外苑茶房

神宮外苑エリアの空気を共有し、早稲田スポーツを勝手に応援するブログです。

シャルコマ

2016-10-18 06:37:56 | 早稲田大学
フランス留学の推進チームが早稲田にやってきたそうです。
「フランス留学日本横断プロモーションツアー」で駐日フランス大使が早稲田を訪問 – 早稲田大学

第二外国語であっても、ある程度の基礎を学べば、その後の人生を切り拓くきっかけとなったりします。

法学部のフランス語でクラスメイトだったKくん(埼玉県立川越高校出身)は、大手商社に就職し、最初の海外赴任先はアフリカのアルジェリア(旧宗主国がフランス)となりました。
級友たちの期待どおりというか、不安的中というか……
(^-^;

私の場合は、4年生まで再々履修クラスで学ぶ状況でしたので、フランス語は苦しむだけで、その後の人生を変えるということは全くなかったです。
(*_*)

=======

ジャズプレイヤーの間で、単語をひっくり返すスラングが好まれていたことは、ずいぶん知られるようになりました。
たとえば、ギターをターギ、ベースをスーベ、演奏旅行をビータという調子です。
森田さんがタモリと名乗ることになったのも、この流れ。

その中に「シャルコマ」というのもありました。
コマーシャルをひっくり返したもので、商売を意識した音楽、すなわち俗受けを狙って大衆に媚びた音楽を揶揄するときに「この曲はシャルコマだよね」などと使っていました。

さて、ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞が話題になっています。

ボブ・ディランの作品は、自身も反戦フォークシンガーだった中川五郎さんによって、秀逸な和訳が行われています。
http://www.yurindo.co.jp/static/yurin/back/525_1.html

中川さんが3年前に書かれた この文章を読み、その当時からノーベル文学賞候補として何年も取り沙汰されていたことを知ります。

今回のボブ・ディランのノーベル賞受賞のニュースが日本国内を駆け巡った時、「ガロの『学生街の喫茶店』を思い浮かべた」という声を何度も耳にして、何とも言えぬ場違い感を私は抱きました。

なぜならば、反戦 反体制を自然体で貫いているボブ・ディランに対して、ガロというグループは 、「シャルコマ」、すなわち商売優先音楽そのものという認識があるからです。

ガロは、若者に人気のあった硬派の漫画雑誌のタイトルからグループ名をとり、反体制派を気取って長髪とブルージーンズという出で立ちでした。

しかし、唄うのは山上路夫・すぎやまこういち という歌謡曲のヒットメイカーの作品。
そして、当時のフォークシンガーたちが自衛隊や機動隊と共に「体制派」「国家権力の手先」と看做していたNHK。皆が出演を拒んでいた そのNHKに、ガロは嬉々として出演していました。

この あざとさをシャルコマと言わずして何とする。

こんなゲスなグループがボブ・ディランを口にするなよと、当時から思っていました。
もし反戦フォークのライブ会場にガロが現れたら、「帰れ」「帰れ」と怒号が飛んだのでは。
(`へ´*)ノ

今回のノーベル賞受賞について、今のところボブ・ディランは全くコメントしていないと報道されています。
権威におもねることのない姿勢が感じられて、実に彼らしいと思いました。

ひょっとしたら、受賞を辞退するかも知れませんね。
"Blowin'The Wind ボブ・ディラン 風に吹かれて" を YouTube で見る

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早明3回戦は雨天順延 | TOP | 早明3回戦_総力戦を制して勝... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。