飛行中年

空を飛ぶことに薪ストーブ、そして、旅をこよなく愛する一人の中年のブログです。





夏の間もメンテナンス!

2017-08-09 09:20:08 | 薪ストーブってどんなもの?(what's woodstove)


薪ストーブって、夏の間はほったらかし!なんて思っていませんか?

実は、薪ストーブは夏の間、油断できないことがあるんです。



↑これ、薪ストーブに出てきたです。

薪ストーブにもよるのですが、特にウチのように鋳鉄で出来た薪ストーブは、どうしても錆が出やすいのです!

薪ストーブにもいろいろとあり、琺瑯仕上げや石で出来たものなどは、その表面は錆ることはありません(内部は錆るので、使わない夏場などは油を塗っておいたほうが良い)。

しかし、鋳鉄むき出しのウチのようなストーブは、油断すると結構錆が出てきます。

「じゃ、なぜ鋳鉄むき出しの薪ストーブがあるの?」と、疑問を持たれる方も多いと思います。

その理由は…。

鋳鉄むき出しのストーブは、鉄製薪ストーブの中では一番暖かいのです!

加えて、ストーブポリッシュなどでこまめに磨いて手入れをすれば、ちょっと浮いたくらいの錆ならばすぐに取れてくれ、いつまでも美しく保つことができます。

むしろ、ストーブポリッシュで磨き続けると、なかなか渋い味のある色へと変わっていくのです!

これが、例えば琺瑯を施したストーブの場合、表面の錆は発生せず手入れも簡単なのですが…。

一度琺瑯に傷をつけると、完全にはそれを直すことができず、補修材はあるのですが、どうしても後が残ってしまいます。

実は、私は鋳鉄が大好きです。

鉄なのに温かみを感じる、どこか懐かしい雰囲気が気に行っています。

また、鋳鉄から発せられる熱は、遠赤外線を多く含んでいるため、体の芯まで温めてくれる、とても心地よい暖かさなのです。

そんな理由で、私は手入れが少々必要でも、この鋳鉄製の薪ストーブが大変気に行っています。

錆が出るならば磨けばいいだけの話…。

むしろ、磨き続けることで、ストーブの色にも味が出てきて、そして、何よりもストーブに愛着が湧いてきます。

そんな理由で、私は夏の間もせっせと薪ストーブを磨いているのです!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 土砂降りの車中泊で焼肉を楽... | トップ | 夏季休暇に入ります。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。