あわブログ本館

あわのように浮かんでは消えていく日々の事々。
忘れてしまいがちな年頃なので、時々は記録しておかないとねぇ・・・。

T京へ日帰りで

2017-07-30 23:13:35 | いろいろ
T京へ行ってきたのは金曜日のこと。
休みをとって交通費も自腹で講座に参加したので、”出張”とは言い難かったりもしますが・・・。







雨模様のM本を高速バスに乗って出発したのは9時ちょっと前。



双葉サービスエリアでの休憩の図。バスタ新宿まで、このバスに乗っていったんですね。



こちらはM本市美術館のシンボル 作:草間彌生の「幻の華」の現物。
この作品をペイントしたバスが高速道路を疾走していたのを知らなかったワタシとしては、これに乗って行ったというだけで”出張”気分になったのでありました。

改めてバスに乗り込んだところでリアルな現実に直面したワタシ。

今までの東京出張は、首都圏の学校に行っていたり、実家が東京にあるという同行者とはぐれないようにしてさえいれば目的地にたどり着いたのですが、今回は自力で日本橋にある会場に辿り着かねばならず・・・。



タブレットを片手に必死で地下鉄の乗り継ぎの予習をしたのですが、バスタ新宿から丸ノ内線の乗り場までは、案内板頼りの出たとこ勝負にせざるを得なくて・・・(現地の方向感覚がないヤツが地図で予習しようったって、サッパリわかりませんもの)。
そんなこんなで、会場のドアを開けたのは、開会から数分後のことでありました。面目ありません・・・。



密度の濃いぃお話をされる講師3人の姿と講義の断片がいくつもいくつもアタマの中をグルグル回っている状態で帰りのバスに乗るべく、再びバスタに舞い戻ったのは午後6時ちょっと前のこと。
もう1本遅いバスを予約しとけば、少しはウロウロできたのに・・・と思っても、後の祭りというヤツで。





それでも閑散としたM本駅に帰っていたときは、ホッとしましたね。正直なところ。
あのまま新宿でウロウロしていたら、1本遅らせたくらいじゃ間に合わなかっただろうし・・・。



ウチに戻って遅い夕食をいただく頃になると「次はしっかりウロウロできるようにスケジュールを組むんだい!」と強がる余裕ができたものの。
ワタシがウロウロできるのは高田馬場駅の周りくらいが精一杯なのかもしれません・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 土用丑には「う」のつくもの... | トップ | 陽射しギラギラ3連休 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

いろいろ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL