goo

イスラエルはシリアでイラン軍に対して「単独で行動する」ことを脅迫

イスラエルはシリアでイラン軍に対して「単独で行動する」ことに脅迫

  41 寄付

 

イスラエルはシリアでイラン軍に対して「単独で行動する」ことに脅迫

説明的なイメージ

イスラエルの首相、ベニヤミン・ネタニヤフ(Benjamin Netanyahu)は、ユダヤ人連合北米総会に、イスラエルはシリアでイラン軍を収容することを何もせずに止めると述べた。

ネタニヤフは、イランがシリアからイスラエルを破壊しようとしていると語った。

「イランは、シリアで軍事的に自らを確保しようとしている」と述べ、シリアをイスラエルを破壊する拠点とする宣言し、イランが恒久的にシリアに軍隊を展開したいと述べた。

首相は、いわゆる国際社会に対し、イランの努力を裏付けるよう呼びかけた。しかし、同盟国がイスラエルの努力を支持しなければ、テルアビブは自ら行動するだろう、と強調した。

「私たちが一緒に立つなら、それを達成するだろう」とネタニヤフ氏は語った。しかし、もし私たちがしなければならない - 私たちは一人で立つだろう。イランは核兵器を手に入れません。シリアをイスラエルに対する軍事基地にしない」

イラン軍は、シリア政府の要請によりシリアで活動し、シリア紛争の開始以来、イスラエルを含む米国主導の勢力によって積極的に支持されてきた複数のテロ集団に対抗するのに役立っている。イスラエルのリーダーシップとその同盟国は、イランとヒズボラのシリアへの影響が拡大している主な理由は、その国を混乱の中に投げ込もうとする絶え間のない努力だと理解しています。

  41 寄付

 

サウスフロント

あなたはこのコンテンツが好きですか?私たちを助けてください!

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

シリア軍、IRGC、Deir Ezzor南東部でAlbukamalを襲撃

<iframe frameborder="0" scrolling="no" width="728" height="90"></iframe>

ベイルート、レバノン(11:55 AM) - シリアのアラブ軍(SAA)とその同盟国は、今日、アルブカマールの国境を越えた戦略的都市であるイスラム国家(ISIS)の勢力を襲撃し始めた。

シリア軍は、イランのイスラム革命警備隊(IRGC)とヒズボラに支えられ、イスラム国家の最後のポジションをアルブカマールの南、東、西の両側で攻撃した。

<iframe frameborder="0" scrolling="no" width="336" height="280"></iframe>

これまでに進歩は報告されていない。

シリア陸軍とその同盟国は、今月初めに簡単な操作でアルブカマールを解放した。しかし、これは、イスラム国家が48時間後に都市を取り戻すため、短命になるだろう。

 
この記事を共有する:
 
 
また  ビデオを読む:イスラム教徒の反政府勢力がゴラン高原近くのシリア軍5人を捕獲する
 
 
 
 

編集長

近東諸国と経済を専門とする。

 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

リビアのカオスでISISの影響が拡大

リビアのカオスでISISの影響が拡大

  新しい 寄付

 

リビアのカオスでISISの影響が拡大

クリックするとフルサイズの画像が表示されます

11月15日、リビア北部のシルテ市にあるリビアの治安当局者、ザロウク・スウェウタ(Zarrouk Suwayta)は、ISIS戦闘機が南部に再び現れたと発表した。Suwaytaによると、ISISのメンバーはSirteの南20kmのBuhadi地区にチェックポイントを設置した。Suwaytaはまた、数十人のISIS戦闘機がBuhadi地域の南80kmの谷に駐留していることを明らかにした。

Sirteを統制しているリビア政府のナショナルアコード(LGNA)は14日、南部のJaref地区で軽衝突した8人のISIS戦闘員が武装勢力によって逮捕されたと発表した。この逮捕は、ISISが現在リビアで再び拡大しているというもう一つの証拠です。

サイトシティは、6ヶ月の戦いの後、2016年12月6日にLGNAに戻った。しかし、イスラム主義者の影響を強く受けているLGNAは、現実の領域でISISの影響力に対抗できないようだ。

先週、カリファ・ハフタール将軍率いるリビア国軍(LNA)とISIS細胞の衝突が、リビア北部のベンガジ市で報告された。リビアの情報筋によると、今週初めにBenghaziでAl-Baladiのホテルを捕らえたISIS戦闘機はほとんどなく、その周りには通りがほとんどなかった。しかし、LNAは失われたポジションの大部分を取り戻し、今のところホテル内のISISメンバーを包囲することができました。この情報源によると、衝突でLNA兵士は1人しか死亡しなかったという。

一方、Derna市のMujahideenのShura評議会はDerna周辺のDahr al-Ahmar地区でLNAの別の攻撃を撃退したと発表した。リビアの情報筋によれば、LNAの攻撃はDerna市の包囲攻撃を強化することを目的としていた。

DernaのMujahideenのShura評議会は、リビアで最も根本的なイスラム主義勢力の1つと考えられており、LGNAとオープンに提携しています。DernaのMujahideenのShura評議会はLNAの攻撃の後にLNAの包囲攻撃を街で解くのを手助けするようLGNAに要請した。

一部の人は、ムスリム同胞団が支配的だったLGNAが、アルカイダとISISをリビアの中で自由に育てることを許したと信じている。このため、エジプトやアラブ首長国連邦などの国は、ISNAを敗北させるだけでなく、LGNAの影響に対抗するためにLNAをサポートしています。

  新しい 寄付

 

サウスフロント

あなたはこのコンテンツが好きですか?私たちを助けてください!

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

シリア軍、ダマスカス東部の共和国警備隊の新リーダーを発表

<iframe frameborder="0" scrolling="no" width="728" height="90"></iframe>

ベイルート、レバノン(10:35) - 彼らはダマスカスの東部郊外での操作を再開するための準備として、シリア・アラブ軍の最高司令部は、彼らの共和国防衛隊の第105旅団の新しいリーダーを指名しました。

軍のコミュニケによると、シリア軍の最高司令部は、第105旅団の新しいリーダー准将ムハンマドNayoufを指名しました。

<iframe frameborder="0" scrolling="no" width="336" height="280"></iframe>

一般Nayoufは、この戦争の全期間を含むいくつかの年のための共和国防衛隊に役立ったベテラン軍司令官です。

ダマスカス東部での一般的なテストは、Harasta軸でHarakat Ahrar Al-ShamとFaylaq Al-Rahmanを打ち倒す現在の作業となるだろう。

 
この記事を共有する:
 
 
また、  レバノンはサウジアラビアに拘束されたサード・ハリリを考慮している
 
 
 
 

編集長

近東諸国と経済を専門とする。

 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

シリアの米軍の行動は国際法に違反している - 元外交官

シリアの米軍の行動は国際法に違反している - 元外交官

 
(`・ω・´)米国に死を
 
 
0
<iframe frameborder="0" scrolling="no" width="728" height="90"></iframe>

米国は、シリアの主権侵害に加えて、デシュ・テロリスト団に対する行動を承認した国連安全保障理事会決議を濫用している。元米国外交官と共和党上院議員のジム・ジャトラス指導者はSputnikに語った。

ジェームズ・マーティス国防長官は、月曜日、ワシントンがデシュとの戦いに従事していた時に、シリアの米国の存在が国連によって承認されたと述べた。

<iframe frameborder="0" scrolling="no" width="336" height="280"></iframe>

「IS [Daesh]を追い求める」という主張は、これを変えるものではない。また、シリアのクルド人が保有するテロリストの米軍基地を十数ヵ所も正当化するものではない」と共和党上院議員ジム・ジャトラス元顧問が語った。「それは、米国が支援した軍が、Raqqaからの何千人ものメンバーの避難を許可するために、ISとの取引を断つと思われる最近の報告を正当化するものではない。

Jatrasは、安全保障理事会が、DaeshまたはSyriaのどこの他のグループに対しても、軍事行動を実行することを米国に許可したことは一度もなかったと述べ、シリア政府の許可を得たことは決してなかったと述べた。

「この言語には、国連主権の第7章の下で、原則として国家主権に取って代わることができる唯一の法的権限である軍隊の使用許可は含まれていないことに注意してください。

シリアでの米国のプレゼンスは、ダマスカスによって繰り返し批判された。ダマスカスは、政府の承認なしに行われる外国軍の軍事作戦は違法な侵攻とみなされると強調した。

ソース:Sputnik

 
この記事を共有する:
 
 
また、  米国に支配されている指揮官はトルコに欠陥があると伝えられている
 
 
 

編集長

近東諸国と経済を専門とする。

 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東部GHOUTAで完全に崩壊した停戦。AHRAR AL-SHAMが新しい「戦い」の始まりを宣言

東部GHOUTAで完全に崩壊した停戦。AHRAR AL-SHAMが新しい「戦い」の始まりを宣言

  31 寄付する

 

東部Ghoutaで完全に崩壊した停戦。 Ahrar al-Shamが新しい「戦い」の始まりを宣言

クリックするとフルサイズの地図が表示されます

11月15日、Ahrar al-Shamは、ダマスカス近くのGhouta東部のシリアアラブ軍(SAA)から装甲車基地とその周辺を奪取するための操業開始を正式に宣言した。

東部Ghoutaで完全に崩壊した停戦。 Ahrar al-Shamが新しい「戦い」の始まりを宣言

クリックするとフルサイズの地図が表示されます

アハラ・アル・シャム、ハヤト・タフリール・アル・シャム(旧ジャブハット・アル・ヌスラ、アルカイダのシリア支部)とファイラク・アル・ラーマンは、11月14日に前進を開始した。それ以来、激しい戦いが進行中である。

Ahrar al-Shamの声明:

東部Ghoutaで完全に崩壊した停戦。 Ahrar al-Shamが新しい「戦い」の始まりを宣言

クリックするとフルサイズの画像が表示されます

しかし、公式のAhrar al-Sham攻撃宣言は、これが限られた努力ではないことを意味する。Ghouta東部の停戦地域は崩壊した。

下のビデオは、軍隊が装甲車両基地を奪取しようとしている試みの1つを示しています。


ビデオ

 

   31 寄付する

 

サウスフロント

あなたはこのコンテンツが好きですか?私たちを助けてください!

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

神の党」はどのようにして、レバノン最強の勢力になったのか?


「神の党」はどのようにして、レバノンで最強の勢力になったのか<ヒズボラの進化>

 
 

2010年10月21日(木)

「神の党」はどのようにして、レバノン最強の勢力になったのか?/ How the Party of God became Lebanon's most powerful faction- By Christopher Hitchens

 
「神の党」はどのようにして、レバノンで最強の勢力になったのか<ヒズボラの進化> By クリストファー・ヒッチンズ (10/18, Slate.com)

 1970年代のなかばから末にかけ、レバノンでイスラエルとPLOが消耗戦を続けるなかで、長らく脇に追いやられていたレバノンのシーア派がみずからを再組織化していたとき、私は南レバノンから記事を書きながら、その地にイランの軍事勢力が目立たず存在していることを知った。
 
 それらの軍は、つねに神の代理人・シーア派の聖なる保護者を自認していたイランのシャー(彼のことを、我々は忘れがちだが)によって派遣されていた。

 そのころ私の気づいていた以上の先見の明をもってコメントするなら、彼らは彼らの故郷に早く戻って、ピーコックの如き王位を護るべきだったのだ。

 その当時はイランのどんな国家元首も、イスラエルとの国境が叫べば届くような距離にある多文化的なレバノンを全権大使として訪れ、その行路中ずっと歓迎の宴で迎えられることは、まったく不可能だった。しかし先週、マフムード・アフマディネジャド大統領はそれを、ほとんど努力することなしに行なったのだ。

 その核軍備への違法な探求がもたらす深刻な不都合をなんとか逃れつつ、国民を無慈悲に抑圧し騙してきた彼は、「神の党(ヒズボラ)」のパトロン(後援者)として、中立的なその領土にあらわれることができた、なぜなら、彼のイランの政権とヒズボラがイスラエル国家に対する態度を共有しているからだ…イスラエルによるすべてのアラブ人に対する辛辣な軽蔑や、“穏健派”のモスリム(イスラエルと妥協さえも考える)に対するイスラエルの辛辣な軽蔑に対抗する、その慈悲のない態度を分かち合っているからだ。

 ある意味で、ヒズボラとその後援者たちのよりドラマチックな進化の度合いは、わずか数年前との状況変化のなかにみられる。2005年の2月、レバノンの前首相ラフィク・ハリリが白昼に粉々に吹き飛ばされ、彼の暗殺にひき続いて、同国でのシリアの存在に批判的な態度をとりつづけた政治家・ジャーナリストたちが幾人も暗殺された。この犯罪性に対する民主的な国民の反発は大きく、ダマスカスの政権はその占領軍の撤退を余儀なくされ、そしてハリリの暗殺へのシリアのバース党の関与や、彼らの聖なるヒズボラの代理人、及びそのテヘランの代理人などの関与も指摘されていた事について捜査を行う(国連の)国際法廷が開かれた。私が思うには─(この時期には)サダム・フセインの凋落にはずみを得て、またこの法廷関連の国連決議へのフランスの支持にも助けられ、この地域での米国の名声がとても高まっていた。

 そして今、話の続きをみてみよう。レバノンのその他のすべての政党や、キリスト教徒からドゥルーズ教徒に至るすべて勢力のリーダーたちは、ヒズボラのリーダー・ハッサン・ナスララの名を聞いて震え上がった。一度は誇示されながら、長い休止状態に陥った国際法廷は、彼らの発見した事実がシリア、またはヒズボラにとって厄介なものだと判明したなら暴力で対処されるという、かなり確実性の高い脅しの先制攻撃を受けた。暗殺されたハリリの息子は、前に暗殺されたドゥルーズ党のリーダーKamal Jumblattの息子と同様に、雄鶏野郎のバシャール・アサド(シリア大統領:その家族がほぼ間違いなく彼らの首長を殺したはずの)に対して、最も品位を落とすようなやり方で「いい顔をする」、ことを強要された。そして、神の党は2つの拒否権を獲得した─ひとつは彼らが勝利していないいかなるレバノンの選挙をも拒否する権利、そしてレバノン領からのイスラエルとの次なる戦争を始めるタイミングについての拒否権を。

 何が、このきわ立った逆転をもたらしたのか?最初の原因は、イスラエルが賢いヒズボラの挑発行為(そうした反応を引き起こす狙いで、イスラエル兵たちを急襲して誘拐した事がほぼ確実な)に呼応して行った、2006年の愚かな介入行為だ。2つ目の原因は、米国の側がレバノンで明白な権益を失ったことだ。3月14日連合─ハリリ暗殺後に彼らが相互に連絡しあって蜂起した対シリアの勝利の日にちなみ名づけられた─は分裂し、セクト主義と無力さに後退した。そしてレバノンの慎重なる(賢明な)市民たちが、…シリアにこれほど近いイランに前核保有状態の地域的大国のように振るまわせ、屈辱をうけたワシントンにイスラエル・パレスチナの「和平プロセス」での予測された惨めな失敗ですべての努力を無駄にさせつつ、この新たな荒涼とした現実に適応を始めようとしない、などということがあるだろうか?

 この新たなリアリティの輪郭をThanassis Cambanisの本は気のめいるほどみごとに描いている。 その本、「A Privilege To Die」は、ヒズボラが何とかして、虐げられた党であると同時にこの地域の最も退化した2人の専制君主たちの傀儡にもなっていると、目覚しい筆致で描いている。ヒズボラのシリアとの共犯性、また彼らが罪のない者へのイスラエルの絶望的な反撃を促したことが(国際法廷で)さらけ出されて間もなく、私はベイルートを訪れ、自分らしからずも、この町の南方で行われたナスララの政治集会のひとつの規律ある熱気に印象を受けた。Cambanisはこのトリックがどのようになされたかを示した。貴方はそれを彼らの「ソフト」パワーと呼ぶかもだが、神の党は破壊されたスラムを再建し、社会福祉と教育をもたらし、そして子供たちを彼らのバージョンのボーイ・スカウト運動(今回は、殉教と復讐に捧げられた)にリクルートしていた。その「ハード」パワーにおいては彼らの達成を疑うような者には誰にも起こりうる状況というものを、コンスタントに肝に銘じさせていた。彼らは、その精通しているメディアを利用して、ユダヤ人へのスリリングな人種的・宗教的憎悪のメニューを提供させていた。そしてイスラエル北境の前線に位置するステータスで、すべての他の「穏健な」政権を、アラブとモスリムの名誉回復のために犠牲を払う気のない、卑怯な骨抜きの政権のようにみせかけ、それらの政権の怒りをかっていた。多くのスンニ派のアラブはヒズボラを憎み、嫌悪しているが、誰もがそれを怖れないわけには行かず、それゆえ尊重しており、そのことをナスララも最も重要なことだと捉えている。

 ギリシャ伝説ではAntaeusという名前の戦士が、地面に投げ飛ばされたときにさえ地球から強い力を得ていた。それを知ったヘラキュレスはこれを、レスラーとしての弱点を克服するために利用した。ヒズボラは死を愛し、敗北と災厄のなかから再び繁栄し、そして国家の中の国家という地位から急速に、かつて一度は中東で最もコスモポリタンで民主的だった国家の支配者になろうとしている。そんななかで、前のスーパーパワー(超大国)─ヘラキュレスではなく─はそれ自身がイスラエルの右派のなかの、一部の狂信者グループがちっぽけな土地強奪をしている卑しい一派の人質、笑いの種にされるのを許している。わずか数年前までは、このこともまたとても信じがたく、恥辱的で、許しがたくおもわれたにも関わらず。
http://www.slate.com/id/2271511/pagenum/all/
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

中東最強の軍隊の侵攻を阻んだレバノン人民

中東最強の軍隊の侵攻を阻んだレバノン人民

 

 

当初、空爆だけでかたがつくとたかをくくっていたイスラエル軍は、予備役の非常招集をかけ、数千だった地上部隊を一万五〇〇〇人に拡大し、戦車を先頭に国境から二〇㌔以上を北上したが、レバノン人民のゲリラ戦に苦戦をしいられた。「ヒズボラをつぶすまで」と、停戦に反対していたブッシュ政府は、急きょ、国連安保理で停戦決議を採択させ、イスラエル政府に浮き輪をなげ、事態の収拾をはからねばならなかった。

ヒズボラ勝利たたえる国々

 停戦が発効した一四日、ヒズボラは「イスラエルは戦争目的を達成できなかった。われわれは戦略的、歴史的勝利に直面している。これは誇張ではない。これはレバノンのすべての抵抗運動の、そして国家全体の勝利である」との勝利宣言をおこなった。また停戦決議がうたっているヒズボラの武装解除について「レバノン政府軍や国連レバノン暫定軍(UNIFEL)は戦争を阻止できずレバノンをまもれないので、いまは武装解除の時期ではない」とはっきりと拒否した。
 レバノン人民のなかでは、宗教宗派をこえた、反米の民族的な団結がかつてなくつよまっている。
 ブッシュ政府が脅しをかけようとしたイラン、シリアの両政府もヒズボラの勝利をたたえ、アメリカ、イスラエルとの斗争をよびかけた。イラン政府は「イスラエル軍が不敗かつ無敵だと語り、三〇日以内に大きな打撃をあたえると明言していた人人は、若者たちの力に屈した。若者たちがレバノン全土に勝利の旗をかかげている」(イラン大統領)とのべた。シリア政府は「イスラエルは軍用機やミサイル、核兵器でも“自衛”が不可能になる。アラブの未来世代は、イスラエルを打倒する方法をさがしだすだろう」(シリア大統領)と、その勝利の意義を強調した。
 アメリカ大統領ブッシュは、「ヒズボラがこの危機の敗者だ」とさけびたてた。だが、イスラエル政府や議会、軍のなかで、レバノン侵攻の敗北の責任のなすりあいがはじまり、ブッシュの反論もあえなくくだけちった。

イスラエル軍内部矛盾激化

 イスラエル軍は、一カ月あまりの戦斗で一一七人が戦死し、一〇〇〇人以上が負傷したが、招集された予備役の将校や兵士のなかからは「作戦がひんぱんに変更され、明確な目標もなしに敵の領土に長期間とどまるはめになった」(歩兵・落下傘部隊司令官)との批判が噴出し、政府や軍首脳に抗議するという異例の事態となった。
 追いつめられた国防相ペレツは「失敗を検証しなければならない」などと負け戦だったことをみとめている。軍関係者のなかであがっている「反省点」は、「予備役の訓練が不十分なため白兵戦において劣勢となった」「戦車一四台がヒズボラの対戦車ロケット砲に破壊された」「情報戦、諜報戦でやぶれた」などをあげており、レバノンに侵攻したイスラエル軍がレバノン人民に包囲され、いかに苦戦をしいられたかがうかがえる。
 ブッシュ政府とイスラエル軍は停戦にこぎつけ、事態の打開をはかろうとしているが、これもまったく思いどおりにならない。停戦決議は、レバノン南部へのレバノン軍、国連レバノン暫定軍(UNIFIL)の展開をもりこんでいる。レバノン政府は、レバノン軍一万五〇〇〇人を展開させたが、ヒズボラの武装解除にはかかわらないことを明確にしている。ヒズボラは、ヒズボラ兵士を人民のなかにもどすとともに、イスラエル軍の攻撃で被災した人人の救援に力をそそいでいる。このため、ヒズボラへの人民の支持はいっそう高まっている。

国連軍に消極的な欧州諸国

 国連は、現在、約二〇〇〇人ほどの国連レバノン暫定軍を一万五〇〇〇人に増員することをきめた。しかし同軍への派兵をきめた国のなかで、バングラデシュ、インドネシア、マレーシアなどイスラム系諸国の軍隊について、イスラエルとたたかったヒズボラへの共感がつよいのではとの懸念から、イスラエル政府が拒否している。
 他方で、同軍の主力と期待されていた欧州諸国のなかでは、中東へ影響を拡大できる機会と見なしながらも、レバノン人民から怒りのほこさきをむけられるのではないかと心配し、大規模派兵には消極的なところが多い。欧州各国人民のなかでも、レバノン派兵に反対する声があがっている。
 ブッシュ政府は、欧州諸国にたいし「だれが主導するのかを明確にし、強大な交戦権限をあたえ、一刻も早く派遣するべきだ」(ブッシュ)と、派兵を再三にわたって要求した。これで、イタリア政府が二〇〇〇~三〇〇〇人の派兵をきめ、当初、二〇〇人にとどめようしていたフランス政府もしかたなく二〇〇〇人へと派兵拡大をきめ、国連レバノン暫定軍の増員にようやくめどがつきはじめた。だが、欧州諸国政府はレバノン人民をおそれ、ヒズボラの武装解除に尻込みしている。国連レバノン暫定軍の司令官(仏軍少将)は、ヒズボラの武装解除について「レバノン政府軍の仕事だ」とのべている。

反米の民族的な団結強まる

 イスラエル軍の侵攻をはばんだヒズボラとレバノン人民を力で武装解除することは、レバノン政府軍はもちろん、国連レバノン暫定軍でもできないことはあきらかである。だからといって米軍を派兵することはできない。米軍はイラク占領で手一杯であるし、レバノンに派兵したならイスラエル軍侵攻をはるかにうわまわるレバノン人民の攻撃にさらされるのはあきらかだからである。
 ブッシュ政府は、イラクでの占領破たんのなかで、パレスチナやレバノンでの反米勢力の台頭に危機感をつのらせ、イスラエル軍を侵攻させたが、完全に裏目にでている。反米勢力をおさえるどころか、それをいっそういきおいづかせる結果をまねいている。
 人民が団結してたたかえば「中東最強の軍隊」をうちやぶることができるし、アメリカ製の最新兵器による殺りくや破壊も人民の怒りをおしつぶすことができない。
 危機を深めるブッシュ政府は、ふたたびイスラエル軍をつかうなどして、戦争に活路を得ようとするだろう。だが、アメリカが殺りくや破壊を拡大することで、ますます危機を深めるというのがいまの中東、世界の実際である。いつまで停戦がつづくかわからないが、レバノンやイラク、パレスチナ、イラン、シリアなどでの反米斗争の発展をおしとどめることはできない。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ヒズボラは最強アラブ軍とみなされる

ヒズボラは最強アラブ軍とみなされる

Untitled
ヒズボラはレバノンパーティーや社会運動との提携を行っている。 |写真:AP

 

(/・ω・)/頑張れ最強戦士ヒズボラ

 

 

ワシントン研究所の調査によると、今日ヒズボラがあることを前提に基づいて、無敵であると判断し、「レバノンのヒズボラの対戦相手がパーティーを弱めることができた場合は、ずっと前にそれを行っているだろう。」

ヒズボラは、「神の党」を意味し、イスラエルの介入に反応して、1982年にレバノンの内戦で人気の抵抗運動として浮上している。それは、政治部門と軍事を持っており、主にシーア派のレバノン人で構成されている。

参照:シリア軍とヒズボラは南の傭兵を追い出す
現在、レバノン抵抗運動は、ヒズボラはレバノン議会と執行における存在感を示しています。

事実:政治指導者とヒズボラ事務総長ナスララがあり、現在、国民教育や医療にサービスを提供するために、幅広い活動を展開しています。
コンテキストでは:2008年、レバノンの政府で3月14日から政治家が西によってサポートされていた、ヒズボラに挑戦しようとしたし、その通信ネットワークの解体を注文するようになった、当事者は要求を拒否し、衝突が発生したロイヤリスト武装集団とシーア派グループの勝利をもたらしたベイルートとレバノン山脈の異なる領域内の他の支持者。

研究が現実今日は異なっていることを発見、政府はメンバーのいくつかは大臣である、ヒズボラとの密接な関係を維持している。野党はこのゲームのためにヒズボラを批判したが、それを戦うことはできません。

未来運動はレバノン首相サード·ハリーリーの言葉に、セキュリティと政治的安定の要素を達成するための対話を維持します。双方はテロの脅威を離れて保つために、2014年12月から6対話型セッションを持っていた。ヒズボラはレバノンとレバノン抵抗が広く受け入れられている政党や社会団体との提携を行っている。

イスラエル軍のスタッフの元チーフ、ベニーガンツは「ヒズボラは、任意のアラブ軍よりも強い」と述べた。ヒズボラとの戦争を起動するには、イスラエルによるしようとすると、二国間で2006年に発生したはるかに悪化紛争をもたらすであろう

またヒズボラが軍事兵器庫を強化したと判断した。この調査は、シリアの戦争での戦闘の重要な経験を得ていると軍事レベル、偵察や通信で自分のスキルを向上させることができました。

レバノンは、シリアでの戦争の結果の違いにもかかわらず、内部の結束を維持します。レバノン軍はシリアとの国境に過激派グループに対する人々の今日の闘争の大部分をサポートしています。

競合が内部が、海外からのtakfirisテロリストグループとならないように、現在、レバノンへの脅威を表すことは、北部の境界線と東です。

お読みください:ヒズボラ、イスラム国家のスポンサーに戦争を宣言しています

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

イスラエルは自国の安全を守るためにシリアで自由に行動する - 国防相

<iframe frameborder="0" scrolling="no" width="728" height="90"></iframe>

イスラエル国防相は15日、イスラエルのシリアでの行動の完全な自由を維持し、自国の安全保障の利益のみについて指針を示したと発表した。

イスラエルのベニヤミン・ネタニヤフ首相は、イランがシリアを軍事基盤に陥れるのを防ぐため、必要ならばイスラエルが単独で行動する準備ができていると警告した。

<iframe frameborder="0" scrolling="no" width="336" height="280"></iframe>

イスラエルは、イスラエルの安全保障上の配慮だけを念頭に置いている。イランに関しては、シリアでのシリア合同とイランの控えを許さないだけでなく、シリアを前進イスラエル共和国に対する拠点の運営。それをまだ理解していない人は、そうするように勧められている」と報道官によると、Avigdor Lieberman国防相は言った。

ヨルダンとロシアと米国がシリア南西部からの外国軍の撤退を覚えている覚書に署名した後、イスラエルの国境にあるイラン軍の存在に関する問題が先週追加的な支持を受けた。

イスラエルとシリアとの関係は、とりわけ、中東2州間の紛争の中心にあったゴランハイツの紛争地域で緊張している。イスラエルは、1967年の6日間の戦争でシリアとゴラン高原を占領し、1981年に領土を併合した。国際社会はイスラエルのゴラン高地の併合を認めていない。

イスラエルはイランを抑止したが、既存の核計画、敵対的なレトリック、そして中東全域の反イスラエル勢力への支援に対してイランを最大の脅威とみなしている。

ソース:Sputnik

 
この記事を共有する:
 
 
また  ISISを摘発した後、Deir Ezzor東部の大惨事をビデオで見る
 
 
 
準東 アジアと経済を専門とする編集長
 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ