飛行中年

空を飛ぶことに薪ストーブ、そして、旅をこよなく愛する一人の中年のブログです。





破郎エブリバディーさんが我が家へ…。

2016-12-07 09:37:51 | 日記(diary)
何度かこのブログでご紹介していました破郎エブリバディー先生が、とうとう我が家にお越しくださいました!

我が家は毎年北海道へ車中泊で旅に出ることが恒例となっているのですが、北海道のちょっとマニアックな観光地などでたまに見かけるダルマ絵。それが毎年行きながらとても気になっていたのです…。

そして2年前。

ひょんなことからこのダルマ絵を描かれてている破郎エブリバディー先生とお会いできることになったのです。

破郎さんとはそれ以後、ちょくちょく連絡をとりあっていました。


我が家に来られた破郎さん。

いきなりお酒を飲みながら。

「じゃ、ちょっと描いてみようか!」と、筆をとられました。



サッ サッと、止まることなく筆を運ばれます。

そして、見事なダルマ絵があっという間に出来上がりました!



見ていて思わず緊張してしまいます…。

続けざまに…。



本当に絵にも字にも勢い、そして、迫力があります!

これは今回初めて私も知ったのですが、実は破郎さん、柔道の達人なのだそうです。

なるほど!道理で筆に勢いがあり、迷いがないのかなぁ~と思いました。


数枚の絵を書いて頂いた後は、お酒を飲みながらの夕食…。

最初は何を話してよいかと迷いましたが、お互いに大好きな旅の話となると大いに盛り上がってしまいました!

新しく見つけた破郎さんの絵の話。

奇想天外な面白い旅人の話…。

破郎さんも旅が大好きなので大いに盛り上がり、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。


そのうち破郎さんの目は、我が家自慢の薪ストーブの炎へ…。

ここで破郎さん。薪ストーブの炎の美しさにとても感動されました!

まるで純粋な少年のように感動しながら炎を見つめ続ける破郎さん…。

美しいものに素直に感動できる心、そして、格闘家の一瞬の集中力。

この二つを持ち合わせているからこそ、破郎さんはあのような迫力のあるダルマ絵が描けるんだと思います。


楽しい時間はすぐに過ぎ去り、気が付くと結構いい時間。

酔っぱらいながら急いで床へとつきました。



破郎さんは現在各所のダルマ寺やなどをめぐる旅をされています。

今回はもう北海道に帰られるということですが、もし、破郎さんの絵がほしい方がいらっしゃいましたら、非公開コメントにてご連絡先をお知らせください。


お取次ぎいたします。

破郎さんは今回のような色紙の他にも、屏風や掛け軸などにもダルマ絵を描いて頂けます。


今回の破郎さんのご訪問については、女房のブログ車中パグでも紹介しています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どんな形の飛行機でも飛ぶん... | トップ | 薪ストーブの維持費って? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素晴らしい (kazu)
2016-12-12 20:06:04
素晴らしい達磨、我が家にも欲しいです。
探すと楽しいですよ! (石岡のみっちゃん)
2016-12-12 21:04:41
この破郎さん、ブログにもありますが北海道の各所にダルマ絵を残されています。
もっとも大作なのは道の駅「摩周温泉」にあるもので、今年の深谷ねぎさんの夏の北海道旅ブログにも紹介されています。
破郎さんも我々と同じように車中泊で全国を回られているので話すと楽しいですよ!
(ちなみに100系ハイエースのキャンピング仕様でFFヒーター付きの本格的なものです!)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記(diary)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。