うっかりユーザのパソコン奮闘記

パソコンを使っていて感じたあんなこと、こんなこと、気ままに書いていきます。

Word 表示設定:13

2016年10月15日 | ソフトいろいろ

Word 2016 オプション 「常に画面に表示する編集記号」 の6番めは、
 □ アンカー記号  です。
Word 文書に挿入した画像やテキストボックスなどのオブジェクトは、位置を自由に変えられるような設定をされていても、いずれかの段落に属します。

前後左右に文字のないところに置かれても、やはり置かれた位置の上にある段落に属していて、どの段落とも無関係ではありません。
また、段落の境目付近でも、どこかの議員さんのように二重の籍をもつことはできません。

アンカーは、所属の段落をすぐに知ることができますが、そのことに編集上の便がなければ目障りなだけでしょう。
それをどう使うのかは、押されることのないリモコンボタンと同様に、自分が必要に迫られてみないとわかりません。
これは、アンカーに限らず、Office の持っている多機能を知りつくせない泣きどころでもあります。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Word 表示設定:12 | トップ | Word 表示設定:14 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。