うっかりユーザのパソコン奮闘記

パソコンを使っていて感じたあんなこと、こんなこと、気ままに書いていきます。

Word 表示設定:9

2016年10月11日 | ソフトいろいろ

Word のオプションのことが続きますが、実際に確かめられるとき、オプション画面をどういう方法で出していらっしゃるでしょうか。

1. 「Office ボタン」 ⇒ 「Woerd のオプション」
2. [Alt] ⇒ [T] ⇒ [O]

1.の手順に従えば2段階操作なので一見早そうですが、ボタンの位置を確かめてマウスポインターを移動する時間を加えると、2.の3段階順打のほうが早そうです。
段階順打とは、「押しておいて」というプラス要素を入れずに一つずつ順番に打つことをそう呼んでみました。

さて、Word 2016 オプション 「常に画面に表示する編集記号」 の4番めは、

 □ 隠し文字  です。

「隠し文字」は、文書の一部分だけ印刷しないようにできます。

この機能を使えば、文書のある部分だけを印刷したりしなかったりするときに、いちいち文字を消したり、別のファイルにしたりなど、手間をかけなくて済みます。

印刷で隠すだけなら 「常に画面に表示する編集記号」 の仲間になぜこれが入っているのか、意味不明になりますが、編集画面でも、この設定で隠す部分を見せたり見せなかったりできるようなのです。
プレゼンテーションに Word の文書を使うときには役に立つでしょう。
はじめに隠しておいて話の途中でパッと出して見せることもできます。

方法は 「できるネット」 というサイトで案内されています。
お試しください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Word 表示設定:8 | トップ | Word 表示設定:10 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。