飛行中年

空を飛ぶことに薪ストーブ、そして、旅をこよなく愛する一人の中年のブログです。





どんな形の飛行機でも飛ぶんです! その16

2017-06-17 07:21:42 | 自作飛行機(homebuild airplane )
前回は、ライト兄弟よりも先に飛行機を飛ばしたのでは?と、言うことで、クレマンアデールという方を御紹介いたしました。

しかし、本当のことを言うと、この時代、飛行機を飛ばそうとしていた方は、世界の各所に何人もいたのです。

リリエンタールに始まるグライダーの実験の中で、誰もが「このグライダーに動力をつけたら、ずっと空を飛んでいられる機械が作れるのでは?」そういう共通思考を持ったのです。

この新しい空を飛ぶための機械の発想。実は、各国の「軍」も注目していました。

空を飛ぶ機械があれば、戦争を有利に進めることが可能であると考えたからです。

そのため、アメリカでは、軍がある発明家に対し、飛行機の開発をバックアップしていました。

ラングレーと言う方です。

軍は、その当時最も空を飛ぶことに成功しそうな発明家として、ラングレーを抜擢。

彼に投資し、飛行機を実用化しようとしたのです。



この方、上のような前後に主翼のある「串形翼」の飛行機で、空を飛ぶことに挑戦していましたが、結局はライト兄弟に先を越されることになります。

で、このラングレーの飛行機が本当に空を飛ぶことが出来たのか…。

これは私の独断なのですが…。結構微妙なところだと思いますが、何とか飛ぶことは可能だったのでは?と、思います…。

写真のような水上カタパルトより飛びたつ計画でしたが、記録では、何度かの実験はしたものの、飛ぶこともなく落ちてしまいました。

ラングレーの飛行機を見ると、串形翼という特徴があります。

この形式、以前にもご説明しましたが、本来なら水平尾翼が必要ありません。

何度もこのブログで御説明しているように、前後の翼の取り付け角が…。



上の関係になっているならば、水平尾翼は不要であり、飛行機はピッチの安定を保って空を飛ぶことが出来ます。

で、ラングレーの飛行機をよ~く見ると…。

小さな水平尾翼があり、2枚ある主翼には、機体に対し同じくらいの取り付け角がつけられています。

本来なら、水平尾翼を取って、前後の主翼に上図のピッチの安定を保つための、逆ハの字の角度の関係を持たせれば、飛行機は飛びます。

ラングレーの飛行機の場合、小さな水平尾翼、それに、2枚の主翼の配置ではありますが、わずかですがピッチの安定を保てる形式にはなっています。

特に串形翼の場合、たとえ前後の主翼の取り付け角に、上記の逆ハの字の角度の関係がなくても、前翼が作る気流の吹き下ろし(洗流という)の効果で、ある程度はピッチの安定が出ただろうと思います。

つまり…。

ラングレーの飛行機は、微妙ではありますが、飛ぶ可能性はあったと思います。

ラングレーの飛行機がこのとき飛ばなかったのは、おそらくですが、機体の剛性不足か強度不足、それに、パイロットの腕のせい(ラングレーは自らは飛行機に乗らず、あまり訳のわかっていない人間を搭乗させていた)だと私は思うのです。

そういう意味では、実はライト兄弟の飛行機の方が、むしろ、飛行が難しい形をしていると思います。

なぜライト兄弟の飛行機は、その飛行が難しいのか…。

それについては次回ご説明いたします。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どんな形の飛行機でも飛ぶん... | トップ | ケント君が来てくれました! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。