goo

本日よりBaumkotterとTakatsudoの展示です

久しぶりのblog.更新になってしまいました。

8月後半の異常に暑い日々と気温が下がってからの雨雨雨、
まるで今年梅雨に少なかった降雨量を取り戻すかのように続いた悪天候
そして大災害となった台風18号
TVでは福井の被害を写してくださったおかげで、
東京地方の方々からお見舞いの電話、メールをたくさんいただきました。
福井にお住まいの方はご存知ですが、
今度の台風被害は主に嶺南という京都に近い地域で
画廊のある福井市ではそこまで酷くはなりませんでした

ということで
昨日からの台風一過、
この高湿度福井では久しぶりの爽やかな日に展覧会オープンできたこと
嬉しく思います

展示作家Stephan BaumkotterとTakatsudo Yukoは作風も年齢も
共通していません。強いて共通項を捜すとしたら
二人とも今ドイツに住んでいるということでしょうか。

Stephanは旧GALLERY TERASHITAで
初めて日本での展示を行い
ヨーロッパ、ミニマルアートの層の厚さを感じさせました
現在はケルンに在住しフランクフルトで教鞭をとっています




一方Takatsudo Yuko(高津戸優子)は旧gallery坂巻で
大学3年から展覧会を続けています
高津戸優子は東京藝術大学を卒業後ドイツミュンヘンに留学
現在も同大学に所属していますが
つい最近ベルリンに引っ越ししました



本日は写真2点のみのご紹介ですが、
これから会期中展示作品を一つ一つupしていく予定です



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )