバノン、レバノン、シーア派、シーア派の聖地を過激派スンニ派イスラム教の蔓延から守っているムーブメント指導者たちは、シリア戦争への関与が始まって以来、Jabhat al-NusraとISがまず第一に考えた。Nasrallahによると、これは選択の戦争ではなく、必然であった。

2015年に調査を実施したレバノンのNGOは、回答者の57%が、レバノンに対する過激なイスラムの脅威を現実と見ており、80%はレバノンの生活を落ち着かせると見なしていると指摘した。レバノンは今日、中東全体と同様に、新たな宗教間および共同体の虐殺を経験しています。不安定で予測不能な国に住む人々は、自国の国家や宗教界の間で保護と支援を求めています。したがって、レバノンのシリアとシリアの間で、ムーブメントの目的と使命を完全には支持していないとしても、無条件の支援を楽しんでいることは驚くことではありません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ロシア、急速に電力のバランスを回復

ロシア、急速に電力のバランスを回復

0
2042

... 退役軍人のためのSajjad Shaukat

キャスレアグ卿、クインシー・ライト、ハンス・J・モルガンサウ、ケネス・ワルツの国際関係学者の著名な学者は、「世界の独占的支配と覇権を単一の力で確認することは、アナーキーに住む他の州の生存にとって非常に重要です国際法を課し、安全保障を提供する国際機関が存在しない状況...力のバランスの概念は、システムの過剰な電力が他の部隊の存在に対する脅威であり、電力に対する最も解消されたパワー。"

冷戦時代には旧ソ連と米国の力のバランスが維持されていた。弱い国の利益が2つの大国の反対の利益によって保護されているので、世界の安定性に気づくことができる。

1991年にソビエト連邦が崩壊した後、世界にパワーバキュームが生まれました。ワルツと他の思想家たちは、ヨーロッパとアジアの他の大国が米国の優勢な力を均衡させるために個人的にも集団的にも動くように、「多極性への迅速な対応のためには、

残念なことに、他の主要核保有国や将来の同盟国は、権力の均衡体系にしたがってアメリカの覇権に挑戦しなかった。このような背景のもと、米国はユニポーラ世界で唯一の超大国として浮上した。

ブッシュ大統領(元老院長)は、シオニスト派の補佐官や新保守派との協議のもと、旧世界の秩序に代わって旧来の双極秩序を置き換え、政治的、経済的利益を保護する一種の世界的警官として活動した。イスラエル、アメリカのユダヤ人、特に多国籍企業、石油会社、銀行など、多くの大手カルテルの所有者であり、特に米国の印刷物や電子メディア、世界全体を含む。

したがって、アメリカの内部政策を支配することによって、シオニストユダヤ人は自分の利益とイスラエルのための外交政策を成立させる。

ユニポーラの世界では、国連制度さえも大きな変化を遂げました。それは世界のアメリカの覇権を確立する米国の政策の道具となった。第三世界とイスラム諸国は、ワシントンの指示に従って国内政策を再編成することを余儀なくされた。

ユダヤ人の隠れた議題を得るために、米国は、自由市場、民営化、脱国産化など急激な世界化の条件を課し、崩壊した国と世界的な金融危機を抱えた不十分な途上国に課した。

さらに、貧困国とG7諸国の間のギャップを広げた。間接的にユダヤ人に支配されているIMFや世界銀行のような企業や国際金融機関は、唯一の超大国を通じて、引き続き膠着防止プロジェクトを推進してきた。

さらに、イラクとイランに対する米国の子殺害制裁。コソボでの民族浄化を抑止するための最近の措置、イスラエルの国家テロを抑制するための国連の効果的な行動を拒否するイスラエルの西岸とガザの積極的な占領への支援は世界中のイスラム教徒を大きく悩ませた。

ジョージ・W・ブッシュ大統領が米国大統領に就任したとき、彼と新保守派は、イスラム教徒とパトリオット・アメリカ人を犠牲にして、ユダヤ人とイスラエルの政治的、経済的、宗教的利益を確保する上で、

9・11の大惨事のマスクの下で、新保守派とシオニスト・ユダヤ人の計画的な戦略は、パキスタン、インドネシアなどの弱い国々の圧力外交の雇用など、ブッシュ大統領の反テロ戦争に加わりました。米国は、よりイスラエルのためにこれらの国を不安定化させたいので、これらの国々では、より多くの武装闘争と内部の不安定化のために気にしませんでした。

しかし、バランス・パワーの体制は世界にとって非常に重要であり、モンゴセウは彼の著書「国家間の政治」にも書いているように、同盟や反アライアンスでも単一国家の支配を確認する必要がある。しかし、9月11日以降、そのような同盟は作られなかった。ブッシュ大統領は、NATO諸国を含むほとんどすべての主要西側諸国もテロに対する偽の世界戦争に加わったと述べた。

この点に関して、「バンドワゴング」に対して警告するマキアヴェッリは、「アクティブなバランスはもっと優れており、より安全です...弱い人に匹敵しないと勝者のデザインに犠牲者を残すことができます。弱い。

それにもかかわらず、9/11の悲劇の余波の後に、NATOがアフガニスタンとイラクをアメリカ・アングロ軍によって占領し、国際法違反、特殊軍事作戦による国家テロ、司法外の暗殺、重い空中爆撃イスラム教徒の疑いのあるいくつかの小国に設立されたグアンタナモ湾やアブグレイブなど、米国が間接的に関与しているソマリアやイエメンのような揮発性イスラム諸国では、50万人以上の無実の人々が殺害された。 CIA、FBI、軍は様々な拷問方法を採用していた。

イラク、イラン、パキスタンを標的とするために、9/11の驚異的な余波がイスラエルによって完全に操作された。パキスタンは、アフガニスタンでのアメリカの長期的な戦争と、その国を守るために非常に強い軍隊と諜報機関ISIのために生き残った。特に、パレスチナとカシミールの「独立戦争」をテロリズムとみなしているイスラエルとインドのテロ現象を利用することで、あらゆるテロ対策が用いられた。

したがって、彼らは何千人もの無実のイスラム教徒を虐殺した。また、ニューデリーはパキスタンを敵の1位とみなし、テルアビブとワシントンも平和的な核計画に関する噂を広めることによって同じ意味でイランを奪取した。イスラム世界の唯一の原子力国であるため、イスラエルとアメリカもパキスタンに反対している。

驚くべきことに、反イスラム教徒運動の一環としてユダヤ人の宗教的テロを脇に払ったバラク・オバマ大統領の前身と同様に、世界的なテロ戦争の趣旨のもと、シオニストの秘密の議題に従わずには、

パレスチナ人のイスラエルの残虐行為、ガザの封鎖、インドのカシミールでのインドの残虐な戦術に対する沈黙、そして無人機による無人者の殺害、非民主的な力の後押し、エジプトでの選挙政府の崩壊、シリア、イエメンなどのより崩壊した州、CIAモサドの支援を受けたアルカイダ(アル=ヌスラ・フロント)とイスラム国家グループ(別名Daesh、ISIS、ISIL)の扉を開く。イスラム世界におけるシーア派とスンニ派に基づいた宗派間分裂と暴力を促進し、彼らが敗北主義に直面しているアフガニスタンの部隊(NATO)の勢力を失墜させる可能性があると指摘されるかもしれない。

さらに、中東の民主化のための米国の計画の下で、この地域は、特に米国主導の欧州諸国が米国の統治権を奪おうとしていたシリアの場合に、最悪のテロ、内戦、不安定な状態で故意に投げ込まれたアメリカの政権交代政策の一環として、バシャール・アル・アサド大統領。間違いなく、新世界秩序は世界障害につながった。

ウラジミールプーチン大統領は、国際社会の不満と唯一の超大国の不公正を認識し、世界の権力のバランスを回復させ始めました。

これに関連して、2015年9月30日以来、北部シリアとイスラエル占領ゴランハイツ、イラン、イラク、シリア、レバノンに拠点を置くヒズボラとの連合における反政府勢力とISISの目標に対するロシアの成功した空爆シリアの反政府勢力の訓練の目標を放棄する米国防総省の発表、CIA支援の反政府武装勢力の撤退、アサド政権の崩壊、イラクのイスラエルのシャハク大統領の逮捕、アルカイダ(Al-Nusra Front)とISISとアメリカとイスラエル(Mossad)との間のリンクを認めている - ISISテロリストとロシア主導の連立政権後の反政府勢力の解体は、イラクのいくつかの領土を再占領し、シリアは、イスラエルの不法な利益を確保するために無用な戦争に挑戦していた米国と西側諸国(NATO)に対して、モスクワの軍事力の覇権を明確に証明した。

このように、プーチン大統領はまた、イスラエルが率いるアメリカと西側の邪悪なデザインを公開した。現在、ロシアは、戦闘員の占領からシリアとイラク全体をほぼ解放している。

冷戦時代には、地域的な権力均衡も権力の中央バランスの一部であったと言える。この点で、上海協力機構(SCO)の様々な年次首脳会議で、そのリーダーは、地域の米国の支配を強め、世界の多極システムを求めました。

最近、パキスタン、イラン、インドはSCOの常任理事国になっているが、アメリカは中国との釣り合いを取るためにアジアでのヘゲモニーを後押ししている。一方、プロイスラエルと元インディアンアメリカのドナルド・トランプ大統領は、パキスタンとアフガニスタンとの二重戦を続けている。

彼は彼のプロセッサの古い政策を復活させた。アフガニスタンに拠点を置くCIA、モサド、インドのRAWなどの秘密機関は、パキスタンとアフガニスタンのテロを防ぐために、ISIS、テヒリック・タリバン・パキスタン(TTP)などのテロ組織と、そして、アメリカ、インド、イスラエルを激怒させる中国 - パキスタン経済回廊(CPEC)が特別な目標となった。

インドは公然とCPECと中国のOne Belt、One Road(OBOR)構想に反対していたが、米国もこの点でインドに加わった。これに関して、2017年10月3日、米国のジェームズ・マッティス国防長官は、「米国は、中国の「ワン・ベルト・ワン・ロード(OBOR)」イニシアチブへのインドの反対、中国 - パキスタン経済回廊(CPEC一部はパキスタン - カシミールを横切っている)。

インドのナンデンドラ・モデイ首相が6月にドナルド・トランプ大統領と会談した後、両国が共同で発表した共同声明で、

注目すべきは、2017年8月21日の演説では、南アジアの政策の一環としてアフガニスタンに関する新たな戦略を発表する一方で、特にアメリカのトランプ大統領がパキスタンを批判的に選んだことは注目に値する。

パキスタンの米国勢力に対して厳しい言葉を使って、トランプ氏は、ワシントンが「パキスタンのテロ組織の安全な避難所について黙ってはいられない」と言って、アフガニスタンの国境を越えたテロとの関係で、アフガニスタンとパキスタンのテロリストの聖域を標的にすると脅した。

ドナルド・トランプ氏は、パキスタンの地域ライバルであるインドにとって、「アフガニスタンの安定へのインドの重要な貢献に感謝している。アフガニスタンといっしょに私たちを助けてほしい」

この文脈で、2017年10月24日にBBCと話し合った米国のダブルゲームに照らして、パキスタン外務大臣Khawaja Muhammad Asifは、「パキスタンと米国の間にはアフガニスタン紛争よりも大きな信頼の欠如がある」と認めた米国はパキスタンの物語を買わず、パキスタンは米国の物語を買っていない」と述べた。

さらに、パキスタン最高級の民間および軍の当局者は、アフガニスタンで十分に定着していること、外国の秘密機関、特にRAWがパキスタンのテロ支援を続けていることを繰り返し指摘しており、NATO軍はこれまで武装集団に対して適切な措置を講じていない。

彼らはまた、アメリカは、アフガニスタンでの失敗とパキスタンへのアフガニスタン戦争の転換を望んでいることをパキスタンの「無償」としている、と述べた。

これは、米国の二重戦略のおかげで、現在、朴米同盟は無帰点に達している。したがって、すでに中国との関係を強化しているイスラマバードも、ロシアとの関係を築いている。最近、パキスタンの高官がモスクワを訪問した。

これに関連して、パキスタンの外相は、イスラマバードがアメリカよりロシアを好むと公然と述べている。一方、パキスタンはイランとの関係も改善している。最近、パキスタンの陸軍スタッフチーフ、Qamar Javed Bajwaがテヘランを訪れ、イランの民間および軍事高官に会いました。

イランの核取引と、過激主義に基づく米国とインドのパートナーシップの失敗を証明することを拒否したアメリカ大統領のトランプの反イラン政策と拒否に注目すると、イランはアメリカが支援するチャバハール(イラン、インド、アフガニスタン)のプロジェクトに参加し、ロシア主導の中国 - パキスタン同盟との調整を優先する。したがって、これら3カ国の新たな同盟は、中央アジア諸国を含むアジアで出現するでしょう。

さらに、プーチン大統領の支援を受けているCPECは、モスクワと北京の双方が、地域の権力平衡の一環として、アジアのアメリカの権力と釣り合いを取る可能性が高いため、アジアの大きなゲームチェンジャーを証明するだろう。

事実、パキスタンを除いて、唯一の超大国の地位の終了とともに、米国はまた、イラン、北朝鮮、トルコのような他の小国との交渉の梃子を失った。北朝鮮はアメリカの圧力外交を脇に払うことで、原爆とミサイルの実験を続けている。NATOの近くにいる同盟国は米国を去り、シリアでISISテロリストと戦うためにロシア主導の連合に加わった。

それにもかかわらず、プーチン大統領は、米国とイスラエルのシオニスト主導の体制、テロリスト、特にISISと協力して、テロ新世界秩序主義者に対する米国のグローバル戦争の秘密のデザインを公開している。

プーチン大統領は、「新世界秩序を攻撃しようとしている」と明言している。新世界秩序は、多くの場合、非合理的で無責任で不毛のイデオロギーを課しているからだ。西。"

特に、プーチン大統領のロシア民族主義とは異なり、ブッシュ、オバマ、トランプはアメリカのナショナリズムの代わりにシオニズムを追求した。モスクワが自分の利益を見ていると思う人もいる。間違いなく、すべての国がその利益を守っている。しかし、ロシアは、イスラム世界の人々だけでなく人類のより大きな利益を犠牲にしてそれを行うことはできない。

現在、非シオニスト勢力のアメリカ人も、唯一の大国としての米国の不公平は、米国内の多面的な危機が見られるように、愛国者アメリカ人を後退させ始めることさえあることを知るようになった。彼らはソーシャルメディアとインターネットの現代を無視することはできません。これは政治家の血まみれの戦いを寝室にもたらしました。

ロシアが国際社会の世界平和と経済発展のために必要な権力の均衡体系を急速に回復させたことで、米国は唯一の超大国ではない、というのは間違いない。

注:私の記事「ロシアは力のバランスを取り戻しています」は、2015年11月12日に退役軍人本日に初めて出版されました。改訂され、更新されました。

Sajjad Shaukatは国際問題を書いており、この本の著者である:米国とイスラム過激派との見えない力のバランス:国際関係における危険なシフト

メールアドレスsajjad_logic_pak@hotmail.com

 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ロシア戦略爆撃機がシリアのアブ・カマル近郊のダッシュ拠点に衝突

ロシア戦略爆撃機がシリアのアブ・カマル近郊のダッシュ拠点に衝突

 
ロシアの爆撃機
ロシアの爆撃機

デア・エーゾール州のアブ・カマルの町は、先週ロシアの空中援助で政府軍によって解放されるまで、シリアの最後の主要なISIL拠点だった。

イランとイラクを飛行したロシアの飛行場から離陸した6人のTu-22M3戦略爆撃機が11月17日、アル・ブカマール市付近のISIL施設でグループ空襲を実施した」と述べた。 。

ストライキはテロリストの基地、いくつかの武装勢力、いくつかの装甲車に当たった。目標制御手段は、目標がヒットしたことを確認した。

すべてのロシア航空機は、任務が遂行された後、それぞれの基地に戻った。

このISIL施設に対するストライキは、ロシアがこの地域で行った第2のものとなった。

爆撃機は、Hmeymim飛行場に基づいていたロシアSu-30SM機によって保護されていた。

ソース: Sputnik

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ