goo

冬のシノギング装備

アプローチが楽で凌ぎスポットも意外と多い高尾周辺をメインに、丹沢、奥多摩、そして中央線相模湖から笹子くらいまでの1000m前後のマイナールートを凌ぐ冬の装備をご紹介。
装備は積雪の有無によって若干変わるが、雪がほとんどない場合の装備はこんな感じである。

バックパックはEXPED LIGHTNING 45
一年中だいたいこれを使っている。
ロールトップはパッキングしやすく表記サイズよりも収納力がある感じ。
ヒップベルトがしっかりしているので腰荷重にしてショルダーとチェストストラップはゆるゆるにしている。
サイドポケットとヒップベルトポケットに凌の小道具を分散して収納できるのでとても便利。
ボトルホルダーは着脱しやすく落下しない独自のクリップを使用している試作品。


シノギングに必須のサブバッグは肩掛け式の耐水仕様の試作品。
雨、雪、汗の浸入を防ぐ420デニールTPUラミネートの丈夫な生地を使用。
腰ひも用のループがあるのでバタつきが気になるときに使う細引きをぶら下げている。


この薄さが快適性を生み出すハゴロモ。
晴れた冬のシノギングでベースレイヤーの上に着ることで通気を絶妙にコントロールしてくれる。


クナドの進化版、エプロン式ベストと手甲式アームカバーの試作品。
身頃と腕の防風・通気を別々にコントロールできる。


一年中使えるが冬が最も出番が多いツユハラヒ。
歩き始めや尾根で風に吹かれた時にこれを付けると本当に助かる。
トイレセットはEXPED CORD DRYBAGに入れて、ミゾー・モグにはウールフェルトの自作ケースで凌ぎ力アップ!


60g/㎡のウール混中綿を使用したヨヒヤミ。
日の差さない冷え込んだ日には正直なところこれだけでは寒いが持っているもので何とか凌ぐのがシノギング。
収納袋が付属しないのはバックパックの隙間に突っ込んだほうがきれいにパッキングできるし取り出しやすいからである。
メリノウールのグローブとライトシェルグローブで手をいつも温かく。


アグラスカート(試作品)
スカートなのでパンツよりも断然穿き易く、樽型のシェイプが暖気を漏らさない。
バックパックの隙間に突っ込めばいいので収納袋は付けませんよ。
ウールビーニー、フリースネックゲイター、クイックハラマキ。
この3点セットで寒気を凌げばゆっくり休憩できる。


2017春夏発売の新作レインウェア、フリシキル
レインウェアを着るのは最終手段なので軽くてコンパクトになるものを常備。
念のためのサポーター、手ぬぐい、タオル、靴下。


お助け紐、確か5mm×5m。
バリエーションルートではこの程度でもあると便利。
SLIKのコンパクト三脚。
ショルダーベルトの根元に引っ掛けて歩くと邪魔にならないしすぐに使える。
なんちゃってスパイク。
これがあるとなしでは大違い。


EXPED TRAVEL HAMMOCKとスリットラインセット。
地面が悪かろうが雪であろうがこれがあればゆっくり休憩できる。
オーバーナイトももっぱらハンモックで。


EXPED SOLO TARP
ガイラインのシステムが秀逸でとても使いやすい。
冬のシノギングでは冷たい風を凌ぐために出番が多い。
ペグは幅広タイプと中空パイプタイプを半々で。


ハンモック用の㊙防寒グッズの試作品。


Picogrill239、メタルマッチ、麻紐、SOTOライター、作業用端材、焚き付け用の薪、折りたたみミニノコギリ、ナイフ、皮手袋。


ウッドストーブプレート、火熾しチューブ、ミニまな板、クッカー、アルコールバーナー、五徳、風防、調味料、カトラリー、カップ、水、凌ぎ酒。


もしものためのスタッフザック。


めったに使わないが、ないと困るエマージェンシーセット。
ナイフ、コンパス、ペンなどのバックアップもここに。


ベースレイヤー+ツヅラオリ、シノビ、クナイ。
真冬の行動着は大体これ。


・・・んで、こんな感じの気持ちいいところを探して低山をシノギングしています。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

真冬の丹沢大山シノギング

さすが丹沢といったところだろうか。
ヤビツ峠行きのバスは平日だというのに多くのハイカーで席は埋まっている。

峠が近づくに連れて山肌には雪が見え、小さな心臓がバクバク興奮し始める。

お目当ては大山の北西尾根。
アプローチも比較的楽で冷え込みそうなこのエリアなら雪もあるだろう。

バスを降りて一時間ほど北に下ったところから尾根に取り付く。
いきなり立ちはだかるような急斜面に早くも汗が噴き出す。


ひと登り終えまだまだ続く急斜面には雪がまじり始める。
よしよし、思った通りだ!


部分的に樹林のない雪の斜面がある。
高所恐怖症の自分にはこういう場所がとっても怖い。
怖いのでぶざまな格好で何とかそこを通過する。
すぐ脇を涼しい顔でトロッコのレールが伸びている。
その対比は滑稽でしかないだろう。

800mを過ぎると傾斜が緩んで一面雪に覆われる。
雪面は締まっているが時々ツボ足が柔らかいところを踏み抜く。
いやー、こういうのが一番疲れるなー。


1000mを過ぎて少しだけ下った先にはヤセ尾根が待っていた。
岩まじりで中途半端に雪がついているので油断できない。


西風が強くなったのでツヅラヲリを着て凌ぐ。
ここからはアイゼンを着けて慎重に通過する。


こんな時にクナイは足元がすっきりして安全確保しやすい。


西尾根の向こうにヤビツ峠からの尾根も近い。
その向こうには雪をかぶった箱根の山々が見える。


ヤセ尾根を通過して再び立ちはだかる斜面をゆっくり上る。
腹が減ったなー。
振り返ると塔ノ岳~蛭ヶ岳へと続く尾根が見える。


素晴らしい展望を楽しみながら急斜面を詰め山頂直下の平坦なスペースに着いた。
ハンモックを張るのに丁度いい木立があるのでここで休憩。
ハンモックは雪の上でも非常に有効で、ほとんど整地する必要がなく楽な体勢で休憩できる。


ようやく暖かいものを摂りハンモックに横になるとたちまち眠くなる。


いやいや寝ている場合ではない、日が暮れてしまうのでさっさと撤収する。


大山山頂を通過して下社経由でケーブル乗り場へ。
実はこの下りが一番きつくて足に応える。
もともと修験の山なのだからきつくて当たり前かな?

バスに乗って伊勢原の駅に着くころにはすっかり暗くなっていた。
あー、凌いだ、凌いだ。

今回の凌ぎアイテム。

- AXESQUIN -
カザハナ(試作品・ウールアクティブレイヤー)
ツヅラヲリ
クナドアーム(試作品)
クナドベスト(試作品)
ヨヒヤミ

シノビ
ヤマラップ kevlar(試作品)
クナイ kevlar(試作品)
ノヤマ(試作品・メルトンスカート)

フユボウシ(試作品・メルトンハット)
ハダレユキ
ライトシェルフィンガースルーミトン(試作品)
ナビ(試作品・シノギング用ミニパック)
トップキルト(試作品)

- EXPED -
Travel Hammock
Lightning 45

- MOUNTAIN EQUIPMENT -
Integral Tight
Spider Neck Gaiter

終わり
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1月のシノギングは「難所の凌ぎ方」

「四季の山を歩き、思い、創造する」アクシーズクインでは、山歩きの独自コンセプト「凌」をテーマにしたイベントを開催しております。

アクシーズクインでは「凌」をテーマにした山歩きを「シノギング」と呼んでおり、このイベントではシノギングに最適な商品を実際にお試しいただくことができます。

ゲストとして低山小道具研究家の森勝氏が同行いたします。

お気軽にご参加ください!!

今回のテーマ:「難所の凌ぎ方」
簡易ハーネス、補助ロープなど最小限の道具を使った難所の凌ぎ方を実践します。
簡単なロープワークの紹介もあります。



・開催日:1月28日(土)
・集合時間:9:00
・集合場所:JR高尾駅北口(改札を出た先、AXESQUINのパネルが目印)
・予定コース:高尾駅北口~一般道~北高尾ハイキングコース~八王子城周辺尾根~八王子城バス停~(バス)~高尾駅北口
・終了予定時間:16:00
・定員:8名

・参加費用:無料(本イベントに必要な交通費は各自ご負担下さい。)
・申込方法:下記連絡先に参加人数・参加者のお名前・代表者の連絡先をお知らせ下さい。
・連絡先:株式会社アクシーズクイン 担当:柳谷(やなぎや)TEL 03-3258-6211、e-mail : info_pro@axesquin.co.jp
・締切:開催直前の木曜日17:00
・行動食、昼食をご用意ください。
・一時間ほど昼休憩をとります。
・難所を凌ぐ道具と地図はこちらでご用意いたします。
・基本的なハイキングの装備でご参加ください。
・同行者:アクシーズクイン 柳谷、低山小道具研究家 森勝

【注意事項】
・開催の中止:天候や弊社の都合で中止する場合には開催直前の金曜日12:00までにアクシーズクインのブログでお知らせしますので参加される方は必ずご確認下さい。
・事故等の責任:参加者は各自の責任で当イベントにご参加ください。
 参加中の怪我や病気、事故等については、弊社は一切の責を負わないものとします。
・天候や行程の都合で商品のお試しを割愛させていただく場合があります。
・当日の天候や進行の都合でコースや終了時間が変更になる場合があります。
・本イベントで撮影した画像を弊社ブログで使用することがありますのでご了承ください。
・弊社メール環境セキュリティの都合でごく稀にお客様からのメールを確認できない場合がございます。
 受信したメールには2~3営業日以内に必ず返信を差し上げておりますので、弊社からの返信が無い場合にはお手数ですがお電話をいただけますようお願いします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

12月17日のシノギング「夕暮れシノギング」の様子

集合時間は午後二時。
山頂で夕陽を見る時間に合わせているのでこんな時間からのスタートである。
小仏方面や陣馬高原下方面から到着するバスからはすでに下山したハイカーが下りてくる。
そういう時間だ。
既に傾いた西日の中でバスを待つ。


ハイカーで満員の朝のバスとは違う、ゆっくり座れるバスに揺られて日影バス停で降りるとそこはその名の通り日影だ。
高尾と北高尾の尾根の谷間のこのエリアは冬はここだけとても寒い。
参加者の皆さんにツユハラヒクイックハラマキを着けてもらい我々はいろはの森コースをのんびり上る。
これらのアイテムが冬のシノギングにどれだけ有効かということが実際に使ってもらうことで分かってもらえるはずだ。
それにしても総勢10人がツユハラヒを付けて凌ぐ姿はなかなか格好いい。


ひとのぼりで主尾根に出ると西の空は緋色から茜色へと染まり始めている。
山頂へ急ぐと夕陽はたった今富士山の向こうに沈んだ。
高尾山頂はこの夕陽を見に来たハイカーで思っていた以上ににぎやかだ。
丹沢から富士山、そして三ツ峠までくっきり見渡せる。


暗くなるまで山頂で小休止。
この間にクイックダウンレッグウォーマーを試してもらう。
これは足湯みたいなもんでしてね、しばらくすると全身がポカポカ温まります♨。


さてさて、そろそろヘッドトーチを付けて行きましょうか。


東側の展望は八王子から都心へと続く都会の灯り。
この時間の微妙な空の色合いと町の灯りがもうたまらない。


薬王院を過ぎて次の展望に出るころにはもうすっかり夜景に変わっていた。


森勝氏の小さいけどすごく明るいライトで皆さんの顔を照らしつつ夜景と一緒に記念写真。


この後一行は森勝氏の怪談話に悲鳴と笑い声を木霊させながら金毘羅尾根を安全に下山して高尾山口駅に到着した。
無情にもお試しアイテムをすべて剥ぎ取られた参加者の皆さんは寒い寒いと言っていましたね。
夕暮れシノギングの楽しさとシノギングアイテムの重要性を知ってもらえたら幸いです。

参加者の皆さんお疲れ様でした。
年内のシノギングイベントはこれで終了です。
シノギングイベントは来年も続きます。
皆さんの参加をお待ちしております。

よいお年を!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

17日のシノギングは予定通り行います!

12月17日のシノギング「夕暮れシノギング」は予定通り行います。

参加者の皆さんはブログに掲載の募集要項をもう一度ご確認いただき装備をまとめて下さい。

当日の連絡はinfo_pro@axesquin.co.jpをご利用下さい。

それでは明日、高尾駅北口でお待ちしております!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ