粟やん日記

何気ない事を書いていこうと思います。主に台湾の言葉の勉強について書いていこうと思います。

旅人と女神さまと母性のかけら

2017-06-16 06:31:36 | 日記

旅人は、道々で拾い集めた母性のかけらを天空の女神へ献上しました。

それでも女神は微笑んでくれませんでした。

旅人はまた旅立つ決意をしました。

いつかあの人の笑顔を得るために。


旅人は、女神からもらった器を、道々で集めた母性のかけらで満たしました。

疲れ果てた旅人は、少し休もうと思いました。

旅人の寝息はだんだん静かになり、やがて聞こえなくなりました。

冬の夜風が旅人の骸を分解しました。

骸のくずは、母性のかけらと共に天空へ昇っていきました。


旅人の骸のくずは金色の輪になり、女神を支え照らす縁となりました。

母性のかけらは女神のえくぼとなり、女神の笑みの華となりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« yu系統発音 | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。