デキタン ドシタン

赤松の吹筒花火のはやし言葉です。こんな調子で日和佐(美波町)の出来事やマイライフを公開します。

かずらと遊ぼう(家形笑美子展)

2017-02-09 | 日和佐

昨日のこと、午後からの用事でカギを借りに行くと、ギャラリー花筏が開いていました。

立ち寄ってみますと、出展者の家形さん夫婦が偶然おられたのでした。

そこでオーナー夫妻を交えて、しばらく談笑いたしました。

以前から作品やらは知っていて、一度お会いしたかった旨を伝えました。

そこで私が協力したツル本を見せ、著者の話などして何かのつながりをお話しました。

また、談笑中に玄関に飛んできた野鳥の判別で盛り上がりましたが、種類の特定には至りませんでした。

もう一羽、家形さん宅に飛んでくる野鳥も気になるところです。

おそらく「・・ガラス似とヤマセミやスズメ柄似のような」感じの野鳥二羽の特定です。

分かればコメントにでも投稿します。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅とふれあう書道展 | トップ | 似たもの柑橘 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カラスと遊ぼう (デキタン)
2017-02-09 07:13:16
野鳥の鑑定ですが、昨日の玄関先の鳥は「イソヒヨドリ」でした。私の脳裏には「海とカラス」のイメージが・・。

もう一羽の野鳥は「トラツグミ」ではと考えられます。
家形さんに確認してもらわなければと思います。

鳥の話からタイトルの「かずら」が「からす」に見えて仕方がありません・・?(洗脳されたようです。)
Unknown (さんりんしゃ)
2017-02-09 23:01:06
『素朴ななかに優しさが編み込まれている』って
感じで見せて頂きました。

アケビのツルでも編めるのかナア・・?

素敵な作品 (デキタン)
2017-02-10 03:36:50
さんりんしゃ様

数々の作品展で入選したりする方で、やはりどの作品も素晴らしいものばかりです。

アケビもOKですね。
私の専売特許サカキカズラが良いそうです・・!
昨日ある方が言いました、「山ぶどうの籠なんか数万円もすのよ」、これにも・・!
しかし、これは四国にはないのです。
エビヅルと言うのがありますが・・。

考えれば日和佐はツルやカズラの宝庫ですね。
お宝の山が眠っている。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。