Yokohama GJ 研究所 GO

政治・経済・事件そして国際情勢にメス、GJ がGood Job になるか !

星になった少年 1

2016-09-18 17:35:53 | 日記
    
 下町の銭湯は日本の縮図だ、いろいろなことが起きる。

 キューピッドのようなアタマの男の子、二十歳は越えているのに150センチもない、かなりの知的障害者、母親と一緒に通っていた、キューちゃん、床にシリを下ろして服をたたむ、これだけはできる、ある日、母親もう老婆だったが、
 「わたしが わるいんです」
 「・・・」
 「熱が出たのに病院に行かなかった 行かれなかったんです」
 「なんてことを したんでしょう」
 「あやまってもあやまっても あやまりきれません」
 キューちゃんは、ニコニコと笑っていた。

 そのうち母親が来なくなった、キューちゃんは、
 「ママちゃん お星になったんだよ」
 「・・・」
 「ママちゃんがね こまったことがあったら おにいさんにソーダンしなさいって」
 「うむむむ」
 そう言ってきれいに服をたたんでロッカーに入れる、ヨコハマの下町のオトコたちは、だまった見ていた。


 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アポロンの少年 終 | トップ | 星になった少年 2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。