海鳴りの島から

沖縄・ヤンバルより…目取真俊

ヘリによる資材搬送に作業ヤードで抗議行動

2016-12-06 23:32:22 | 米軍・自衛隊・基地問題

https://www.youtube.com/watch?v=D399akmGxhA&feature=youtu.be

https://www.youtube.com/watch?v=CTTig0Jhvbc&feature=youtu.be

https://www.youtube.com/watch?v=jBzV9EA2N5A&feature=youtu.be

 6日は早朝から赤橋での抗議行動で始まった。その後、G地区と宇嘉川河口を結ぶ米軍の歩行訓練道路の資材を民間ヘリコプターで搬送することに抗議し、市民10数人が資材置き場の作業ヤードに向かった。

https://www.youtube.com/watch?v=_rBGaxQCbeo&feature=youtu.be

https://www.youtube.com/watch?v=1FBOlshddZs&feature=youtu.be

https://www.youtube.com/watch?v=m7pPjT1jQms&feature=youtu.be

 沖縄防衛局や警察は宇嘉川河口にのみ目が言っていて、まさか作業ヤードの方に市民が抗議に来るとは予想していなかったようだ。機動隊員の姿はまったくなく、大慌てで走ってきた沖縄防衛局員が騒ぎ立てるなか、市民らは資材の置かれた場所に集まって抗議を行った。

 近くのH地区から公安刑事や機動隊が駆けつけ、強制排除するまで市民らは抗議を続けた。その間、資材を搬送する民間ヘリは上空を旋回し、地上の様子を見ていた。弾圧態勢が強化されるなか、市民らは勇気をもって作業現場に乗り込み、抗議行動を行ったあと森の中に引きあげた。

https://www.youtube.com/watch?v=3yHFXUSKYDs

 作業ヤードでの抗議行動と並行して、H地区のヘリパッド建設現場でも、午前・午後と監視・抗議行動が取り組まれた。ヘリによる資材搬送の様子を見ながら、上層路盤の敷設作業や法面の補強材設置作業の様子を見た。

 前日、労働基準監督署が現場に来た時とはうって変わって、安全帯を着けずに作業をしている作業員がほとんどだった。呆れるほど分かりやすいが、米軍基地内の公共工事はこれほどまでにいい加減なのだろうか。

 午後からN1地区の状況を見に行ったグループによれば、二つのヘリパッドは見た目にほとんど完成していて、種子吹きつけの作業が行われていた。12月に入り厳しい状況の中で抗議行動はひるむことなく続けられている。ぜひご参加を!

『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水曜大行動/H地区ヘリパッ... | トップ | ヘリパッド建設のためなら何... »
最近の画像もっと見る

米軍・自衛隊・基地問題」カテゴリの最新記事