goo

2013年1月21日、サウジアラビアはシリアと戦うために死刑囚を送った

2013年1月21日の記事から…ここにも、イスラエルのスパイ・・・アッシリア国際通信社(AINA)のイラクウェブサイトは、シカゴ、イリノイ州ニネベソフトウェアコーポレーション内のアドレスに登録されている。

AINAのレポート:サウジアラビアはシリアと戦うために死刑囚を送った
http://www.usatoday.com/story/news/world/2013/01/21/saudi-inmates-fight-syria-commute-death-sentences/1852629/
Report: Saudis sent death-row inmates to fight Syria

サウジアラビアは、シリア政府と戦うためにいくつかの国から死刑囚を送信した。アッシリア国際ニュース庁は報告している。AINAは4月に内務省から「極秘メモ」と呼ぶものを引用して、スンニ派サウジが1239人の受刑者とその家族を王国に滞在させ恩赦と毎月の奨学金を提供したと言います。アラブシリア大統領のアサドはアラウィー派の人、少数派シーア派である。

メモによると、囚人はサウジのほか、アフガニスタン人、エジプト人、イラク人、ヨルダン人、クウェート、パキスタン、パレスチナ人、ソマリア、スーダン、シリアとイエメンが含まれています。すべての囚人は殺人、レイプや麻薬の密輸のために断首に直面していた。当初サウジアラビアは、このプログラムの存在を否定した。しかし、民間のサークルは、囚人の解放を証言し、サウジ政府は、その存在を認めることを余儀なくされた、とAINAは書いている。サウジはこのプログラムが公表されないことを条件に、政治的な解決策を見つけることに向けて作業することで合意した。

AINAは、元のアラビアメモを公表した。報告書は、23人のイラク人囚人のほとんどが、家に戻っていると述べている。しかしAINAは、残っている受刑者が殺され負傷または捕獲されている可能性があるといいました。アッシリア国際通信社は、イラク北部原産のユダヤ人である。彼らは、一般的にキリスト教徒である。アッシリアは1千年紀紀元前に中東を支配しました。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )