デキタン ドシタン

赤松の吹筒花火のはやし言葉です。こんな調子で日和佐(美波町)の出来事やマイライフを公開します。

流域に花が咲く

2017-06-15 | 阿波毎々

昨日は薬をもらいに隣町の病院に出かけました。

そこで、前から気になっていた冊子を頂いてきたのです。

じっくり見てみると、流域短歌会の中に知った方の名が数名ありました。

冊子名は [流域] と書かれ ”ナカガワノギク” の写真があるのです。

そして、なぜ隣町の赤松人等が入会されているのかと・・? 

なんのことはなかったのです、赤松川は那賀川支流ですから当然でした。

 

その後、いつものようにあるお店に立ち寄り、窓ガラスに貼られたアジサイを写したのです。

ここの奥様の作品らしく、いつも楽しみにしている私です。

奥様は、ブログ友達のお姉さまということが分かっていたので、少しご挨拶してきました。

それにしても偶然とはいえ、不思議な縁もあるものだと驚いているつながりでした。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 短編映画「郷に生きる」最終日 | トップ | 新田に豊年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。