広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2008年11月30日風景

2008-11-30 20:21:34 | ひとりごと
神宮外苑の紅葉















夕景(近所)










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リーグ戦最終戦

2008-11-30 20:15:21 | ラグビー
2008年11月30日(日) 秩父宮ラグビー場 14時 KICK OFF
関東学院大学VS東海大学






前半は前に出ていたし
風上と言うこともあり
良いペースで試合運びが出来ていたと思います。

特に2本目のトライは、スピードもあって
素晴らしいトライでした。

12-7で折り返し。






後半は文字通りの完敗。
いいところなし。
攻めても攻めても前に出られず
東海大学のディフェンス網の餌食になっていました。

最終スコア12-31。
つまり後半は無得点。

寂しすぎます・・・。
あまりのショックに最終スコアを
カメラで撮ってくるのを忘れていました。
そのことに今気が付きました。
それくらいショックだったんですね。

でも、よく頑張ったんだと思う。
開幕前はどこまでやれるのか未知数だったし
大学選手権に出場できるだけでも良しとしないとね。

こういう状況では悪いところには敢えて目を瞑り
良いところを見て行きましょう!!

選手の皆さん、リーグ戦お疲れ様でした。
まだ終わっていません。
大学選手権でリーグ戦の悔しさを晴らしましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神宮外苑

2008-11-30 13:46:30 | ひとりごと
いちょうが色づいていて

きれいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読書2008-36

2008-11-29 21:40:05 | 読書
『時雨みち』(藤沢 周平著)

今年観た映画『山桜』の原作が載っているということで購入。

藤沢周平氏の本はまだ2冊しか読んでいないので
軽々しいことはいえませんが、自分好みではありません。

山本周五郎氏を師事する自分としては
主人公に好感が持てない作品が多い。
筋が通っていない。

山本周五郎で描かれる人物があまりにも人の理想であって
こんなひとまずいないんだろうけど、だけれども
そういう人物に惚れ込める自分がいるのが事実です。

すみません

それでも、『夜の道』と『おさんが呼ぶ』は良かったです。

2冊だけで決め込んでしまいたくないので
また読んでみます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

休日出勤18

2008-11-29 16:59:25 | ひとりごと
またまた出勤。
月末なので事務処理&溜まっている作業を
行いました。

作業はデータに一部不備があって決して順調
とは言えなかったけれど少しでも進めておくだけでも仕事は楽になるからね。


泣いても笑ってもあと1ヶ月!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

泊まり込み

2008-11-27 03:01:00 | ひとりごと
今年はこれまで会社に泊まり込む事はなかったのですが、
残り1ヶ月となってやっちゃいました。

仕方ない。

もう寝ます。
おやすみなさい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歯医者終了!

2008-11-25 23:52:32 | ひとりごと
土曜日抜歯した右上の親知らずの経過を
みてもらい、特に問題なしなのでこれにて完了!!

お疲れ様でした。

左下の親知らずも気になるのですがそれは来年と言うことで。
先生も了承してくれました。

これから年末まで仕事も忙しいしね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画2008-7

2008-11-24 17:59:52 | 映画
『おくりびと』(滝田洋二郎監督、小山薫堂脚本)

モッくん演じるチェロ奏者が
楽団の解散によって故郷山形に妻と帰り、
そこで納棺師として働く姿を通しての
人間模様を描いた映画。

本木雅弘、広末涼子、山努他出演(敬省略)。

死者をおくりだす場面の人間模様が面白い。

ことばがなくても通じ合える人と人との関係っていいですね。

笑いありジーンとくる場面あり楽しめました。


以下、ネタバレあり。



最後のシーン。
数十年前に女と失踪した父親が亡くなって、
遺体と対面したときに父親の手に小さい石が握られていた。

この石は石文と言って太古の昔、自分の気持ちを
相手に伝える手段としていたもので、
主人公が幼い時父親と交換しあった石文でした。

その石に自分の思いを重ね相手はその石の肌触りから
気持ちを読み取るもの。

離れていても息子の事は一時も忘れていなかった
と言う思いが伝わってきて涙が溢れました。


これで今年映画を観るのは最後かな。


今年亡くられた峰岸徹さんが出演されていました。
合掌。


フジサワ中央にて。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読書2008-35

2008-11-24 17:48:53 | 読書
『上司の哲学』(江口 克彦著)

以前読んだ『部下の哲学』と同じ著者。

松下幸之助氏の言動をから部下に信頼されるために
上司は何をするべきかを記した本。

社会人として、人として身に着けておかなければ
ならない内容ばかりでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近の投稿

2008-11-23 21:09:51 | ひとりごと
家でパソコンを立ち上げる余裕も気力もないので
このところブログは専ら携帯電話からしか
書いていません。

良くないなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加