飛行中年

空を飛ぶことに薪ストーブ、そして、旅をこよなく愛する一人の中年のブログです。





ストーブトップのガスケット化

2017-07-16 17:27:41 | 薪ストーブってどんなもの?(what's woodstove)
もう6シーズン使った我が家の薪ストーブ「アクレイム」。

昨年は、とうとう薪ストーブのオーバーホールを自分で行ってみました。

自分で全部バラしてみると、いろいろなことが分かってくるもんです。

そんななかでも、今後のメンテナンス性を向上させるため、ストーブトップをガスケット化する改造を、是非試してみたくなりました。

このストーブトップのガスケット化は、いつも薪ストーブでお世話になっている薪焚亭さんがあみ出した手法です。

本来、我が家の薪ストーブのメーカー、バーモントキャスティングス社の薪ストーブは、ストーブトップ部分が「耐熱セメント」で接着されています。

しかし、ストーブトップ部分がセメントで固定されていると、いちいちこのセメントを壊してトップを外す必要があり、メンテナンスがとても面倒で、コストがかかるものになってしまうんです。

ストーブトップをガスケット化しておけば、比較的簡単にこの部分を外すことができ、メンテナンス性がグッと向上するんです!


さて、薪ストーブをバラす前に、まずは煤や灰で回りが汚れないように、炉台周りを養生しておきます。



我が家の「アクレイム」は、板状の鋳物を耐熱セメントで接着することで組み立てられています。

ストーブトップはストーブの底板と、長いボルト「タイロッド」で4辺つなぎ留められており、ストーブトップを外すには、ストーブ底板のボルトを外せば良いのですが…。

そのままこのボルトを外してしまうと、部品の重み等で、他の耐熱セメントが割れてしまうので、ベルトでしっかりと耐熱セメントが割れないように縛っておかないといけません。

その時、今回の作業で外す予定の「タイロッド」は、かわすようにその内側にベルトを通しておきます。



そんな前作業をして置いた後、いよいよストーブ底部のボルトを全部緩めて、ストーブトップを外します。



ちなみに、このとき、ドアやサイドパネルも外しておきますが、アクレイムの場合、左側のサイドパネルが、ストーブトップを外さないと取れてくれない構造になっているため、その部分はサイドパネルの内側にベルトを通して、余計な耐熱セメントが

壊れないようにしておく必要があります。



さて、とれたストーブトップについている、耐熱セメントを全部きれいにはがして、いよいよガスケットを貼り付けます。

このガスケットは、薪焚亭さんに教えてもらい、7/16サイズのものを使用しましたが、ピッタリな感じでとてもしっくりきました。



目的のストーブトップのガスケット化も終わり、ついでにストーブ内部を一通り点検。

トップローディングのガスケットが痛んでいたんで、これも交換しておきました。

今回は他のガスケットは交換しませんでしたが、次のシーズンでは、内部のガスケットはすべて交換しなければいけないでしょう。

ストーブトップを取り付けて、ボルトを締めて固定。このとき、やはり気密を保つためにも車のホイールと同じように、対角線でボルトを締めていったほうが良いと思います。

また、締め付けトルクも、ほどほどにしておいたほうが良いと思います。

基本的には、ガスケットや耐熱セメントで気密を保ってくれるはずです。



組みあがった我が家の「アクレイム」。

半日ほどで作業は終了しました。

さて、これでこのシーズンのストーブメンテナンスも終了。

次のストーブシーズンが楽しみです!




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どんな形の飛行機でも飛ぶん... | トップ | 今年の鳥人間大会は、7月29日... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もはや (くまはち)
2017-07-16 23:49:43
プロの業ですね♪
ありがとうございます! (みっちゃん)
2017-07-17 20:32:41
くまはちさんコメントありがとうございます!
私が薪ストーブのメンテナンスが出来るようになったのは、本当薪焚亭さんの存在があったからこそです。
いろいろな貴重な情報を教えていただき、本当感謝しています!
薪焚亭さんはじめ、くまはちさんや薪割会の人たちと知り合えて、薪ストーブが10倍楽しくなりました!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

薪ストーブってどんなもの?(what's woodstove)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。