Yokohama GJ 研究所 GO

政治・経済・事件そして国際情勢にメス、GJ がGood Job になるか !

ライラとエリー・千年の手紙 終

2017-08-09 06:21:05 | 日記
 
 ヒカル君の学校では「タッチ」が流行(はや)っています、友だちのカラダにちょっと触れるのです、しかし、さくら子とももかちゃんにはタッチしません。

 さくら子はおっかないからで、かつてカンチョーが流行ったとき、突きユビをした子がいました、
 「おっほっほっほー さくら子さまのおシリにカンチョーするなんて 100年はやいんだよー」
 「3歳の時からきたえにきたえた コーモン・カツヤク筋(きん) 指1本 ふれさせやしんねーんだ」
 さくら子神話のひとつですね。

 ももかちゃんのケースは、かわいすぎてちょっと近づけないんですね、あのエリーが、
 「おねえさんに なってくらさーい」

 白い肌がほんのりと染まり、ワンパック・3000円のイチゴのような紅いクチビル、するとエリーが、
 「わたしん時は 1000円だったじゃあないの」
 おっかない目でみている、
 「それは オシメがとれたばかりの子供とツボミのような少女の・・・」
 「うるさい うるさい このスケベ・ジジイ」

 なんて、口が悪いんだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ライラとエリー・千年の手紙 6 | トップ | 多元未来への旅立ち 2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。