gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

川勝貞徳

2010-03-02 00:15:42 | 日記
川勝 貞徳(かわかつ さだのり)は、江戸時代前期から中期の旗本。貞徳流川勝家の初代当主。生涯貞享2年(1685年)、新庄氏の男子として江戸に生まれ、後に川勝貞久の婿養子となった。正徳3年(1713年)11月29日、義父貞久の家督(禄高は不明)を継ぎ、表火番、挑燈奉行、徒目付等を経て植木奉行に至った。その後、作事下奉行となり、拝謁を許され、旗本家を興した[1]。家紋は釘抜、五三桐。通し字は「氏」。享保20年(1735年)12月19日、畳奉行に進んだ[2]。元文元年(1736年)鶴岡八幡社補修の時、同年7月24日に命を受けて鎌倉に赴き、日光山御宮修造の時にも日光山に出かけた。元文4年(1739年)12月18日、表台所頭となったが、寛保2年(1742年)5月12日に配下の者の養子の事について落度があり、配下の者と伴に逼塞となり、同年8月28日に許された。延享4年(1747年)8月13日、西城の勤めとなり、宝暦6年(1756年)7月25日に老いのため職を辞して、小普請となった。この時、黄金2枚を給わった。宝暦7年(1757年)6月14日に隠居し、同年7月21日、73歳で没した。家督は嫡男の氏記が継いだ。脚注^ 将軍に謁見が許されれば、御目見得の士として旗本として認められた。^ 小禄の旗本が就く下位の役職には、御家人が就任することも少なくなかった。参考文献『寛政重修諸家譜(第18)新訂』続群書類従完成会、1981年関連項目川勝氏 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E5%8B%9D%E8%B2%9E%E5%BE%B3」より作成カテゴリ: 江戸幕府旗本 | 川勝氏 | 1685年生 | 1757年没隠しカテゴリ: 日本の歴史関連のスタブ項目

住宅火災で7歳男児死亡 大阪・松原(産経新聞)
ケニア大使館敷地内で火災、激しく炎上がる(読売新聞)
首相動静(1月31日)(時事通信)
小学館社長かたり女子大生だます=容疑で41歳男逮捕-警視庁(時事通信)
児童虐待、有力情報に10万円…警察庁(読売新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 張・新棋聖誕生、7大タイト... | トップ | 津波警報解除・注意報切り替... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。