goo

今日から舟越直木 牧田草平 展です

本日、福井はしばらくぶりの雨。
梅雨に入って雨の日が少ないのに、なんで今日は朝からザーザー降るんでしょうかね、って
言っても仕方ないので恵の雨になりますようにと
展覧会初日を迎えました。


舟越直木のドローイング


牧田草平の立体とドローイング


舟越直木 1996年 キャンバスに油彩 53x45.5cm.


牧田草平 洗礼の時 2011年 紙に鉛筆 41x31.5cm.

福井ではほとんど知られていない二人の彫刻家ですが
洗練された二人の感性を地元の人にも見て欲しい、知って欲しいと
企画した展覧会です。

舟越直木の居並ぶドローイングを見ていると、
人影から一人一人の人物像が現れていて、
無言の数人が居る気配を感じます。

そして牧田草平の立体やドローイングは
作家の頭の中に入り込んでしまったかのように
想像の少年がこちらを観察しているようで、
ちょっとコワくもあります。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )