LONDON CALLING



from Space Invaders news letter.

明日からLaz.incでのソロエキシビジョンを控えたフランスのアーティストSpace Invadersが、ロンドンにきているみたいです。
詳細は、後日!

more
http://www.space-invaders.com/inl26.html
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

New Exhibition Opening Party Tomorrow



Ian StevesonのエキシビジョンがConcrete Hermit Galleryというイーストロンドンに新しく出来たギャラリーで明後日から始まります。
今、ロンドンで注目のアーティストなので、チェックしてみてください。

The gallery is located at 5a Club Row, London E1 6JX. (Nearest tube: Liverpool Street)
The exhibition runs from 5 ? 21 October.
Opening night and book launch Thursday 4th October 6-9pm. Everyone is invited.
http://www.concretehermit.com


Ian Steveson
http://www.ilikedrawing.co.uk/html/work.html
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Paint on the wall

びっくりするようなニュースをWooster Collectiveで発見したので、添付です。

Tower Hamlets Polling The Public On Their Opinions On Street Art
A reader in London sent us this surreptitiously obtained scan of a survey that is currently being conducted amongst local residents by Tower Hamlets (Brick Lane's) Council.

We're not entirely sure what to make of it, but it certainly looks as if the Council is considering keeping and preserving some of the iconic street art that graces the walls of London's East End. Clearly all of this is a reaction to the growing acceptance of Banksy's work that lead to the Bristol City Council holding a public debate and asking residents to determine the fate of a prominent Banksy piece in Bristol.

It's an interesting approach that certainly shows a shift in how cities are now dealing with the public's growing acceptance of street art.






これは、要するにグラフィティーの価値が評価され始めているなか、Londonの東部に位置するTower Hamletsという行政区が、市民に対してこのグラフィティーは「消すべきか」、「残すべきか」という質問を投げかけています。
過去にBanksyの故郷である、Bristolでは市及び行政が市民にこれを問い、
「Banksyの作品は保護するべきだ」という見事な判例も出ており、それ以降彼の作品はBristolでは保護されています。
我が家の前にあった、Banksyの作品は3日くらいで消されましたが、、、

このような試みは非常に興味深いのですが、それに反して「グラフィティーとはなんなのか?」という疑問を感じずにはいられないのも事実です。
壁に落書きしても政府に許されると決まったBanksyは何を考えているのでしょうか?


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Charles Krafft



Charles Krafft
'Artists Rifles Requiem'

21st September - 21st October
Seattle artist Charles Krafft utilizes the traditional techniques and materials of decorative Delft ceramic painting to explore the sometimes-Orwellian realities of our times. Images of natural and socio-political catastrophies decorate his ceramic objects. In addition to ironic commemorative plates and plaques, Krafft makes porcelain weapons and ammunition. Krafft has produced some amazing Delft pieces for this show including hand grenades, AK 47s and Tommy guns.






こないだStolen Spaceで始まったエキシビジョンです。
オープニングパーティーに行って来ましたが、デザインウィーク中という事もあり大変な賑わっていました。
このD*FACEが運営しているStolen Spaceは11月にObeyのエキシビジョンも予定しています。
Stolen Space
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

PAINTINGS, POTS and PRINTS

「SOLD OUT」ばかりの写真ですが、本当に展示した作品全てが売り切れるという驚異的なソロエキシビジョンデビューをしたAdam Neateのエキシビジョンの写真をFlickrにUPしました。

Flickr AWK GALLERY


今回のエキシビジョンではオリジナルの作品の他にプリントも9種類×50枚も販売されていたのですが、450枚すべて売り切れたみたいです。
しかも、一枚の値段が1000ポンド以上はするのですが、そのプリントがオークションなどで5000ポンドくらいに跳ね上がってるという話をギャラリーのオーナーから聞きました。 
幸せな事にAdamが描いたキャンバスを一枚持っているので、ずっと大事にしたいと思います。












コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

YOD from AMOS!!!

Amos Toys Drop The YOD Army

AMOSが新しいトイを全6種類、限定200個で発売が決まったみたいです。
日本では、以前からネットでのオーダーが始まっていて、応募が殺到した為に閉め切られたらしいですが、イギリスでは10月12日に販売が開始するそうです。

playloungeの他にもAMOSのオンラインショップを始めとするいくつかのネットショップでも販売されるみたいなので、欲しい人は是非チェックしてみてください。
「限定」という言葉に弱い僕は、買うか悩んでます。。







AMOS
AMOS BLOG
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Designers Block Illustrate

Designersblock Illustrate 07
15 - 23 September 2007



Highbury Studios
Hornsey Street
London N7

Hornsey Street is 20 metres from Holloway Road tube

10.00 to 19.00 hrs daily
Free entry


Installations from over 80 leading illustrators within and upon 40 newly
constructed commercial units spread across 4 acres.

Including Jon Burgerman, Airside, Squint opera, Sarah Howell, Serge Seidlitz, Secret Wars, Debut Art, will barras.



先週からDesign weekに突入して、忙しくしているたか↑です。
久しぶりの更新です。
9月のロンドンはDesign weekということで、先週末からDesigners Block Londonの10周年を記念したillustrateのお祭りが始まりました。

私も出店中なのですが、Jon Burgerman, Airside, Squint opera, Sarah Howellなどのアーティストの他にも、以前からこのblogで紹介している、OtwoとShe Oneの二人のユニットRockGroupなどもエキシビジョンを展開しています。

今週の金曜日21日にはイギリスの人気ユニットLemon JellyのDJなどを含むClosing Partyもありますので、この時期にロンドンにいる方は、是非遊びに来てください。 

もちろん、エントランスは無料でフリービールもあります!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

PIRATE UTOPIAS

またまたflickrを更新しました。
7月にElms Lestersで行われた、PIRATE UTOPIAS(FUTURA vs JOSE PARLA)のエキシをUPしたのでチェックしてみたください。

flickr AWK GALLARY





more

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

BLK/MRKT TWO



アメリカはLAにあるBLK/MRKT Galleryは、世界で最も影響力のあるギャラリーと言っても過言ではないと思う。
そのBLK/MRKTのブックシリーズの第二弾が8月にアメリカで発売開始し、ヨーロッパでも普及し始めている。
まだ、買ってないのですが、内容はスゴイ事は間違いないので、街で見かけたらチェックしてみてください!!!



















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

UP DATE!

またまたFLICKRを更新しました。


Ben Turnbull@LAZARIDES


IN SELECTED STORES ONLY


DON'T DO THAT

You must check it out!!!!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

AWK GALLERY's Flicker


meets


以前から、登録して写真をUPしようとおもいつつ、構想から1年くらい経ってしまっていました。
AWK GALLERYのFlickrでは、僕自身が足を運んだエキシビジョンの写真をいっぱいUPしていこうと考えています。
新しいエキシの写真をUPした時は、blogで告知していきますので、是非是非チェックしてみてください!!!

1発目は、去年行われたScrawl Collective Showです。
AWK GALLERY's Flickr


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

イムイムウアモウ展

仏仏ウアモウ展 上海




ロンドンのTOY SHOP"PLAY LOUNGE"やパリのColetteなどで販売されている人気トイ「UAMOU」。
このウアモウのアーティストであるAYAKO TAKAGIが去年末に活動拠点を日本に移してから、日本では初の個展となる『イムイム ウアモウ展』@京都国際マンがミュージアムで、高村光雲の流れを汲む仏師の加藤義廉とのコラボレーションによる千手観音ウアモウ像を発表。
また限定の「仏仏ウアモウ」フィギュアも販売し、今月の「装苑」ニューカマーのページに 紹介されていた、注目のアーティストです。
そんな彼女が、次は上海で個展が開催されるので、これもまた注目です!

http://www.uamou.com/




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Jonathan Yeo

JONATHAN YEO UNVEILS ‘BUSH’



肖像画のアーティストとして知られるJonathan Yeoのエキシビジョンが今日から2日間だけロンドンのSohoにあるLazarides Galleryであります。 
上の絵は、アメリカ大企業よりジョージ Wブッシュの肖像画の依頼を受けたのだが、返事が遅く承諾されなかったので自分自身でヌード写真などを切り取り作った肖像画である。


Acclaimed portrait Artist Jonathan Yeo was commissioned to create a portrait of President George W. Bush by a prominant US company, but was later told his services were not required. In response, he decided to do the portrait on his own.

Later today, the work will make it's debut at Lazarides gallery on Greek Street in London.


Lazarides Gallery
Jonathan Yeo
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Terror Mon Amour@Stolenspace

Terror Mon Amour



ロンドン在住のブラジル人グラフィックアーティスト/デザイナー、Pedro InoueのソロエキシビジョンがStolenspaceで開催されます。Pedro Inoueは、Barnbrookで6年間勤め、多くの作品を残しています。

web:http://pedro.coletivo.org/


Terror Mon Amour
23rd August - 17th September
Terror Mon Amour is the first solo show of Pedro Inoue. The exhibition is a vision of an evil paradise of our decadent corporate culture. The works seduce and manipulate with their excess, drawing the viewers attention to its superficial beauty. It sheds light on the power of image today by mimicking the formulas that corporations and governments use to disguise the most horrendous acts of war, torture and terror.
Artist statement: My work is a visual response to the state of the world today. I try to put into evidence the corrosion of today’s consumerist society through accumulation and not destruction. Using the symbols and messages that constructs our corporate culture, I want to create a portrait of our contemporary society, reflecting the duality of beauty and horror present in our daily lives.





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

EINE Private View

先日のblogで書いた、EINEのエキシビジョンに昨日行って来ました。
多くのアーティストや、出版関係者などで賑わっていました。











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ