Yokohama GJ 研究所 GO

政治・経済・事件そして国際情勢にメス、GJ がGood Job になるか !

多元未来への旅立ち 3

2017-08-13 05:19:02 | 日記
   
 ヒカル君の学校の先生の半分は外人で、授業は英語でします、物理のWhite先生は、ヒカル君のパパアについて、
 ”Your father is so famous in Europe , but in Japan it seems not to be popular . Why ? "
 「君のパパは ヨーロッパでは あんなに有名なのに 日本ではそれほどでもない どうしてですか」

 そんなこと分かるわけがない、それでもザカリアの家庭教師は、パパアの名前を聞くとブルブルとふるえるそうだ。

 ホワイト先生、
 「君のパパは フランスやドイツの大学から招聘(しょうへい)されているんだよ」
 それは聞いたことがある、
 「二人の子供は 日本の文化・伝統の中で育ててやりたい 春の桜・夏の花火・秋の白い風・冬の雪 日本人としての体験 これを味あわせてやりたいのです そう言って 断っているそうですよ」

 そうかな、お風呂上り、〇マ〇マを丸出しにして、ブタみたいに寝そべっている、エリーが棒で、
 「ツン ツン」
 「キャアー ヤメテけれ」
 なにが「ヤメテけれ」だ、まったく、恥ずかしい、パパアのこころ、もうひとつ分からないね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多元未来への旅立ち 2 | トップ | 多元未来への旅立ち 4 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。