ラフ・コリーを御存じですか?

ラフ・コリー専門のエアウーマン犬舎のブリーダーが、過去に一世風靡した「名犬ラッシー」の犬種ラフ・コリーの御紹介をします。

ラフコリー:手術糸が引き起こす病気

2014年10月16日 14時48分21秒 | 犬の病気
ラフコリー専門 エアウーマン犬舎  http://airwoman.if.tv/  

2014年5月22日に生まれの女の子のオーナー様を募集中です。
http://airwoman.if.tv/puppies.html

==================================

手術の際の糸が原因だと言われている病気で脂肪織炎という病気が
あります。

生後11ヵ月になる前の不妊手術の際に脂肪織炎を起こして、今も
治療を続けている8歳のコリーの女の子が当犬舎の繁殖犬の中に居ます。

一般の動物病院で脂肪織炎と診断された後に受けた大学病院での膵臓の
検査手術(膵臓が腫れていると言われたので)では、不妊手術の際の
糸が原因の広範囲の癒着が見つかっているのだそうです。

大学病院では膵臓の腫れは慢性膵炎から来ていると言われたそうですが、
↓の日本獣医皮膚学会のページでは膵炎に併発して脂肪織炎が起きている
症例が載っているので、脂肪織炎を先に発症していて、その後、膵炎が
起きたのか、それとも膵炎が起きていた後で、過去の不妊手術の時の
糸が原因で脂肪織炎も起こしたのかどうかは分かりません。

それに↓のファイルは2004年と古いもので脂肪織炎の原因等が
はっきりしたのは最近のことらしいので、この記事の一番下に載せた
URLのうち、最も新しい記事である北千里動物病院の情報を優先すべき
だろうと思います。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjvd/10/4/10_4_171/_article/-char/ja/




この前に載せたDog Actually の記事の不妊去勢手術と長骨や関節の
発育不良や関節炎との関係同様、不妊去勢手術は怖いなと思いました。
手術の際の糸で脂肪織炎になる恐れがあることを思えば、体力や免疫力が
成犬ほど発達していない幼い時期の不妊去勢手術は控えた方が良いと
思いますね。

脂肪織炎は、正式には無菌性結節性脂肪織炎、別名、縫合糸肉芽腫とも
言われているそうです。恐ろしいことに、病気のことを知らない獣医師も
多いらしいので、この病名と原因を覚えておいた方が良いと思います。

ステロイドであるプレドニゾロン等の投薬による免疫抑制療法が行われる
そうですが薬と完全に縁が切れる犬は全体の2割だそうです。
うちのジャスミンがプレドニゾロンの副作用で死にかけたことがありますので
(「コリーに危険な薬」のページに載せています)、投薬後は経過を細かく
観察し、これは薬とは関係ないのではないかと思うようなことでもきちんと
記録をしておく方が良いと思います。

脂肪織炎について詳しく書いていた獣医さんのサイトと患者さんの飼主さんの
ブログのURLを載せておきますので、御参考になさって下さい。
最新の医療機器として、縫合をしないでも血管などの組織を閉じれる機械が
出来ているようですが、置いている病院は多くは無いでしょうね。


↓は最も詳しい情報が載っている北千里動物病院のサイトです。更新が
2014年の9月なので、ここの情報を参考にするのが良いのではないかと
思います。
http://www.kitasenri-ah.jp/syourei/cn40/pg84.html


↓は簡略に分かりやすく脂肪織炎のことが書かれている獣医師のサイトです。
http://よしの犬猫病院.com/petcare.html

↓は、脂肪織炎の治療中のマルチーズのオーナーさんのブログです。とても
詳しく一般人にも分かりやすく、また患者の立場として書かれているので
参考になると思います。
http://ameblo.jp/amazu0806/entry-11380677157.html


=====ここからは10月17日の追記です。======

●縫合糸を使わない手術で用いる機械に付いて画像付きで解説している
病院のサイトです。
http://www.mo-ah.com/general/surgrx.html


●病院側の事情を正直に書いてくれているブログです。シーリングシステム
のみでの手術は不可能だそうです。
http://blog.livedoor.jp/mirco_vet/archives/38342265.html


●このブログは画像付きで詳しく脂肪織炎について記録をしてくれています。
どういうわけかヒットする症例はオスの去勢手術ばかりです。去勢手術の方が
不妊手術のように深部の縫合ではないので外から分かりやすく、原因に気付く
可能性が高いからかもしれません。

http://taniguchiah.blog8.fc2.com/blog-date-20140208.html

http://taniguchiah.blog8.fc2.com/blog-date-20140210.html

http://taniguchiah.blog8.fc2.com/blog-date-20140213.html

http://taniguchiah.blog8.fc2.com/blog-date-20140224.html


ラフ・コリー ブログランキングへ


『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コリーと付いても性質が随分... | トップ | ラフコリー:エボラと犬猫の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む