デキタン ドシタン

赤松の吹筒花火のはやし言葉です。こんな調子で日和佐(美波町)の出来事やマイライフを公開します。

サツマニシキ

2016-10-13 | 阿波毎々

赤松神社秋祭りの準備中と、昨日と一昨日とは自宅に「サツマニシキ」(蛾)がいたのです。

これは祭りの守り神だったかも分かりません・・!

無事に大役をこなせ、宵宮・昼宮の式典もうまくいき、台風接近で天候も危ぶまれていましたが

これも、かわせることができたのは偶然なのか・・?

蝶のように美しい蛾で、マダラガ科である。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤松座の復活 | トップ | 赤花火 白花火(奉納花火) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (夢見る)
2016-10-13 09:22:33
お天気にも恵まれ 日和佐も赤松のお祭りも無事終りよかったですね。
美しい蛾ですね!
美しい衣裳をまとった 蝶のようです。
錦をまとい (デキタン)
2016-10-13 12:28:06
夢見る様

昼食に帰ると いまだにコンクリ壁にいました。
祭りは晴天が一番ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。