すれ違う背中を 読書2016-27

2016-10-15 22:20:14 | 読書
『すれ違う背中を』(乃南 アサ著/新潮文庫)

以前読んだ『いつか陽のあたる場所で』の続編。
前科持ちの女性二人が織りなす心温まるストーリー。

前にNHKで、上戸彩、飯島直子の二人でドラマ化されていた。
それを見たのがきっかけとなって『いつか陽のあたる場所で』を読んだのですが、この二人を思い描きながら今回も読み進めました。
つくづく良い配役だな~と思います。

何気ない日常を描いただけなのに、ついつい引き込まれてしまいました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016/10/15 | トップ | 丹沢・中川温泉旅行 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (神崎和幸)
2016-10-16 17:57:05
こんばんは。

自分も『すれ違う背中を』読みましたよ。
引き込まれますよね。
優しい文体と前向きな二人の姿がとても良かったです。
つつましく生きる二人の時間がいつまでも続いてほしいと思いましたよ。

それに『いつか陽のあたる場所で』も読みましたがこの作品も良かったです。
ひたむきに頑張っている姿や綾香とのやり取りを温かいと感じましたよ。

ドラマも見ましたが、確かに良い配役ですよね。
ありがとうございます (管理者)
2016-10-16 23:12:58
神崎さん、コメントありがとうございます。
小説の中の世界なのに、二人には幸せになって欲しいと思ってしまいますよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL